食料品,たばこ に関する技術一覧

「食料品,たばこ」に関する技術の関連情報です。 「食料品,たばこ」 の関連技術、「ベイカー用焼がま,ベイキング用機械または装置」「生地製造または加工の機械あるいは設備,生地を種としてベイク品を取扱うもの」 など、その他「食料品,たばこ」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「食料品,たばこ」の分野ページはこちら

食料品,たばこに所属する技術動向

食料品,たばこの分野に属する技術の状況としては、2015年に321件、2016年に330件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、食料品,たばこの分野においては特に近年ベイカー用焼がま,ベイキング用機械または装置の分野における動向が活発であり、他にも生地製造または加工の機械あるいは設備,生地を種としてベイク品を取扱うものや ベイキングの穀粉または生地の処理,例.保存,例.材料の添加によるもの,ベイキング,ベイカリー製品,製品の保存といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては株式会社ADEKAや不二製油株式会社、花王株式会社が豊富な実績を残しており、 独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構などは、 農業や生化学,ビール,酒精,ぶどう酒,酢,微生物学,酵素学,突然変異または遺伝子工学といった分野も含め、 日本製粉株式会社やオリエンタル酵母工業株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

食料品,たばこ』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】新規で安全な光毒性抑制剤、化粧料組成物又は飲食品を提供することを課題とする。【解決手段】フラボノイド(バイカリン、クリシン、ミリセチン、ジヒドロミリセチン、モリン、ナリンジン、クエルセチン、クエルシトリン、ルチン、オウゴニン)、クマリン類(クマリン、エスクレチン、スコポレチン、ウンベリフェロン)、フェニルプロパノイド(カフェ酸、クロロゲン酸、ケイヒ酸、p−クマ...

    光毒性抑制剤

  2. 【課題】新規で安全なメイラード反応修復剤、化粧料組成物又は飲食品を提供することを課題とする。【解決手段】アメリカマンサク、アンズ、イチヤクソウ、ウワウルシ、オウレン、オオバナサルスベリ、ガンビールノキ、ゲンノショウコ、コウホネ、ザクロ、シャクヤク、セイヨウナツユキソウ、ダイオウ、チャノキ、チョウジノキ、チンネベリーセンナ、テンチャ、トックリイチゴ、トルメンチラ、バラ、...

  3. 【課題】新規で且つ安全な線維芽細胞増殖促進剤、並びに医薬品・医薬部外品或は化粧品分野の各種皮膚外用剤及び浴用剤,飲食品を提供することを課題とする。【解決手段】アーモンド、セイヨウタンポポ、セイヨウニワトコ、センキュウ、センブリ、ソウハクヒ、トウニン、ニンジン、ホップ、ムクゲ、ヨクイニンから選ばれる1種以上の植物抽出物が正常細胞による線維芽細胞増殖促進作用を顕著に有する...

    植物抽出物含有線維芽細胞増殖促進剤

  4. 【目的】本発明の抗肥満剤は、抗肥満作用、さらに、糖質分解消化酵素阻害作用、血糖上昇抑制作用、単糖吸収抑制作用、コール酸吸着排泄作用、コレステロール低下作用、血中トリグリセリド低下作用、及びリパーゼ阻害作用を有し、抗肥満剤としては勿論、抗脂肪蓄積症剤、抗高脂血症剤、抗動脈硬化症剤、及び抗糖尿病剤としても有用である。【構成】本発明の有効成分であるプロシアニジン(下記式:三...

    プロシアニジンを有効成分とする抗肥満剤

  5. 【課題】新規で安全な前駆脂肪細胞分化誘導剤、化粧料組成物又は飲食品を提供することを課題とする。【解決手段】アケビ、オランダビユ、カバ、キャラウェー、クコ、ホウノキ、ユズから選ばれる1種以上の植物抽出物を含有する前駆脂肪細胞分化誘導剤、化粧料組成物又は飲食品を提供するものである。【効果】前駆脂肪細胞分化誘導剤として利用でき、又、肥満や糖尿病及び生活習慣病などの予防又はそ...

新着の技術

食料品,たばこ』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題・解決手段】シューパフに含まれる澱粉質原料100質量部のうち、(A)アミロペクチン含量80質量%以上の澱粉を70質量部〜92質量部と、(B)α化澱粉を8〜20質量部とを、A+B≦100質量部となる条件で含有させるか、或いは、(A)アミロペクチン含量80質量%以上の澱粉を70質量部〜92質量部と、(B)α化澱粉を8〜20質量部とを、A+B<100質量部となる条件で...

  2. 【課題】保存料を添加することなく,保存可能期間を延ばす。【解決手段】水,生クリーム,寒天,砂糖を混合し,沸騰させ,続いて,水あめを追加し,再度沸騰させて,ベース材料を製造し,前記ベース材料を70℃前後の温度で保温するベース材料製造工程と,水,レモン果汁を混合し,沸騰させるかあるいは殺菌処理して,レモン液を製造するレモン液製造工程と,前記ベース材料に前記レモン液を加えて...

    洋菓子の製造方法

  3. 【課題・解決手段】本発明は、韓国伝統の麹から分離した新規な土地産の天然酵母であるサッカロミセス・セレビシエ(Saccharomyces cerevisiae)SPC−SNU 70−1(KCTC 12776BP)、新規な土地産の天然乳酸菌である、ラクトバチルス・ブレビス(Lactobacillus brevis)SPC−SNU 70−2(KCTC 12777...

    韓国伝統の麹から分離した製パン用の新規な土地産の天然酵母及び土地産の天然乳酸菌

  4. 【課題】糖含有量を抑制しつつ効果的に甘味を感じることのできる焼成食品生地、焼成食品及び焼成食品の製造方法を提供する。【解決手段】焼成食品生地は、低糖生地層と、前記低糖生地層を取り囲む高糖生地層と、からなり、前記低糖生地層の糖濃度は、前記低糖生地層の穀物粉重量に対して0〜4%であり、前記高糖生地層の糖濃度は、前記高糖生地層の穀物粉重量に対して4〜75%である、ことを特徴とする。

    焼成食品生地、焼成食品及びその製造方法

  5. 【課題】食材の特性を活かした過熱水蒸気による処理装置及びその方法の提供を目的とする。【解決手段】食材を投入する容器と、当該容器が通過するためのトンネル部とを備え、前記容器を前記トンネル部内を移送させる移送手段と、前記容器に振動又は回転等の動きを加える変動手段とを有し、前記トンネル部は複数の過熱水蒸気噴出部と加熱ヒーターとを有することを特徴とする。

    食材の処理装置及び処理方法

おすすめの成長市場

関連メディア astavision

  • 人工筋肉・ソフトアクチュエータ

    人工筋肉とは、ゴムや導電性ポリマー、形状記憶合金、カーボン・ナノチューブなどで作られた伸縮性のアクチ…

  • MEMS・マイクロマシン・組込システム

    MEMS (Micro Electro Mechanical Systems:微小電気機械システム)…

  • 超小型モビリティ・パーソナルモビリティ

    軽自動車よりも更にコンパクトな電気自動車で、1人から2人程度の乗車定員のものを超小型モビリティと呼ば…

ページトップへ

食料品,たばこ ページ上部に戻る