ベイカー用焼がま,ベイキング用機械または装置 に関する技術一覧

「ベイカー用焼がま,ベイキング用機械または装置」に関する技術の関連情報です。 「ベイカー用焼がま,ベイキング用機械または装置」 の関連技術、「ベイカー用焼がま」「高周波または赤外線の加熱によるベイキング装置」 など、その他「ベイカー用焼がま,ベイキング用機械または装置」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「ベイカー用焼がま,ベイキング用機械または装置」の分野ページはこちら

ベイカー用焼がま,ベイキング用機械または装置に所属する技術動向

ベイカー用焼がま,ベイキング用機械または装置の分野に属する技術の状況としては、2017年に21件、2018年に16件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、ベイカー用焼がま,ベイキング用機械または装置の分野においては特に近年ベイキングのプラントの分野における動向が活発であり、他にも高周波または赤外線の加熱によるベイキング装置や 特殊品用のベイキング装置,その他のベイキング装置といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしてはキュウーハン株式会社や株式会社マスダック、ニチワ電機株式会社が豊富な実績を残しており、 東芝機器株式会社などは、 コイン解放装置または類似装置や他に分類されない,照明装置またはそのシステムの機能的特徴あるいは細部,照明装置とその他の物品との構造的な組み合わせといった分野も含め、 東芝設備機器株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

ベイカー用焼がま,ベイキング用機械または装置』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】過熱蒸気による加熱方法及び加熱装置に関し、被加熱物の種類と加熱目的に合致した適切な加熱を行う。【解決手段】被加熱物11を収納する加熱箱12と、加熱箱12に過熱蒸気を供給する過熱蒸気供給手段25と、過熱蒸気発生量を調節する過熱蒸気量制御手段27とを備えることにより、被加熱物11の加熱目的に応じて、加熱箱12内部を最適な温度に調節して加熱することができる。

    過熱蒸気による加熱方法及び加熱装置

  2. 【課題】短時間で効率良く様々な種類の食品を好適に加熱することができる食品加熱装置及び食品加熱方法を提供する。【解決手段】本加熱装置1は、間欠周回可能な搬送コンベアAと、この搬送コンベアAにより搬送される鍋3と対向する位置に固定的に配設される蓋部材10と、この蓋部材10の直下に搬送された鍋3を昇降させる移動機構20と、この移動機構20及び蓋部材10により閉鎖された鍋3内...

    食品加熱装置及び食品加熱方法

  3. 【課題】本発明は被焼成物がコンベア内を移動する過程において焼成処理が行なわれるトンネルオーブンに関し、衛生性の向上及び省エネルギー化を図りつつ、合わせて地球温暖化への対応を図ることを課題とする。【解決手段】被焼成物1がオーブン本体11内を搬送装置12により搬送される過程において、被焼成物1の搬送経路に沿って配置された加熱装置13により焼成される構成とされたトンネルオー...

    トンネルオーブン

  4. 【課題】耐久性が優れ、軽く扱い易く、しかも焼成型の内側に油を塗布したり離型紙を敷くなどしなくても型離れが良好なパン焼成型を提供する。【解決手段】シリコーンゴムからなることを特徴とするパン焼成型である。このシリコーンゴムは、JIS A硬度50〜95、熱伝導率0.15〜0.40W/m・℃のものが好ましい。シリコーンゴムは、繊維状充填剤の配合によって切断時伸びが10〜10...

  5. 【課題】ナポリスタイル・ピザクラストの製造方法と製造装置を提供する。【解決手段】縁部Bを厚く成形したピザ生地を、その中央部A上面に水分を含んだ液状物4を存在せしめた状態で、ピザ生地の重みに従って柔軟に変形しオーブンの床面と密着するほど薄くて可撓性が大であるアルミホイル2上で焼成する工程を含むナポリスタイル・ピザクラストの製造方法。

    ナポリスタイル・ピザクラストの製造方法と製造装置

新着の技術

ベイカー用焼がま,ベイキング用機械または装置』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題・解決手段】限定されるものではないが、スチールベルトベーキング表面などのような、食品関連の機器および表面のためのクリーニングシステムは、クリーニングされることとなる表面の上方に排出マニホールドを位置決めするために、並進可能で枢動可能なアームを有している。アームは、塩組成のための供給ラインおよび戻りラインを有しており、塩組成は、炭酸ナトリウム、重炭酸ナトリウム、お...

    炭酸ナトリウム、重炭酸ナトリウム、およびリン酸カルシウムの塩粒子を利用する、食品加工機器のドライクリーニングのためのシステム、ならびに、それを使用するドライクリーニングの方法

  2. 【課題・解決手段】本発明は、−分離手段によって互いに分離された第1のチャンバ及び第2のチャンバと、−生産物を入口からこれらのチャンバを通して出口に案内するためのコンベヤ手段と、−流体を用いて、各チャンバ内の温度及び/又は湿度を個別に制御するための温度制御手段と、−分離手段の通路であって、該通路を通ってコンベヤ手段が第1のチャンバから第2のチャンバに導かれる、分離手段の...

    流体牽引が改良されたオーブン

  3. 【課題】加熱庫内に熱気を循環させて被加熱物を加熱する加熱調理器において、エネルギー消費量の低減を図ると共に、調理性能および使い勝手の向上を図ること。【解決手段】加熱庫10と、循環ファン14と、バーナ13と、温度検出手段16と、循環ファン14およびバーナ13を制御する加熱制御手段とを備え、加熱工程前に加熱庫10内の温度を予熱温度Tsに調整する予熱工程において、バーナ13...

    加熱調理器

  4. 【課題・解決手段】本発明は、食品の揚げ物、ベーキングまたは調理用の容器(20)に関するものであり、少なくとも可視の第1の材料(30)と、可視の第2の材料(32)とを有し、少なくとも前記第1の材料(30)が、加熱されると熱変色的に可逆的に変色する。前記2つの材料(30,32)の色は、前記容器(20)が加熱された場合に、前記2つの材料(30,32)の間の色差が可視的に変化...

    サーモクロミックインジケーターコーティングを含む容器

  5. 【課題】火源からの熱を石に偏りなく与えて、加熱された石からの輻射熱を含んだ空気がピザを覆うように流れることを可能にして、むら無くピザを焼き上げることができ、小型で持ち運び可能なピザ焼き窯を提供する。【解決手段】ピザ焼き窯1は、火源2を載せる土台3と、土台3上に設置されて火源2を収容する筒状体4とを備え、筒状体4の上端部には、平板状の蓋5が取付けられている。筒状体4の内...

    ピザ焼き窯

ベイカー用焼がま,ベイキング用機械または装置 ページ上部に戻る