化合物または組成物の殺生物,有害生物忌避,有害生物誘引または植物生長調節活性 に関する技術一覧

「化合物または組成物の殺生物,有害生物忌避,有害生物誘引または植物生長調節活性」に関する技術の関連情報です。 「化合物または組成物の殺生物,有害生物忌避,有害生物誘引または植物生長調節活性」 の関連技術、「殺微生物剤,抗微生物性化合物またはその混合物」「殺鼠剤」 など、その他「化合物または組成物の殺生物,有害生物忌避,有害生物誘引または植物生長調節活性」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「化合物または組成物の殺生物,有害生物忌避,有害生物誘引または植物生長調節活性」の分野ページはこちら

化合物または組成物の殺生物,有害生物忌避,有害生物誘引または植物生長調節活性に所属する技術動向

化合物または組成物の殺生物,有害生物忌避,有害生物誘引または植物生長調節活性の分野に属する技術の状況としては、2016年に906件、2017年に1,090件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、化合物または組成物の殺生物,有害生物忌避,有害生物誘引または植物生長調節活性の分野においては特に近年化学不妊剤の分野における動向が活発であり、他にも殺鼠剤や 特定の目的のための殺生物剤であって,グループ1/00〜13/00に展開されていないものといった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては住友化学株式会社やバイエル・クロツプサイエンス・アクチエンゲゼルシヤフト、ダウアグロサイエンシィズエルエルシーが豊富な実績を残しており、 クミアイ化学工業株式会社などは、 人間または動物または植物の本体,またはそれらの一部の保存,殺生物剤,例.殺菌剤として,殺虫剤として,除草剤として,有害生物忌避剤または誘引剤,植物生長調節剤や複素環式化合物といった分野も含め、 イハラケミカル工業株式会社や日本曹達株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

化合物または組成物の殺生物,有害生物忌避,有害生物誘引または植物生長調節活性』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】銀コロイドを含有する抗菌性、殺菌性又は防黴性組成物を提供する。【解決手段】該組成物は、少なくとも下記成分(A)、(B)及び(C):(A)銀コロイド粒子、(B)溶液中で銀イオンを金属銀に還元し得る電位を有する金属のイオン、及び(C)前記金属のイオンを水溶液中で溶解する対イオン又は(及び)錯化剤を必須の成分として含有する。

  2. 【課題】製剤安定性や使用感に影響を与えずに有効な抗菌作用を示し、且つ安全性の高い抗菌性植物抽出物を得、さらにそれを皮膚外用剤に応用する。【解決手段】イチョウ,クマザサ,ハトムギ,ウスバサイシン類,オトギリソウ類,シラカンバ,アルニカ,カミツレ,カワラヨモギ類,ゴボウ,トウキンセンカ類,ヤグルマギク,ローマカミツレ,オウレン類,ゲッケイジュ,クワ類,ホップ,ヒキオコシ類...

  3. 【課題】優れた有害生物防除効力を有する化合物を提供すること。【解決手段】式(1)で示されるシクロプロパンカルボン酸エステル化合物が、優れた有害生物防除効力を有することから、式(1)で示されるシクロプロパンカルボン酸エステル化合物を有効成分として含有することを特徴とする有害生物防除剤が、有害生物の防除に有効であり、さらに式(1)で示されるシクロプロパンカルボン酸エステル...

  4. 【課題・解決手段】本発明は、式(I)(式中、R、R1、R2及びR3は、明細書の説明通りに定義される)の新規なピラゾリルカルボキサニリド、該物質の幾つかの製造方法及び望ましくない微生物を駆除するためのそれらの使用に関する。本発明はまた、新規な中間体生成物及びその製造に関する。化42】。

    ジ置換ピラゾリルカルボキサニリド

  5. 【課題】 塗料、インク、樹脂エマルション、金属加工油剤、湿し水の分野において、細菌、かび、酵母、藻などに対して優れた防除効果を発現することのできる、工業用殺菌剤、および、その工業用殺菌剤を含有する、塗料、インク、樹脂エマルション、金属加工油剤、湿し水を提供すること。【解決手段】 工業用殺菌剤として、ビス四級アンモニウム塩化合物と、イソチアゾリン系化合物および/またはニ...

新着の技術

化合物または組成物の殺生物,有害生物忌避,有害生物誘引または植物生長調節活性』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題】低いpHであっても充分にウイルス不活性化作用を示すウイルス不活性化剤を提供する。【解決手段】エタノールと、酸剤とを含むウイルス不活性化剤であって、上記酸剤は、クエン酸、酒石酸、及び、リン酸からなる群から選択される少なくとも2種の酸であり、上記ウイルス不活性化剤のpHは、1.0〜6.0であることを特徴とするウイルス不活性化剤。

  2. 【課題・解決手段】本発明は、アセチルCoAカルボキシラーゼ(ACC)の阻害剤として有用なトリアゾール化合物、その組成物、およびこれらを使用する方法を提供する。本発明の化合物、およびその薬学的に受容可能な組成物は、脂肪酸の産生または酸化の調節に関連する、種々の疾患、障害または状態を処置するために有用である。このような疾患、障害、または状態としては、本明細書中に記載される...

    トリアゾールACC阻害剤およびその使用

  3. 【課題・解決手段】本発明は、アセチルCoAカルボキシラーゼ(ACC)の阻害剤として有用なエステル化合物、その組成物、およびこれらを使用する方法を提供する。本発明の化合物、およびその薬学的に受容可能な組成物は、脂肪酸の産生または酸化の調節に関連する、種々の疾患、障害または状態を処置するために有用である。このような疾患、障害、または状態としては、本明細書中に記載されるもの...

  4. 【課題・解決手段】本発明は、式(I)又は式(I’)(式(I)、式(II))〔式中、R1、R2、R3、Aa、Ab、Ac、Ad、Ae、Q及びnは、本明細書中において示されている意味を有する〕で表される新規化合物、害虫を防除するための殺ダニ剤及び/又は殺虫剤としてのそれらの使用、並びに、それらを製造するための方法及び中間体生成物に関する。化1】。

    有害生物防除剤としての縮合二環式ヘテロ環誘導体

  5. 【課題・解決手段】式(I)(式中、置換基は、請求項1に定義されるとおりである)の化合物、ならびにそれらの化合物の農芸化学的に許容できる塩塩、立体異性体、鏡像異性体、互変異性体およびN−オキシドは、殺虫剤として使用され得、かつそれ自体公知の方法で調製され得る。

    硫黄含有置換基を有する殺有害生物的に活性な複素環式誘導体

化合物または組成物の殺生物,有害生物忌避,有害生物誘引または植物生長調節活性の詳細カテゴリ一覧

化合物または組成物の殺生物,有害生物忌避,有害生物誘引または植物生長調節活性の分類に属する、詳細カテゴリの一覧です。

化合物または組成物の殺生物,有害生物忌避,有害生物誘引または植物生長調節活性 ページ上部に戻る