株式会社SUBARU に関する公開一覧

株式会社SUBARU」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「株式会社SUBARU」の詳細情報や、「株式会社SUBARU」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「株式会社SUBARU」の法人詳細ページはこちら

  1. 【課題】複雑な形状を有するドライプリフォームであっても良好な品質で賦形できるようにすることである。【解決手段】実施形態に係るプリフォーム賦形方法は、それぞれバインダと繊維からなる複数のドライテープ材を、前記バインダを部分的に熱融着させることによって隣接するドライテープ材にそれぞれ仮留めしながら積層するステップと、仮留めされた前記複数のドライテープ材を折曲げ線に沿って折...

    プリフォーム賦形方法及び複合材成形方法

  2. 【課題】曲率が大きな曲面を一部に有するプリフォームであっても、隙間が生じないように賦形できるようにすることである。【解決手段】実施形態に係るプリフォーム賦形方法は、樹脂を含浸させる前又は樹脂を含浸させた後の複数のシート状の繊維を、少なくとも一方が曲面である第1の賦形面及び第2の賦形面を有する賦形型の上に載置して積層するステップと、第1の賦形面上に載置されたシート状の繊...

    プリフォーム賦形方法、複合材成形方法、複合材及び航空機構造体

  3. 【課題】軽量かつコンパクトな構成でデータリンク機能とレーダー機能とを好適に両立させる。【解決手段】アンテナ装置10は、無人機1に搭載され、データリンク用の信号及びレーダー用の電波を選択的に生成する送信機14と、アンテナ方向を変更可能なように可動式に構成され、データリンク用の信号とレーダー用の電波とのいずれも送受信可能なフェーズドアレイ方式のアンテナ11とを備えている。

    航空機用アンテナ装置

  4. 【課題】発進時のブレーキからの異音発生を抑制した車両制御装置を提供する。【解決手段】車両制御装置1を、車両の液圧式ブレーキのブレーキフルード液圧を制御するとともに所定の自動発進条件が充足した際にブレーキフルード液圧を減圧して液圧式ブレーキを制動状態から解除状態に移行させるブレーキ制御部600と、液圧式ブレーキから異音が発生しやすい条件を判別する異音発生条件判別部とを備...

    車両制御装置

  5. 【課題】ターボチャージャーで多段過給を行う航空機用のレシプロエンジンにおいてターボラグを低減させることである。【解決手段】実施形態に係る航空機用レシプロエンジンの過給システムは、航空機用レシプロエンジンに圧縮空気を供給するための複数のコンプレッサと、前記複数のコンプレッサの少なくとも1つのコンプレッサの回転動力を得るための少なくとも1つのタービンと、前記複数のコンプレ...

    航空機用レシプロエンジンの過給システム、航空機用レシプロエンジン及び航空機

  6. 【課題】コンロッドの大端部を軸部側とキャップ部側に破断する際に、その破断面の良否を簡易且つ正確に判定することができる破断状態良否判定装置および破断状態良否判定方法を提供する。【解決手段】本発明は、コンロッド10の大端部12を、軸部側14とキャップ部側15とに破断した際の破断状態を判定する良否判定装置であり、破断時における大端部12の破断速度を推定する破断速度推定手段に...

    破断状態良否判定装置および破断状態良否判定方法

  7. 【課題】サブモビリティを移動中に充電する。【解決手段】乗員が乗車したサブモビリティ50を積載して移動可能な車両1のサブモビリティ充電システムは、サブモビリティ50で入力された目的地または走行予定を取得する取得部35と、積載したサブモビリティ50に対して電力を供給するための主給電部20と、主給電部20を通じたサブモビリティ50への給電を制御する制御部40と、を有する。制...

    車両のサブモビリティ充電システム

  8. 【課題】良好な物理的特性を有する繊維強化熱可塑性樹脂を短時間で製造するための技術を提供する。【解決手段】繊維強化熱可塑性樹脂の製造装置10は、複数の長繊維20に熱可塑性樹脂のモノマーの液体又は溶液を含浸させるための含浸チャンバー11と、モノマーが含浸された長繊維20を加熱することによりモノマーを重合させるための重合チャンバー14と、熱可塑性樹脂が含浸された長繊維20を...

    繊維強化熱可塑性樹脂の製造方法及び製造装置

  9. 【課題】良好な物理的特性を有する繊維強化熱可塑性樹脂の成形物を製造するための技術を提供する。【解決手段】繊維強化熱可塑性樹脂の成形物の製造方法は、熱可塑性樹脂及び繊維を溶融混練して押し出すことにより製造された第1の繊維強化熱可塑性樹脂素材と、熱可塑性樹脂を繊維に含浸させることにより製造された第2の繊維強化熱可塑性樹脂素材とを混合するステップと、混合された第1及び第2の...

    繊維強化熱可塑性樹脂の成形物及びその製造方法

  10. 【課題】車体に用いる骨格部材同士の接合により連結構造の剛性を得る。【解決手段】車体2の骨格部材の連結構造10は、車体2の上下方向の延在する縦骨格部材12と車幅方向へ延在する横骨格部材11とをコーナ部により連結した連結フレーム20と、車体2の前後方向へ延在して連結フレーム20とコーナ部21において接合される前後骨格部材13と、を有する。前後骨格部材13は、その内側部分で...

