JoysonSafetySystemsJapan株式会社 に関する公開一覧

JoysonSafetySystemsJapan株式会社」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「JoysonSafetySystemsJapan株式会社」の詳細情報や、「JoysonSafetySystemsJapan株式会社」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「JoysonSafetySystemsJapan株式会社」の法人詳細ページはこちら

検索結果:1~20件を表示(30件中) 1/2ページ目

  1. 【課題】モジュールカバーとリテーナとの連結を容易に行うことができるエアバッグ装置を提供する。【解決手段】エアバッグ装置1は、エアバッグ2と、該エアバッグ2を膨張させるためのインフレータ3と、該エアバッグ2及びインフレータ3が取付リング6を介して取り付けられたリテーナ10と、エアバッグ2の折畳体を覆うように該リテーナ10の乗員側に装着されたモジュールカバー20等を備えて...

    エアバッグ装置

  2. 【課題】前方に案内される乗員の頭部の回転を抑制すること。【解決手段】インフレータからのガスによって膨張するカーテンエアバッグ本体と、前記カーテンエアバッグ本体の上部及び下部に対しそれぞれ上部連結部及び下部連結部によって連結されたタイパネルとを備え、前記カーテンエアバッグ本体は、室内側の第1パネルと、室外側の第2パネルと、前記第1パネルと前記第2パネルとを結合する結合部...

    カーテンエアバッグ及びカーテンエアバッグ装置

  3. 【課題】ホーンスイッチの機能を損なうことなく、ホーンスイッチの省スペース化を図ることができる、ステアリングホイールを提供する。【解決手段】ホーンスイッチ4は、芯金2に形成された第一開口部211に対して軸方向に摺動可能に接続される第一端部411とエアバッグモジュール3に形成された第二開口部322に係止可能に配置される第二端部412とを備えたガイドピン41と、ガイドピン4...

    ステアリングホイール

  4. 【課題】スパイラルスプリングの端末部に入る過剰な負荷を低減できる、シートベルトリトラクタの提供。【解決手段】シートベルトを巻き取るスプールと、前記スプールを前記シートベルトの巻き取り方向に付勢するスパイラルスプリングと、前記スプールの回転軸を中心に回転可能に設けられ、前記スパイラルスプリングを収容するスプリングケースと、連結部とを備え、前記スパイラルスプリングは、前記...

    シートベルトリトラクタ

  5. 【課題】動力伝達部材が樹脂製の場合であっても作動ガスの外部放出を抑制することができる、プリテンショナ、リトラクタ及びシートベルト装置を提供する。【解決手段】動力伝達装置32は、リングギア31に動力を伝達する樹脂製のロッド形状の動力伝達部材32aと、動力伝達部材32aをリングギア31に案内する筒形状の案内部材32bと、案内部材32bの内部に作動ガスを供給するガス発生器3...

    プリテンショナ、リトラクタ及びシートベルト装置

  6. 【課題】従来のDEA機能領域だけを備えたエネルギー吸収用ピンでは、プリテンショナ時の予捩れを適切に抑制できない場合があるため、ピンによる上乗せ荷重を得ようとして設定されているDEA機能の全て或いは一部を予捻じれによって失ってしまう課題を解決する。【解決手段】プリテンショナと、ロッキングベース14を通り、スプール4の軸方向穴4cに挿入されたEA用ピン20とを有するシート...

    シートベルトリトラクタ

  7. 【課題】リテーナにプロテクタクロスをしっかりと固定し、エアバッグの折り畳み形状を保持する。【解決手段】エアバッグ装置は、通常時は折り畳まれており緊急時に膨張展開されるエアバッグ1と、エアバッグ1にガスを供給するインフレータ2と、エアバッグ1及びインフレータ2を支持するリテーナ3と、板状部42及び板状部42から立設された側壁部41を有し、側壁部41に形成された開口部41...

    エアバッグ装置

  8. 【課題】製造が容易なアンカープレートと、このアンカープレートを用いたアンカー装置とを提供する。【解決手段】アンカープレート3の開口15の大穴部15aをボルト頭部2bに外嵌させ、アンカープレート3を引き上げる。タング部25及びストッパ片26が弾性変形し、ボルト頭部2bがストッパ片26とプレート本体10との間を通り抜け、細穴部15bの端部にまで移動する。細穴部15bの左右...

    シートベルトウェビングのアンカープレート及びアンカー装置

  9. 【課題】製造が容易なアンカープレートと、このアンカープレートを用いたアンカー装置とを提供する。【解決手段】バネ板20の第2タイ部24から湾曲部25rが立ち上がっており、湾曲部25rからタング部25がプレート本体10と平行に延在している。タング部25にストッパ片26が切り起しより設けられている。アンカープレート3の開口15の大穴部15aをボルト頭部2bに外嵌させ、アンカ...

    シートベルトウェビングのアンカープレート及びアンカー装置

  10. 【課題】使用環境に関係なく性能を安定させることができる、動力伝達部材、プリテンショナ、リトラクタ及び動力伝達部材の製造方法を提供する。【解決手段】本実施形態に係る動力伝達部材32aは、吸水特性が、ISO62method1(23℃の水中に24時間浸漬した後の重量増加率を測定する方法)で吸水率が1%以下であるベース樹脂と、動力伝達部材32aに機械特性を付与するエラストマー...

