食品または食料品,他のクラスに包含されないそれらの処理 に関する技術一覧

「食品または食料品,他のクラスに包含されないそれらの処理」に関する技術の関連情報です。 「食品または食料品,他のクラスに包含されないそれらの処理」 の関連技術、「食肉,魚,卵,果実,野菜,食用種子の保存,例.かん詰めによるもの,果実または野菜の化学的熟成,保存製品,熟成製品またはかん詰め製品」「乳製品,例.乳,バター,チーズ,乳またはチーズ代用品,それらの製造」 など、その他「食品または食料品,他のクラスに包含されないそれらの処理」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「食品または食料品,他のクラスに包含されないそれらの処理」の分野ページはこちら

食品または食料品,他のクラスに包含されないそれらの処理に所属する技術動向

食品または食料品,他のクラスに包含されないそれらの処理の分野に属する技術の状況としては、2017年に2,721件、2018年に1,766件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、食品または食料品,他のクラスに包含されないそれらの処理の分野においては特に近年他に分類されない,収穫した果実,野菜または花の球根を大量に処理するための機械または装置,野菜または果実の皮を大量にむくためのもの,飼料を調製するための装置の分野における動向が活発であり、他にも食品用蛋白質組成物,食品用蛋白質の仕上げ,食品用リン脂質組成物や 他の単一のサブクラスには完全に包含されない,食品の成形または加工といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては花王株式会社や株式会社明治、日清オイリオグループ株式会社が豊富な実績を残しており、 独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構などは、 農業や生化学,ビール,酒精,ぶどう酒,酢,微生物学,酵素学,突然変異または遺伝子工学といった分野も含め、 アサヒ飲料株式会社や株式会社日清製粉グループ本社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

食品または食料品,他のクラスに包含されないそれらの処理』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】高いグリケーション阻害効果を有し、かつ副作用を生じさせることのない、安全性の高いグリケーション阻害剤を提供すること。【解決手段】アマチャヅル、銀杏、ウイキョウ、ウコン、エゾウコギ、エルバ・マテ、オオバコ、オリーブ、柿、カミツレ、ガラナ、菊、グァバ、くまざさ、黒大豆、くわ、シナモン、ケツメイシ、ゴーヤ、ゴカヒ、サンザシ、サンシチニンジン、しそ、杉、スギナ、ステビ...

    グリケーション阻害剤及びその利用

  2. 【課題】新規で安全な光毒性抑制剤、化粧料組成物又は飲食品を提供することを課題とする。【解決手段】フラボノイド(バイカリン、クリシン、ミリセチン、ジヒドロミリセチン、モリン、ナリンジン、クエルセチン、クエルシトリン、ルチン、オウゴニン)、クマリン類(クマリン、エスクレチン、スコポレチン、ウンベリフェロン)、フェニルプロパノイド(カフェ酸、クロロゲン酸、ケイヒ酸、p−クマ...

    光毒性抑制剤

  3. 【課題】優れたリパーゼ阻害活性を示し、かつ安全性の高いリパーゼ阻害剤を提供すること。【解決手段】特定の植物又はその抽出物を1種以上含有するリパーゼ阻害剤、並びに脂質吸収阻害剤、抗肥満剤、高脂血症改善剤、ニキビ用皮膚改善剤化粧料及び飲食品。

  4. 【課題】本発明は、美肌作用やアトピー性皮膚炎、湿疹、皮膚真菌症、色素沈着症、尋常性乾癬、老人性乾皮症、老人性角化腫、火傷などの皮膚疾患の改善作用、発毛促進作用、発汗促進作用、消化液分泌促進作用、利尿作用、便通促進作用等の生体活動の改善に止まらず、人体機能の発現に関与する物質群の補給システムを中心とした生体活動の更なる改善手段を提供することを課題とする。【解決手段】津液...

  5. 【解決手段】不快臭味を有するアガリクス、エノキダケ、オタネニンジン、サンシチニンジン、クロレラ、シロマイタケ、ハンビ、プロポリス、マイタケ、ヤマブシタケから選ばれる生薬素材、ビタミン類及びカルシウム、マグネシウム、鉄及び亜鉛から選ばれるミネラル類から選ばれる1種又は2種以上並びに甘蔗由来の抽出物を含有することを特徴とする健康飲食品。【効果】生薬素材等の不快臭味がない。

新着の技術

食品または食料品,他のクラスに包含されないそれらの処理』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 技術 冷凍野菜

    【課題・解決手段】凍結前に乾熱処理を施した冷凍野菜であって、該冷凍野菜の自然解凍時のドリップ率が7.20%以下であり、かつ、該冷凍野菜の生鮮品と比較したときの嵩密度の変動値が1.90以下である、冷凍野菜が開示される。本発明の冷凍野菜は、ボリューム感に優れ、ドリップが抑えられ、水っぽさがなく、ハリのある食感を有する点で有用である。

    冷凍野菜

  2. 【課題・解決手段】本発明の課題は、乳化剤を用いた場合のみならず、乳化剤を用いなくても乳化組成物を製造することができる、乳化用粉末油脂組成物を提供することである。本発明は、次の(a)の条件を満たす粉末状の油脂組成物を含有する、乳化用粉末油脂組成物である。(a)グリセリンの1位〜3位に炭素数xの脂肪酸残基Xを有する1種以上のXXX型トリグリセリドを含む油脂成分を含有する粉...

    乳化用粉末油脂組成物および乳化組成物

  3. 【課題】熱交換器のフィンに付着するフロスト量を少なくして冷却効率を向上させることができる食品冷却方法を提供する。【解決手段】熱交換器のフィンにフロストが生じない第1の吹出温度の冷風で食品を冷却して当該食品の主に除湿処理を行う除湿ステップと、除湿ステップを経た食品を、前記第1の吹出温度よりも低く前記フィンにフロストが生じ得る第2の吹出温度の冷風で冷却して当該食品の主に冷...

    食品冷却方法

  4. 【課題】本発明は、加熱処理が施されるコーヒー飲料において、加熱処理に伴って生じる臭味が改善されたコーヒー飲料を提供することを目的とする。【解決手段】コーヒー固形分の含有量が0.5〜2重量%であるコーヒー飲料において、0.01〜1.0mg/100mLのティリロサイドを含有させる。

  5. 【課題】レーザーによる切断と溶着の両立を達成し、製造効率を高いティーバッグの製造方法、又は中身の流失が抑制されたティーバッグを提供することを課題とする。【解決手段】2枚のフィルターを重ね、所定の外形に画定するように仮止めをする仮止め工程と、レーザーを用いて、前記2枚のフィルターの前記仮止め位置から外側2mm以内を切断及び溶着する成型工程を備える、ティーバッグの製造方法。

    ティーバッグの製造方法

食品または食料品,他のクラスに包含されないそれらの処理 ページ上部に戻る

周辺技術分野

整理標準化データをもとに当社作成

分野番号表示ON