イントレクソン・アクトバイオテイクス・エヌブイ に関する公開一覧

イントレクソン・アクトバイオテイクス・エヌブイ」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「イントレクソン・アクトバイオテイクス・エヌブイ」の詳細情報や、「イントレクソン・アクトバイオテイクス・エヌブイ」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「イントレクソン・アクトバイオテイクス・エヌブイ」の法人詳細ページはこちら

  1. 【課題・解決手段】本開示は、増進したムチン結合および/または細胞付着特性を有する遺伝子改変された微生物(例えば、細菌または酵母)を提供する。例えば、本開示は、Caco−2細胞への増加したin vitro結合性、およびムチンへの増加したin vitro結合性を呈する細菌を提供する。そのような微生物(例えば、細菌)を使用して、例えば、哺乳動物対象の胃腸管に生物活性ポリ...

    粘膜付着性微生物

  2. 【課題・解決手段】本開示は、IL−10ポリペプチドをコードする外因性核酸およびT1D特異的抗原(例えば、プロインスリン)ポリペプチドをコードする外因性核酸を含有し、両方の外因性核酸が細菌染色体に組み込まれた、乳酸菌(例えば、ラクトコッカス・ラクチス(Lactococcus lactis))などの微生物を提供する。そのような微生物株は、ヒトの治療のために好適である。本開...

    IL−10およびインスリンを安定的に発現する遺伝子改変された細菌

  3. 【課題・解決手段】本明細書において、哺乳動物対象における1型糖尿病(T1D)の処置のための組成物および方法を提供する。組成物は、IL−2遺伝子およびT1D特異的自己抗原(例えば、プロインスリン(PINS))遺伝子を発現する乳酸発酵細菌(LAB)を含む。例示的な方法は、哺乳動物対象に、組成物の治療有効量を経口投与することを含む。組成物は、対象に粘膜投与することができ、そ...

    1型糖尿病を処置するための組成物および方法