アムゲン・インコーポレーテッド に関する公開一覧

アムゲン・インコーポレーテッド」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「アムゲン・インコーポレーテッド」の詳細情報や、「アムゲン・インコーポレーテッド」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「アムゲン・インコーポレーテッド」の法人詳細ページはこちら

  1. 【課題】形質細胞異常(例えばMM)の新規な治療用薬剤及び方法を提供すること。【解決手段】少なくとも2つの結合ドメインを含む二重特異性結合因子であって、第一の結合ドメインがB細胞成熟抗原BCMAと結合し、第二の結合ドメインがCD3と結合する、前記二重特異性結合因子、および、その因子を含む医薬組成物が提供される。

  2. 【課題】貯蔵部、ならびに貯蔵部と流体連通している近位端及び、患者内に受容される遠位端を有する送達カニューレを有する、薬物送達装置を含む、薬物送達システムを提供する。【解決手段】薬物送達システム100は、薬物送達装置に結合された1つ以上のセンサ、無線送信器、ならびに1つ以上のセンサ及び無線送信器に結合された制御装置をさらに含み得る。制御装置は、1つ以上のセンサを使用して...

    薬物送達システム及び使用方法

  3. 【課題】目的のタンパク質を発現する細胞培養物の特性を調節する方法を提供する。【解決手段】哺乳類細胞培養プロセス中に組換えタンパク質の高マンノース型グリコフォーム含量を制御する方法であって、N−グリコシル化経路に関与するタンパク質を過剰発現するように宿主細胞をトランスフェクトすることを含み、前記N−グリコシル化経路に関与する前記タンパク質は、N−アセチル−グルコサミン転...

    組換えタンパク質のグリコシル化を調節するためのN−グリコシル化経路制御因子の過剰発現

  4. 【課題】制御性T細胞を選択的に増殖及び活性化し、大規模生産に適し、ヒトの治療に最適な属性を有するIL−2の提供。【解決手段】免疫応答を引き起こす可能性を低下させたIL−2ムテイン、及びIL−2ムテインFc融合物質。Fcは、エフェクター機能を有しないかまたは該機能が非常に低く、N297にグリコシル化を有しないにもかかわらず安定性の高い変異ヒトIgG1 Fc分子。哺乳動...

    制御性T細胞の増殖のためのインターロイキン−2ムテイン

  5. 【課題】ヒトCGRP受容体結合タンパク質の提供。【解決手段】ヒトCGRP受容体(CGRP R)に結合する抗原結合タンパク質を提供する。抗原結合タンパク質をコードする核酸、ベクター、および抗原結合タンパク質をコードする細胞も提供される。本抗原結合タンパク質は、CGRP RのCGRPへの結合を阻害することができ、片頭痛の治療および/または予防を含む、多数のCGRP ...

    ヒトCGRP受容体結合タンパク質

  6. 【課題・解決手段】本発明は、MUC17に結合する第1のドメイン、ヒト及びマカクCD3ε鎖の細胞外エピトープに結合する第2のドメイン並びに任意選択的に特定のFc様式である第3のドメインを含むことによって特徴付けられる二重特異性抗体コンストラクトを提供する。さらに、本発明は、抗体コンストラクトをコードするポリヌクレオチド、このポリヌクレオチドを含むベクター、そのコンストラ...

    MUC17及びCD3に向けられる二重特異性抗体コンストラクト

  7. 【課題】付加的な材料および時間を要さない、改良された注入器を提供する。【解決手段】注入器100は、内表面112を有する壁110および内表面142を有する密封アセンブリー140を有する容器102を包含し得るが、壁および密封アセンブリーの内表面は医薬品を充填される閉鎖滅菌レザバー150を限定する。注入器は、貯蔵状態で密封アセンブリーに一部分だけ通して配置され、送達状態で密...

    注入器および組立方法

  8. 【課題】外部コンピューティングデバイスを用いて、薬物送達装置によって収集されたセンサデータを処理するためのシステム及び方法を提供する。【解決手段】薬物送達装置302は、貯蔵部312、貯蔵部と流体連通している近位端316及び患者内に受容される遠位端318を有する送達カニューレを含み、薬物送達装置の条件及び/または動作状態を表すセンサデータを生成する1つ以上のセンサ360...

    薬物送達装置によって収集されたデータを遠隔で処理するためのシステム及び方法

  9. 【課題・解決手段】本発明は、PNPLA3遺伝子の発現を低減するためのRNAiコンストラクトに関する。そのようなRNAiコンストラクトを使用して肝臓疾患、非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)を治療又は予防する方法もまた記載される。

    PNPLA3発現を阻害するためのRNAiコンストラクト

  10. 【課題】膵がん、大腸がん、及び肺がんを含む多数の障害を治療するために有用なKRAS G12C阻害剤、その組成物、及びその使用方法の提供。【解決手段】下式の構造を有する化合物、またはその立体異性体、そのアトロプ異性体、その薬学的に許容される塩、前記立体異性体の薬学的に許容される塩、もしくは前記アトロプ異性体の薬学的に許容される塩、または下式の構造と類似構造を有する化合物。

  11. 【課題】熱安定性が改善され、さらに2つのFc鎖間の非共有結合作用の解離が抑制された、ヒンジ領域内のジスルフィド結合を欠くFc含有分子の提供。【解決手段】ヒンジ領域の1つまたは複数のシステイン残基の欠失及び1つまたは複数のCH3界面アミノ酸のスルフヒドリル含有残基との置換を有する抗体Fc領域を含む、ポリペプチドを提供する。CH3ドメイン界面にジスルフィド結合を導入するこ...

