農業 に関する技術一覧

「農業」に関する技術の関連情報です。 「農業」 の関連技術、「農業または林業における土作業:農業機械または器具の部品,細部または附属具一般」「植付け,播種,施肥」 など、その他「農業」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「農業」の分野ページはこちら

農業に所属する技術動向

農業の分野に属する技術の状況としては、2016年に4,243件、2017年に4,751件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、農業の分野においては特に近年動物の装蹄の分野における動向が活発であり、他にも酪農製品の製造や 新規植物またはそれらを得るための処理,組織培養技術による植物の増殖といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては株式会社クボタや井関農機株式会社、ヤンマー株式会社が豊富な実績を残しており、 ヤンマー株式会社などは、 農業や鉄道以外の路面車両といった分野も含め、 セイレイ工業株式会社や八鹿鉄工株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

農業』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】本発明者等によって、従来その存在すら確認できなかったナノバブルの実存を解明し、かつそのナノバブルの製法を先に確立している。そこで更に、発生しているナノバブルの特性について理論的に予想される特性を確定し、また実験により得られたデータを解析して新たな特性を発見し、それらの特性の相互関係を解明することによりナノバブルを有効に利用する分野を提示する。【解決手段】ナノバ...

    ナノバブルの利用方法及び装置

  2. 【課題】従来より用いられているパラベン、安息香酸等の防腐殺菌剤を排除或いは使用量を軽減することができ、しかも優れた抗菌力を有する防腐殺菌剤及び、従来の防腐殺菌剤の配合量が少ないか或いは全く配合されていない安全性の高い人体施用組成物の提供にある。【解決手段】炭素数4〜10の1,2−アルカンジオールからなることを特徴とする防腐殺菌剤、感光素201号,安息香酸及びその塩,フ...

    防腐殺菌剤及び人体施用組成物

  3. 【課題】農産物の生産から消費者の手に渡るまでの生産管理や生産履歴の情報を管理して利用できる農作業管理装置及び方法を提供すること。【解決手段】農作物の生産単位区画の位置情報と栽培する農作物の種類と生産者に関する情報とを記憶する手段(ステップ1)と、生産単位区画内に複数設定された作業単位区画毎に測定された土壌状態と生育状態とを生産者側から入力して記憶する手段(ステップ2〜...

    農作業管理装置及び農作業管理方法及び農作業機械

  4. 【課題】銀コロイドを含有する抗菌性、殺菌性又は防黴性組成物を提供する。【解決手段】該組成物は、少なくとも下記成分(A)、(B)及び(C):(A)銀コロイド粒子、(B)溶液中で銀イオンを金属銀に還元し得る電位を有する金属のイオン、及び(C)前記金属のイオンを水溶液中で溶解する対イオン又は(及び)錯化剤を必須の成分として含有する。

  5. 【課題】工業的に供給可能であって実用性のある物性を有する脂肪族ポリエステル系生分解性樹脂を成形してなるフィルム状成形物を提供する。【解決手段】分子鎖が、式(1):(−CO−R1−COO−R2−O−)で表される繰り返し単位(P)、及び式(2):(−CO−R3−O−)で表される繰り返し単位(Q)から構成される高分子量の脂肪族ポリエステル共重合体(a)もしくはその重合中間体...

新着の技術

農業』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題・解決手段】本発明は、植物プロトプラストから1つ以上の植物の内在的遺伝子を欠損または導入させる段階を含む、植物プロトプラストから植物体を製造する方法、及び前記方法で製造された遺伝体が編集された植物プロトプラストから再生された植物体に関するものである。

    プロトプラストからの全植物体の製造方法

  2. 【課題・解決手段】本発明はピレトリン高含有殺虫剤を開示する。質量分率で、ピレトリンを49〜66.5%と乳化剤を5〜30%含み、前記乳化剤は脂肪族アルコールポリオキシエチレンエーテル、ノニルフェノールポリオキシエチレンエーテル、ポリエチレングリコールジオレート、ポリエチレングリコールモノオレート又はアルキルフェノールポリオキシエチレンエーテル、或いは脂肪族アルコールポリ...

  3. 【課題・解決手段】本発明は、Casタンパク質‐ガイドRNA RNP(ribonucleoprotein)を用いて、植物プロトプラストから再生されたゲノム編集された植物体の製造効率を増加させる方法に関する。本発明のゲノム編集植物体の製造効率を増加させる方法により、標的遺伝子が変異された植物体を効率的に生産することができるだけでなく、植物体への外来DNAの挿入を最小化す...

    植物プロトプラストからゲノム編集植物体を高効率で製造する方法

  4. 【課題・解決手段】歩行型リール芝刈り機は、刈り取り性能または電力性能を劣化させることなく、単一の芝刈り機がゴルフコースグリーンおよびティーボックスの草刈りを可能にする2つの異なる芝刈り位置に選択的に配置されることができる旋回後部牽引ドラムを有する。リール刈り込みユニットは、旋回後方シールドを有し、後方シールドは旋回可能に調整されて、リールの直径が摩耗により減少するにつ...

    歩行型リール芝刈り機

  5. 【課題・解決手段】Msi2タンパク質における未成熟な終止コドンの導入をもたらすヌクレオチド多型により、機能性Msi2タンパク質を喪失した植物が、機能性Msi2タンパク質を含む野生型植物への又はそれとの交配後に、半数体子孫を誘導できることがわかった。

    半数体及びそれに続く倍加半数体植物の産生方法

農業 ページ上部に戻る