屠殺,肉処理,家禽または魚の処理 に関する技術一覧

「屠殺,肉処理,家禽または魚の処理」に関する技術の関連情報です。 「屠殺,肉処理,家禽または魚の処理」 の関連技術、「屠殺」「食肉,家禽,魚の加工」 など、その他「屠殺,肉処理,家禽または魚の処理」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「屠殺,肉処理,家禽または魚の処理」の分野ページはこちら

屠殺,肉処理,家禽または魚の処理に所属する技術動向

屠殺,肉処理,家禽または魚の処理の分野に属する技術の状況としては、2015年に73件、2016年に89件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、屠殺,肉処理,家禽または魚の処理の分野においては特に近年屠殺の分野における動向が活発であり、他にも屠殺といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては株式会社前川製作所や株式会社日本キャリア工業、アルベルトハントマンマシネンファブリクゲーエムベーハーウントツェーオー.カーゲーが豊富な実績を残しており、 日本水産株式会社などは、 食品または食料品,他のクラスに包含されないそれらの処理や健康,娯楽といった分野も含め、 日本フィレスタ株式会社や東洋水産機械株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

屠殺,肉処理,家禽または魚の処理』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】新規で安全な抗変異原性作用物質を開発し、該物質を配合した化粧料組成物及び/又は飲食品を提供する。【解決手段】モヤシ、コンブ、キリンサイ、コトジツノマタ、アナアオサから選ばれる1種又は2種以上の植物抽出物を含有する抗変異原性作用物質、並びに、該物質を配合する化粧品組成物及び/又は飲食品を提供する。【効果】本発明は、DNAの変異を効率よく修復し、抗変異原性作用物質...

  2. 【課題】食肉などの品物への虚偽表示を抑え、食肉などの品物に付された表示の正当性を容易に確認することができる食肉トレサビリティ方法および食肉トレサビリティシステムを提供する。【解決手段】食肉品の生産及び加工についての履歴データを管理する管理装置11と、管理装置11と通信するマーキング装置40とを有し、マーキング装置40は、IC番号が記憶されているRFIDタグに食肉品を識...

    食肉トレサビリティ方法および食肉トレサビリティシステム

  3. 【課題】魚体の殺菌を行なう魚体殺菌装置および魚体殺菌方法を提供する。【解決手段】魚体殺菌装置1は、殺菌槽2、PH調整槽3、洗浄槽4が直列に配置され、これらにわたってネットコンベア5が設けられる。殺菌槽2は、クエン酸などの酸性の殺菌水を貯留し、ネットコンベア5で搬送された魚体の殺菌を行なう。殺菌された魚体はつぎにPH調整槽3に搬送される。PH調整槽3には、アルカリ水が貯...

    魚体殺菌装置および魚体殺菌方法

  4. 【課題】 目詰まり等を起こし易い注射器を用いることなく、簡単な構造で、操作が能率的かつ経済的な食肉加工装置を提供すること。【解決手段】 エキス液類及び油脂類からなる群から選ばれた少なくとも1種の注入物を含む、開口両端部を有する中空パイプを冷凍した複数のカートリッジを収容するホッパー、前記ホッパーから排出された冷凍カートリッジを搬送するベルトコンベアー、前記ベルトコ...

    油脂注入用食肉加工装置

  5. 【課題】小型で簡単な食品細断構造を有し,食品を均一かつ正確に細断し,食品の浪費を低減することが可能な食品細断装置を提供すること。【解決手段】載置された切断物2を切断方向に移送するコンベヤ1と;コンベヤにより移送された切断物2を切断方向に加圧移動させる供給ロール20と;所定間隔で配設された複数の針板32aを有する圧着ロール32と,針板32aと周縁が相互に重なるように所定...

    食品細断装置

新着の技術

屠殺,肉処理,家禽または魚の処理』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題】従来、破棄されることの多かった鶏手羽先の細い方から第一関節までを食べられることが出来るようにする、鶏手羽先の骨を砕く道具を提供する。【解決手段】長方形の板1二枚の短手側一ヶ所を、上下に動くようにピン3でつなぎ支点とし、その支点側の内上下それぞれに、平歯車の歯の形状に加工した直方体2を歯がかみ合うように設け、支点−力点−作用点が生まれて、テコの原理によって鶏手羽...

    鶏手羽先の骨を砕く道具

  2. 【課題】ボイルしたナマコの腹部を効率よく切断すること。【解決手段】 下側に腹部が位置するようにナマコを両側から挟持して搬送する1対の搬送ベルト26a,26bと、1対の搬送ベルト26a,26bに挟持されて搬送されているナマコの腹部を切断する切断する切断部材40と、切断部材40の上方に臨み、この切断部材40によるナマコの切断の際に浮上したナマコを上方から押さえる押さえ部...

    ナマコの腹部切断装置

  3. 【課題・解決手段】本発明は、食品のケーシング、とくにソーセージケーシングを調製するプロセスを企図する。生産されるソーセージは、押出機から出た後のケーシングにおける初期固形内容物の量が多いことによって、より効率的に乾燥することができる。

    改良したソーセージケーシング

  4. 【課題】練り状食品材料の切断工程にて、練り状食品材料が切断された直後の搬送工程において、切断された練り状食品材料の搬送方向および搬送方向と直角な幅方向のずれを抑制して整列させる技術を提供する。【解決手段】練り状食品材料を押し出す押し出し工程と、その押し出し工程にて押し出された練り状食品材料を切断する切断工程と、その切断工程にて切断された被切断材料MC1を受け止める受け...

    練り状食品材料の整列装置および練り状食品材料の整列方法

  5. 【課題・解決手段】食鳥屠体の冷却工程において、冷却時間を短縮すると共に、食鳥屠体表面の乾燥の進行を防止し、肉重量の目減りや、表面のシワ及び変色(冷凍焼け)を防止することを目的とし、食鳥屠体wの足首部が係止される多数のシャックル14が垂下された搬送チェーン12と、搬送チェーン12の搬送経路に沿って、食鳥屠体wの体腔内に氷スラリisを注入する氷スラリ注入装置16と、食鳥屠...

    食鳥屠体の冷却方法及び冷却設備

おすすめの成長市場

関連メディア astavision

  • IoT/M2M (InternetOfThings / MachinetoMachine)

    「Software-Defined Car(ソフトウェアで定義されるクルマ)」。そう呼ばれる米国Te…

  • 画像診断・生体イメージング

    医療の診断において、非侵襲的あるいは低侵襲的な検査方法として、生体組織を可視化するin vivoイメ…

  • 機械学習・深層学習(Deep Learning)

    2012年6月26日、Google Official Blog は、ネコと思しき1枚の画像とともにあ…

ページトップへ

屠殺,肉処理,家禽または魚の処理 ページ上部に戻る