    Fc含有ポリペプチドの安定化

  12. 【課題・解決手段】本発明は、特発性血小板減少症紫斑病(ITP)を有する患者においてITPを治療する方法であって、(a)ロミプロスチムを当該患者に毎週投与するステップ;(b)血小板数が少なくとも約50×109/L〜200×109/Lに到達するまで週用量を増加するステップ;(c)血小板数が2週続けて200×109/L以上を維持している場合に、ロミプロスチムの週用量を減少さ...

    特発性血小板減少症紫斑病(ITP)をロミプロスチムで治療する方法

  13. 【課題・解決手段】本発明は、少なくとも2つの結合ドメインを含む二重特異性抗体製品の生産のための連続的な上流製造プロセスを提供する。本プロセスは、少なくとも(i)灌流バイオリアクター中に二重特異性抗体製品を発現することができる少なくとも1つの哺乳動物細胞を供給する工程、(ii)設定値の生細胞密度に達するまで、第1の灌流量で哺乳動物細胞培養物を増殖させる工程、及び(iii...

    二重特異性抗体製品のための連続製造プロセス

  14. 【課題・解決手段】タンパク質製剤並びにこのような製剤を製造及び使用する方法が本明細書で提供される。製剤は、硝子体内投与のためなどの眼科用製剤であり得る。いくつかの実施形態において、製剤は、アフリベルセプトなどのVEGFR−Fc融合タンパク質を含む。

    VEGFR−Fc融合タンパク質製剤

  15. 【課題・解決手段】本発明は、PEG化されたカルフィルゾミブ化合物の安定医薬組成物、組成物の調製方法、及び多発性骨髄腫などの血管悪性腫瘍を含む癌を治療するための組成物の使用を提供する。組成物は、冷凍された形態で、又は凍結乾燥して乾燥固体形態で保存され得る。

    PEG化されたカルフィルゾミブ化合物の安定組成物

  16. 【課題・解決手段】薬物送達デバイスは、シェルと内容積とを画定するハウジングと、カセットと、ハウジングに結合された扉と、駆動機構と、ラッチングアセンブリと、を含む。カセットは、内容積内に取り外し可能に配置され、使用者に投与されるべき薬物を収容するように適合されている。扉はハウジングの内容積を少なくとも部分的に密閉し、ラッチング部分を画定する第1の端部を含む。駆動機構はハ...

    薬物送達デバイスの扉ラッチ機構

  17. 【課題・解決手段】薬物の充填量、バレル、プランジャ、及び他の構成要素のばらつきを許容する、失速及び終点検出アルゴリズムを有して構成されるオートインジェクタ薬物送達デバイスが記載されている。失速又は終点検出により、オートインジェクタは排出プロセスを停止する。

    失速及び終点検出を有するオートインジェクタ

  18. 【課題・解決手段】本明細書中に記載されるように構成されたプランジャは、大きな排出力下で少ない変形を維持することにより、使用中の摩擦の大きさ及び変動を最小限にするための幾何学的形状の最適化を提供する。より具体的には、本明細書中に記載されるプランジャ実施形態は、プランジャとシリンジ又はチャンバとの間の接触領域を最小限にしつつ、容器閉鎖の完全性を維持するための高い収縮圧力(...

    薬物送達デバイスのプランジャ

  19. 【課題・解決手段】患者の体上に適切な配置がいつ行われたかのみならず、患者に送達される薬物の量を決定するためのオンボードコントローラを含む薬物送達デバイスが提供される。コントローラはまた、薬物送達中に適切な配置が崩されたとき、及び/又は全用量未満の薬物が投与されたかどうかを決定するために使用され得る。

    配置及び流量検出を備える薬物送達デバイス

  20. 【課題】MDM2阻害剤及び1つ以上の追加の医薬活性剤を含む、特に癌治療のための併用療法の提供。【解決手段】治療有効量のMDM2阻害剤とBRAF阻害剤又はMEK阻害剤との併用療法。MDM2阻害剤としては、2−((3R,5R,6S)−5−(3−クロロフェニル)−6−(4−クロロフェニル)−1−((S)−1−(イソプロピルスルホニル)−3−メチルブタン−2−イル)−3−メチ...

    MDM2阻害剤及び1つ以上の追加の医薬活性剤を含む癌治療のための併用療法

  1. 1
  2. 2