    動力伝達部材、プリテンショナ、リトラクタ及び動力伝達部材の製造方法

  11. 【課題】EA荷重を精度良く調整できるシートベルトリトラクタ及びシートベルト装置を提供すること。【解決手段】スプールと、前記スプールを回転させるモータと、前記モータに接続されるスイッチング素子と、シートベルトを前記スプールに巻き取らせる方向に前記モータが回転するように前記スイッチング素子をPWM制御でスイッチングさせる制御回路と、前記スイッチング素子に接続され、前記モー...

    シートベルトリトラクタ及びシートベルト装置

  12. 【課題】EA作動時のトーションバーのねじれ量が正確に目的量となるシートベルトリトラクタを提供する。【解決手段】スプール20とロッキングベース22とがトーションバー70を介して連結されている。ロッキングベース40の雄ネジ42cにストップギア82と位置決め部材86とが所定距離離隔して螺着されている。ストップギア82と位置決め部材86の離隔距離を正確に規定距離とした状態でロ...

    シートベルトリトラクタ

  13. 【課題】プリテンショナの非作動時における動力伝達部材の初期状態の位置を簡便な構造で保持することができる、プリテンショナ、リトラクタ及びシートベルト装置を提供する。【解決手段】動力伝達装置32は、塑性変形しながらリングギア31に動力を伝達するロッド状の動力伝達部材32aと、動力伝達部材32aをリングギア31に案内する案内部材32bと、動力伝達部材32aの後方に配置された...

    プリテンショナ、リトラクタ及びシートベルト装置

  14. 【課題】乗員の体格を検知するためのセンサ及び該センサの検知信号に基づいて作動する保持装置並びにその制御装置を用いることなく、大柄乗員と小柄乗員とでベントホールの開度が変更されるエアバッグを提供する。【解決手段】小柄乗員はメインバッグ2の第1領域Iによって拘束される。この場合、サブバッグ3はメインバッグ2内に位置し、ベントホール5の開度は大きい。大柄乗員P拘束時には、サ...

    エアバッグ

  15. 【課題】インフレータの出力を大きくするまでもなく、早期に膨張展開するエアバッグを提供する。【解決手段】エアバッグ10は、乗員Pの上方部から下方に展開して乗員を拘束するように構成されたものであり、膨張して乗員Pの上半身の左側に展開する左サイド展開部11と、膨張して乗員Pの上半身の右側に展開する右サイド展開部12と、乗員Pの前側に展開する、該左サイド展開部11及び右サイド...

    エアバッグ

  16. 【課題】EA作動時のトーションバーのねじれ量が確保されるプリテンショナ付きシートベルトリトラクタを提供する。【解決手段】プリテンショナ60の作動に伴ってウェビングのたるみが除去された後、トーションバー70をねじりながらスプール20が回転し、ウェビングが引き出される。これに伴ってウェッジパウル150がストッパギア82に噛合し、ストッパギア82が雄ネジ42cに沿って螺進し...

    シートベルトリトラクタ

  17. 【課題】EA作動終了時のスプール停止位置が画定されるプリテンショナ付きシートベルトリトラクタを提供する。【解決手段】プリテンショナ60の作動に伴ってウェビングのたるみが除去された後、トーションバー70をねじりながらスプール20が回転し、ウェビングが引き出される。これに伴ってウェッジパウル150がストッパリング110とストッパギア82との間に噛み込まれ、ストッパギア82...

    シートベルトリトラクタ

  18. 【課題】動力伝達部材の逆流の抑止効果を向上することができる、シートベルトリトラクタ及びシートベルト装置を提供する。【解決手段】シートベルトリトラクタ1は、乗員を拘束するウェビングの巻き取りを行うスプール2と、スプール2を回転可能に内包するベースフレーム11と、緊急時にウェビングを巻き取り可能なプリテンショナ3と、を備え、プリテンショナ3は、スプール2に接続されたリング...

    シートベルトリトラクタ及びシートベルト装置

  19. 【課題】偏心錘を高トルクで回転させることができるバイブレータを備えたステアリングホイールを提供する。【解決手段】本発明のステアリングホイール1は、ステアリングハブ部7、ホイール部2、及びステアリングハブ部7から延出し、ホイール部2に連なるスポーク部8L、8Rを有する。ホイール部2の芯金3のバイブレータ収容部Sにバイブレータ10が設置されている。バイブレータ10は、モー...

    ステアリングホイール及びバイブレータ

  20. 【課題】乗員の体格を検知するためのセンサ及び該センサの検知信号に基づいて作動する保持装置並びにその制御装置を用いることなく、大柄乗員拘束時におけるベントホールからの流出ガス流速増大を抑制することができるエアバッグを提供する。【解決手段】エアバッグ本体2が乗員を拘束すると、ベントホール5及び小孔6からガスが流出する。小柄乗員を拘束した場合、ベントホール5及び小孔6を通る...

    エアバッグ

  1. 1
  2. 2