    車体の骨格部材の連結構造

  11. 【課題】車両における乗員に対する前車発進の警報を、安全性を考慮して出力する。【解決手段】停車中の前車50が発進した場合に警報を出力する出力部20を有する前車発進警報装置10は、前車の発進を検出する検出部13と、前車50の発進を検出した場合に出力部20から警報を出力する制御部11と、を有する。制御部11は、自動車1が進路を変更または逸脱して発進する場合、またはその可能性...

    車両の前車発進警報装置

  12. 【課題】車両における置き忘れ抑制のための警報をより適切に出力できる車両の置き忘れ警報装置を提供する。【解決手段】車両の置き忘れ警報装置10は、自動車に載せた同乗員または荷物の置き忘れ警報を出力する出力部(メータパネル16,スピーカ17)を有する。自動車への同乗員または荷物の乗降を検出する同乗検出部(後ドア開閉センサ14)と、自動車に対する運転手による走行または自らの乗...

    車両の置き忘れ警報装置

  13. 技術 診断装置

    【課題】光ファイバセンサによる計測を自動化する。【解決手段】診断装置100は、対象物に設置された光ファイバセンサ118と、光ファイバセンサ118による対象物の測定データを収集する収集処理を行う収集処理部132と、収集処理の開始前に、光ファイバセンサ118からキャリブレーションの出力値を取得し、出力値が適正範囲に含まれるとき、収集処理部132に収集処理を開始させ、出力値...

    診断装置

  14. 【課題】ダストカバーを備えたサスペンション装置において、ダストカバー内に侵入したダストがダンパロッドに付着することを防止できるサスペンション装置を提供すること。【解決手段】基端部がダンパ本体22に挿入され、軸方向に進退移動可能なダンパロッド24と、前記ダンパロッドの周囲を覆い、前記ダンパロッドの進退移動に伴って伸縮するダストカバー26と、前記ダンパロッドを進出方向へ付...

    サスペンション装置

  15. 【課題】 仮保持されたボルトの脱落を防止した車両内装材の装着構造を提供する。【解決手段】 ピラートリムのアッパ部材20と一体をなして形成されたボルト固定部41を備え、ボルト固定部41を貫通するボルト50を用いて、アッパ部材20をピラーパネル10に装着する構造において、さらに、ボルト固定部41に隣接して連なり、ピラーパネル10から離れる方向に傾斜する仮保持部42を備...

    車両内装材の装着構造

  16. 【課題】位置決め穴に挿入される位置決めピン相当部の外径寸法の変化量が大きい位置決め機構を提供する。【解決手段】位置決めピン分割体を構成する複数の羽根状部材2を位置決め穴周方向に等分に配設し、各羽根状部材2の基部の回転軸10を中心軸部材4に回転可能に接続すると共に、中心軸部材4より径方向外側のスリット部材6に形成された径方向のスリット8に、回転軸10よりも径方向外側で各...

    ワークの位置決め機構

  17. 【課題】急減速によりエンジンストールが発生した際に迅速にエンジンを再始動可能なパワートレーン制御装置を提供する。【解決手段】パワートレーン制御装置を、動力伝達機構の途中に設けられたクラッチ111の締結状態と解放状態とを切り換えるクラッチ制御部300と、エンジン1のエンジンストール状態を検出するエンジンストール検出部20と、車両の急減速状態を検出する減速状態検出部とを備...

    パワートレーン制御装置

  18. 技術 エンジン

    【課題】エンジンの燃焼室を早期に暖める。【解決手段】シリンダヘッドを備えるエンジンであって、シリンダヘッドに形成され、燃焼室の近傍に冷却液を案内するウォータジャケット41と、シリンダヘッドに形成され、排気ポートの近傍に冷却液を案内するウォータジャケット42と、シリンダヘッドに形成され、ウォータジャケット41とウォータジャケット42とを互いに連通させる連通流路部72と、...

    エンジン

  19. 技術 エンジン

    【課題】シリンダヘッドの生産性を確保しつつ、複雑な排気系冷却部を形成する。【解決手段】シリンダヘッド21を備えるエンジンであって、シリンダヘッド21に形成され、排気ポート26の近傍に冷却液を案内するウォータジャケット42と、シリンダヘッド21に形成され、ウォータジャケット42に開口する貫通穴93を備えた流路壁部92と、流路壁部92の貫通穴93に取り付けられ、ウォータジ...

    エンジン

  20. 技術 エンジン

    【課題】動弁機構を適切に潤滑する。【解決手段】シリンダヘッド23を備えるエンジンであって、シリンダヘッド23に形成され、動弁機構21を収容する吸気カム室41と、シリンダヘッド23に形成され、吸気カム室41よりも下方に位置し、かつ動弁機構22を収容する排気カム室42と、シリンダヘッド23に形成され、吸気カム室41と排気カム室42とを互いに接続する連通路72と、排気カム室...

    エンジン

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 21