屠殺,肉処理,家禽または魚の処理 に関する技術一覧

「屠殺,肉処理,家禽または魚の処理」に関する技術の関連情報です。 「屠殺,肉処理,家禽または魚の処理」 の関連技術、「屠殺」「食肉,家禽,魚の加工」 など、その他「屠殺,肉処理,家禽または魚の処理」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「屠殺,肉処理,家禽または魚の処理」の分野ページはこちら

屠殺,肉処理,家禽または魚の処理に所属する技術動向

屠殺,肉処理,家禽または魚の処理の分野に属する技術の状況としては、2016年に90件、2017年に90件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、屠殺,肉処理,家禽または魚の処理の分野においては特に近年屠殺の分野における動向が活発であり、他にも屠殺といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては株式会社前川製作所や株式会社日本キャリア工業、アルベルトハントマンマシネンファブリクゲーエムベーハーウントツェーオー.カーゲーが豊富な実績を残しており、 日本水産株式会社などは、 食品または食料品,他のクラスに包含されないそれらの処理や健康,娯楽といった分野も含め、 日本フィレスタ株式会社や東洋水産機械株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

屠殺,肉処理,家禽または魚の処理』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】新規で安全な抗変異原性作用物質を開発し、該物質を配合した化粧料組成物及び/又は飲食品を提供する。【解決手段】モヤシ、コンブ、キリンサイ、コトジツノマタ、アナアオサから選ばれる1種又は2種以上の植物抽出物を含有する抗変異原性作用物質、並びに、該物質を配合する化粧品組成物及び/又は飲食品を提供する。【効果】本発明は、DNAの変異を効率よく修復し、抗変異原性作用物質...

  2. 【課題】食肉などの品物への虚偽表示を抑え、食肉などの品物に付された表示の正当性を容易に確認することができる食肉トレサビリティ方法および食肉トレサビリティシステムを提供する。【解決手段】食肉品の生産及び加工についての履歴データを管理する管理装置11と、管理装置11と通信するマーキング装置40とを有し、マーキング装置40は、IC番号が記憶されているRFIDタグに食肉品を識...

    食肉トレサビリティ方法および食肉トレサビリティシステム

  3. 【課題】魚体の殺菌を行なう魚体殺菌装置および魚体殺菌方法を提供する。【解決手段】魚体殺菌装置1は、殺菌槽2、PH調整槽3、洗浄槽4が直列に配置され、これらにわたってネットコンベア5が設けられる。殺菌槽2は、クエン酸などの酸性の殺菌水を貯留し、ネットコンベア5で搬送された魚体の殺菌を行なう。殺菌された魚体はつぎにPH調整槽3に搬送される。PH調整槽3には、アルカリ水が貯...

    魚体殺菌装置および魚体殺菌方法

  4. 【課題】 目詰まり等を起こし易い注射器を用いることなく、簡単な構造で、操作が能率的かつ経済的な食肉加工装置を提供すること。【解決手段】 エキス液類及び油脂類からなる群から選ばれた少なくとも1種の注入物を含む、開口両端部を有する中空パイプを冷凍した複数のカートリッジを収容するホッパー、前記ホッパーから排出された冷凍カートリッジを搬送するベルトコンベアー、前記ベルトコ...

    油脂注入用食肉加工装置

  5. 【課題】小型で簡単な食品細断構造を有し,食品を均一かつ正確に細断し,食品の浪費を低減することが可能な食品細断装置を提供すること。【解決手段】載置された切断物2を切断方向に移送するコンベヤ1と;コンベヤにより移送された切断物2を切断方向に加圧移動させる供給ロール20と;所定間隔で配設された複数の針板32aを有する圧着ロール32と,針板32aと周縁が相互に重なるように所定...

    食品細断装置

新着の技術

屠殺,肉処理,家禽または魚の処理』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題・解決手段】本発明は、剥き易い管状パッケージ中で提供される、スナックサイズの熱処理された肉ベースの製品を製造する方法に関する。さらに、剥き易い管状パッケージに入れられたスナックサイズの熱処理された肉製品がここに開示されている。

    スナックサイズの熱処理された肉ベースの製品を剥くことのできるパッケージで製造する方法

  2. 【課題】首皮筋入れ装置の寿命低下、大型化及び高コスト化をまねくことなく、首皮を目標位置で正確に切断可能にする。【解決手段】一実施形態に係る食鳥屠体用首皮筋入れ装置は、シャックル30でワークWを肢部fが上方となるように吊り下げる。シャックル30に吊り下げられたワークWの肩部sを肩乗せ台56に乗せ、基準位置に位置決めする。ワークWの首部nの周囲を位置決めブロック62及び押...

    食鳥屠体用首皮筋入れ装置及び方法

  3. 【課題・解決手段】本発明は、少なくとも2つのケーシング材料成分を混合して粘性ゲル化溶液にする共押出による食品製品の調製方法に関する。この粘性ゲル化溶液は、その後、押し出される食品生地のストランドの外層を形成するように共押出される。本発明は、また、そのような方法で得ることができる粘性ゲル化溶液、および食品製品の共押出システムにも関する。

    共押出による食品製品の調製方法、粘性ゲル化溶液、および食品製品の共押出システム

  4. 【課題】回転ドラム内に被洗浄物を掻き揚げる掻き揚げ部材を備えた洗浄装置用回転ドラムにおいて、被洗浄物を確実に掻き揚げるとともに、確実に所望の位置で掻き揚げた被洗浄物を落下させること。【解決手段】多数の通水孔を有する円筒体2と、円筒体2の内周面から突出して設けられた掻揚げ部材4と、を備える洗浄装置用回転ドラム1であって、掻揚げ部材4は、円筒体2の内周面から当該円筒体2の...

    洗浄装置用回転ドラム、洗浄装置

  5. 【課題】高性能化を容易に図ることのできる貝可食部分離装置を提供する。【解決手段】 他方の貝殻Sbを載置する貝載置部14aを具備するとともに、可食部を分離するための予め設定された可食部分離位置P6に、他方の貝殻を供給するテーブル14と、可食部分離位置におけるテーブルの上方に配置された上下動可能とされた分離ユニット16とを設ける。分離ユニットは、他方の貝殻の開口端部を上...

    貝可食部分離装置

屠殺,肉処理,家禽または魚の処理 ページ上部に戻る