動物の捕獲,わな猟,または威嚇,有害な動物又は有害な植物の駆除装置 に関する技術一覧

「動物の捕獲,わな猟,または威嚇,有害な動物又は有害な植物の駆除装置」に関する技術の関連情報です。 「動物の捕獲,わな猟,または威嚇,有害な動物又は有害な植物の駆除装置」 の関連技術、「昆虫を捕獲または殺除するための定置式装置」「このサブクラスに属する目的に従った液体と粉体の散布機を結合したものの特殊な適用または配列」 など、その他「動物の捕獲,わな猟,または威嚇,有害な動物又は有害な植物の駆除装置」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「動物の捕獲,わな猟,または威嚇,有害な動物又は有害な植物の駆除装置」の分野ページはこちら

動物の捕獲,わな猟,または威嚇,有害な動物又は有害な植物の駆除装置に所属する技術動向

動物の捕獲,わな猟,または威嚇,有害な動物又は有害な植物の駆除装置の分野に属する技術の状況としては、2016年に360件、2017年に426件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、動物の捕獲,わな猟,または威嚇,有害な動物又は有害な植物の駆除装置の分野においては特に近年このサブクラスに属する目的に従った液体と粉体の散布機を結合したものの特殊な適用または配列の分野における動向が活発であり、他にも動物を殺すため,例.刺殺または射殺するために発射され,そして動物自体によって発動される発射体または殺傷具を持つ装置や 狩猟用具といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては大日本除虫菊株式会社やフマキラー株式会社、アース製薬株式会社が豊富な実績を残しており、 ヤンマー株式会社などは、 収穫,草刈りや脱穀,わら,乾燥またはそれに類似するもの,わらまたは乾草を束にする,またはしばるための定置装置または手道具,乾草,わらまたはそれに類似するものの切断,農業収穫物または園芸収穫物の貯蔵といった分野も含め、 ニューデルタ工業株式会社や八鹿鉄工株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

動物の捕獲,わな猟,または威嚇,有害な動物又は有害な植物の駆除装置』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】農作業従事者に、圃場毎に適切な農薬散布作業と施肥作業の時期、その内容の決定を支援する。【解決手段】気象モデル43は、農地毎の気象を予測し、成長モデル41は、農地毎の作物の成長を予測し、農地マップ47は、農地毎の土壌の状態を検出し、作業履歴記憶部44は、農地毎の農薬散布作業と施肥作業の履歴を記憶する。提案適用作業算出部48は、気象モデル43からの気象の情報、成長...

    農作業決定支援装置および方法、並びに記録媒体

  2. 【課題】路面、公園、屋上等に舗装マットとして敷設することにより、ウッドチップのクッション作用により、足、腰に負担が少なく、転倒しても怪我の虞も少なく、幼稚園、保育園の遊戯場所に好適するウッドチップブロックを提供することにある。【解決手段】木材の粉砕物であるウッドチップに天然ラテックスからなるバインダーを混入し、加圧成形したウッドチップブロックであって、このウッドチップ...

    ウッドチップブロック

  3. 【課題】カートリッジ内の薬剤含浸体に遠心力が作用する状況下で常温で薬剤を揮散させる薬剤揮散方法を提供する。【解決手段】粒状若しくは略粒状の薬剤含浸体1を、側面に通気部を有するカートリッジ2に収納し、該カートリッジ2の回転により前記薬剤含浸体に遠心力が作用する状況下で前記薬剤含浸体1に含浸させた薬剤を揮散させる薬剤揮散方法であって、前記粒状若しくは略粒状の薬剤含浸体1の...

    薬剤揮散方法

  4.  【課題】 管理が容易で、かつ鹿等による食害を確実に防止することができる草食動物による食害の防止装置を提供する。 【解決手段】 保護エリア1を網状体2によって覆う草食動物による食害の防止装置Dであって、前記網状体2をスペーサ3を介して前記保護エリア1から浮かせた状態で配置してある。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・...

    草食動物による食害の防止装置

  5. 【課題】フェンスと地上の間に隙間が生じないだけではなく、小動物がフェンスの下に穴を堀ってもフェンスの隙間からも抜けられず、かつ、フェンスに登ることも不可能にし、加えて、雪圧により変形することがないフレームレスタイプの防獣フェンスを提供する。【解決手段】正面幅が任意の幅で通常は約1500〜2000mm程度、高さが約1000〜1800mm程度で外形がほぼ矩形状をなすフェン...

    防獣フェンスとそのためのフェンス体

新着の技術

動物の捕獲,わな猟,または威嚇,有害な動物又は有害な植物の駆除装置』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題】ロボットにぶら下げられた殺虫器の位置を調整することが可能な殺虫器バランス調整システム、殺虫器バランス調整方法及びプログラムを提供することを目的とする。【解決手段】支持棒100を介して、プロペラ410で移動するロボット10にぶら下げられた殺虫器200のバランスを調整する殺虫器バランス調整システム1は、前記ロボット10から重力方向に対する前記支持棒100の角度が、...

    殺虫器バランス調整システム、殺虫器バランス調整方法及びプログラム

  2. 【課題・解決手段】多孔質担体の透明性が変化する多孔質徐放体を提供する。多孔質徐放体は、無機化合物の骨格体2と骨格体2内に形成された3次元連続網目構造の空隙3,4とを有する無機モノリス多孔体1、及び、空隙内2,3に吸収された徐放液を備えてなり、無機モノリス多孔体1が、徐放液を吸収する前の空隙内に空気が存在する初期状態では不透明であり、徐放液の屈折率と骨格体の屈折率が、空...

    透明多孔質徐放体とその製造方法、徐放体キット、徐放装置、及び、徐放方法

  3. 【課題】ハチ防除成分のハチの巣表面からその内部への浸透、親和状態が適度に調整され、巣内の成虫、蛹及び幼虫の駆除、ならびに営巣行動の抑制を行うハチの巣表面処理剤の提供。【課題の解決手段】ハチ防除成分と、23〜27mN/m(20℃)の範囲の表面張力を有する飽和炭化水素と、脂肪酸エステル系溶剤および/またはグリコールエーテル系溶剤を含有するハチの巣表面処理剤であって、前記飽...

  4. 【課題・解決手段】本発明は、式(I)〔式中、R1、R2、R3及びQ並びにnは、本明細書中において示されている意味を有する〕で表される新規化合物、害虫を防除するための殺ダニ剤及び/又は殺虫剤としてのそれらの使用、並びに、それらを製造するための方法及び中間体生成物に関する。化1】。

    有害生物防除剤としての縮合二環式ヘテロ環誘導体及び中間体生成物

  5. 【課題・解決手段】本発明は、シロアリが好む源の組成物および方法に関する。実施形態において、本発明は、パルメットヤシの木の材料(パルメットヤシ(Sabalpalmetto);ヤシ科(Arecaceae))に由来する材料と、1種または複数種のシロアリに毒性がある殺有害生物剤とを含む、シロアリが好む源の組成物に関する。さらなる実施形態において、本発明は、建造物に対するシロア...

動物の捕獲,わな猟,または威嚇,有害な動物又は有害な植物の駆除装置の詳細カテゴリ一覧

動物の捕獲,わな猟,または威嚇,有害な動物又は有害な植物の駆除装置の分類に属する、詳細カテゴリの一覧です。

動物の捕獲,わな猟,または威嚇,有害な動物又は有害な植物の駆除装置 ページ上部に戻る

周辺技術分野

整理標準化データをもとに当社作成

分野番号表示ON