農業または林業における土作業:農業機械または器具の部品,細部または附属具一般 に関する技術一覧

「農業または林業における土作業:農業機械または器具の部品,細部または附属具一般」に関する技術の関連情報です。 「農業または林業における土作業:農業機械または器具の部品,細部または附属具一般」 の関連技術、「手作業具」「振動,掘取または穴ぬきの器具を有するプラウ」 など、その他「農業または林業における土作業:農業機械または器具の部品,細部または附属具一般」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「農業または林業における土作業:農業機械または器具の部品,細部または附属具一般」の分野ページはこちら

農業または林業における土作業:農業機械または器具の部品,細部または附属具一般に所属する技術動向

農業または林業における土作業:農業機械または器具の部品,細部または附属具一般の分野に属する技術の状況としては、2017年に367件、2018年に394件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、農業または林業における土作業:農業機械または器具の部品,細部または附属具一般の分野においては特に近年器具と土壌間を電位差を利用した土作業の分野における動向が活発であり、他にもグループ51/00〜75/00に分類されない農業機械または器具の部品,細部または附属具や ハローの機素,器具,または細部といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては株式会社クボタや井関農機株式会社、小橋工業株式会社が豊富な実績を残しており、 ヤンマー株式会社などは、 収穫,草刈りや脱穀,わら,乾燥またはそれに類似するもの,わらまたは乾草を束にする,またはしばるための定置装置または手道具,乾草,わらまたはそれに類似するものの切断,農業収穫物または園芸収穫物の貯蔵といった分野も含め、 セイレイ工業株式会社や株式会社IHIアグリテックといった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

農業または林業における土作業:農業機械または器具の部品,細部または附属具一般』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 技術 農作業機

    【課題】作業効率を向上できる農作業機を提供する。【解決手段】畦塗り機1は、第1支軸部12を形成したトラクタ側フレーム2を備えるとともに、第2支軸部34を形成した作業側フレーム31を備える。連結アーム51の一端側をトラクタ側フレーム2の第1支軸部12に回動可能に連結し、連結アーム51の他端側を作業側フレーム31の第2支軸部34に回動可能に連結した。作業側フレーム31が支...

    農作業機

  2. 技術 移植機

    【課題】往復植付作業において、枕地での旋回後の植付開始位置を略々一定に合わせる。【解決手段】圃場での往復植付作業時に、走行機体16の枕地での旋回に際して、植付部28が上昇された状態で機体が旋回を行い、この旋回時に左右の後輪14に取付けられた回転センサ42bによって後輪14の回転数の差が検出され、機体の旋回角度が所定値を超えたことが検出されると、制御部40は植付部28を...

    移植機

  3. 技術 畦塗り機

    【課題】元畦の一部及び圃場を耕耘して畦状に盛り上げる前処理体、及びこの前処理体により耕耘された土壌を回転しながら畦に成形する整畦体を、水平方向に回動し、あるいはオフセット量を調節可能とする。【解決手段】.伝動フレーム12を回動中心として前処理体19及び整畦体20を伝動フレーム12の基部に設けたリンク体25を介して水平方向に180度回動可能とすると共に、伝動フレーム12...

    畦塗り機

  4. 技術 農作業機

    【課題】各種のトラクタに装着しても、適切な土作業を行うことができる農作業機を提供する。【解決手段】農作業機である畦塗り機1はトラクタTに連結可能な機枠2を備える。この機枠2には左右方向の位置調節可能な回動中心軸体3を設けた。畦塗り用の土を耕耘して跳ね上げるロータリー135および土を旧畦に塗り付けて整畦する畦塗り体155を有する土作業手段5は、回動中心軸体3を中心として...

    農作業機

  5. 【課題】作業車の作業装置昇降構造において、旋回の終了に伴って上昇状態の作業装置が地面まで自動的に下降駆動されるように構成した場合、作業装置が下降駆動されるタイミングのばらつきを抑える。【解決手段】直進状態から旋回状態に移行してからの機体の走行距離を検出する走行距離検出手段を備えて、直進状態から旋回状態に移行してからの機体の走行距離が設定距離に達すると、上昇状態の作業装...

    作業車の作業装置昇降構造

新着の技術

農業または林業における土作業:農業機械または器具の部品,細部または附属具一般』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題】自律走行作業車両の近くにいる作業者が自律走行作業車両の進行方向や作業状態の変化に気づかない場合であっても、当該変化に気づくことができる自律走行作業車両を提供する。【解決手段】直線状の作業経路に沿って自律走行する自律走行作業車両において、衛星から受信する信号に基づいて自律走行作業車両の位置情報を取得し、目標経路に沿って自律走行作業車両を自律走行させる制御部と、自...

    自律走行作業車両

  2. 【課題】安価に施肥量の制御の実現が可能となる技術を得る。【解決手段】圃場上を移動しながら農産物に施肥を行う現用の農機具の制御を行う制御装置100であって、圃場各部における農産物の生育状況をセンシングすることで得た生育データ受付部104と、この生育データに基づく施肥の量を決める施肥量値算出部107と、圃場各部への施肥の量の違いに応じた速度で走行させるための速度信号を生成...

    農機具制御装置、農機具制御方法および農機具制御用プログラム

  3. 【課題】ハンドル上昇による挟圧が生じたときに、作業者がクラッチ杆を解除できない状態であっても挟圧状態から作業者を解放できるようにする。【解決手段】ハンドル杆3の上方に配置されたクラッチ杆4が、第1姿勢からハンドル杆3の側に近づいた状態でクラッチ5を接続状態にするための第2姿勢と、第2姿勢からハンドル杆3の側に更に近づいた状態の第3姿勢とを有する。そして、クラッチ杆4に...

    歩行型作業車両用の挟圧安全装置

  4. 技術 作業車両

    【課題】旋回制御後に適切な位置で苗の植え付けを開始する作業車両を提供すること。【解決手段】実施形態の一態様に係る作業車両(1)は、走行車体(2)と、走行車体(2)に取り付けられた作業装置(4)と、作業装置(4)を昇降させる昇降装置(25)と、走行車体(2)に取り付けられた車輪(11)の回転数を検出する回転数検出部(90)と、走行車体(2)の旋回時に、作業装置(4)を上...

    作業車両

  5. 【課題】圃場の耕耘状態に差が生じることを抑制する耕耘作業車両を提供すること。【解決手段】実施形態の一態様に係る耕耘作業車両(1)は、耕耘作業機を連結可能な走行車体(10)と、走行車体(10)の進行方向における障害物を検出する障害物検出センサ(231a)と、走行車体(10)を走行経路に沿って自動走行させる制御部(100)と、を備え、制御部(100)は、自動走行時に、障害...

    耕耘作業車両

農業または林業における土作業:農業機械または器具の部品,細部または附属具一般 ページ上部に戻る

周辺技術分野

整理標準化データをもとに当社作成

分野番号表示ON