JFEエンジニアリング株式会社 に関する公開一覧

JFEエンジニアリング株式会社」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「JFEエンジニアリング株式会社」の詳細情報や、「JFEエンジニアリング株式会社」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「JFEエンジニアリング株式会社」の法人詳細ページはこちら

  1. 【課題】ホッパに収容されている固形殺菌剤がホッパでの収容中に好ましくない温度以上に温度上昇しないようにできる固形殺菌剤の溶解装置及び方法を提供することを課題とする。【解決手段】固形殺菌剤を収容するホッパ2と、ホッパから固形殺菌剤を受けて固形殺菌剤を切り出すフィーダ3と、フィーダから切り出された固形殺菌剤と清水供給ライン8からの清水との供給を受けて固形殺菌剤と清水を混合...

    固形殺菌剤の溶解装置及び方法

  2. 【課題】廃棄物ガス化改質炉と冷却装置とを連結する連結管内壁へのダスト付着を防止することを、安価に行うことができる廃棄物ガス化処理方法を提供することを課題とする。【解決手段】廃棄物を部分酸化・熱分解しガス化して発生したガスを改質して改質ガスを生成するガス化改質炉10と、該ガス化改質炉からの改質ガスを受けてこれを冷却する冷却装置20と、該ガス化改質炉と冷却装置とを連結して...

    廃棄物ガス化処理方法

  3. 【課題】廃棄物溶融炉から排出される溶融物の水砕装置における扱いを容易とするアルミニウム含有廃棄物の処理方法を提供することを課題とする。【解決手段】アルミニウム含有廃棄物をガス化溶融炉20により熱分解・ガス化し熱分解残渣を溶融する処理方法において、アルミニウム含有廃棄物の前処理として、アルミニウム含有廃棄物を破砕する破砕工程と、アルミニウム含有廃棄物の破砕物に含まれる金...

    アルミニウム含有廃棄物の処理方法

  4. 【課題】冷却水の温度を安定的に保ち、故障を極力抑制する機器冷却水装置及び方法を提供する。【解決手段】冷却水で冷却される機器10と、機器冷却後の冷却水を受ける受部20Bそして冷却水を冷却する冷却部20Aを有する冷却水温度調整装置20と、冷却水の温度を検出する温度検出装置61,62と、冷却水を機器へ供給する冷却水供給装置40と、冷却部の運転を制御する制御装置50とを有し、...

    機器冷却装置及び機器冷却方法

  5. 【課題】重ね継ぎ手構造よりも接合部の長さを短くでき、かつ、ループ鉄筋継ぎ手構造よりも床版厚を薄くでき、さらに、現場での配筋作業の負担も少なくすることができるプレキャストコンクリート床版の継ぎ手構造を提供する。【解決手段】上段ずれ止め部材16は、上段内面16B1を上段継ぎ手鉄筋12の突出する方向とは逆の側に有する上段係止部16Bを有してなり、下段ずれ止め部材18は、下段...

    プレキャストコンクリート床版の継ぎ手構造

  6. 【課題】RC床版と鋼床版との接続部に車両の輪荷重が加わったときでも、過大な段差が生ぜず、段差を許容値以内にすることができるようにする。【解決手段】隣接するRC床版と鋼床版との接続構造であって、隣接するRC床版60および鋼床版70の双方の端部60A、70Aの上面に架け渡して配置されている継手パネル20を備え、継手パネル20の上面とRC床版60に敷設された舗装62の上面と...

    RC床版と鋼床版との接続構造

  7. 【課題】排ガス中の水銀濃度が急激に変動してもこれをいち早く検知し、キレート剤を適切な量で供給する排ガス処理装置及び排ガス処理方法を提供する。【解決手段】炉1から排出され水銀を含む排ガスを除塵処理する集塵装置3と、該集塵装置3で除塵処理された排ガスを溶液で洗浄することにより排ガス中の有害物質濃度を減ずるスクラバー4と、該スクラバー4の溶液にキレート剤を供給するキレート剤...

    排ガス処理装置及び排ガス処理方法

  8. 【課題】溶融金属層とスラグ層との界面のレベルを計測することができる界面のレベル計測システム及び方法を提供する。【解決手段】溶融金属と放射性核種を含むスラグが収容される容器1の外側に少なくとも一つの検出器41〜4mを配置する。検出器41〜4mは、容器1の内部の放射性核種から放出される放射線を検出する。計測装置5は、検出器41〜4mの出力に基づいて、溶融金属層3とスラグ層...

    界面のレベル計測システム及び方法

  9. 【課題】現場での施工量を従来よりも少なくすることができるプレキャスト堤体本体部および杭式堤体を提供する。【解決手段】プレキャスト壁部14と、プレキャスト壁部14の高さ方向に延びるようにプレキャスト壁部14に埋め込まれた芯材16と、を現場搬入前に一体的に有し、芯材16の一端16Aはプレキャスト壁部14の下端面よりも下方に突出しているプレキャスト堤体本体部である。また、プ...

    プレキャスト堤体本体部および杭式堤体

  10. 【課題】打設精度と施工効率を向上させた鋼矢板の打設方法を提供する。【解決手段】鋼矢板20を継手部でお互いに連結させて一列状に複数打設する鋼矢板の打設方法であって、2つの端部領域の鋼矢板20を先行して打設する先行打設工程と、ガイド矢板を、前記2つの端部領域の間に位置する中央部領域に、ガイド矢板の継手部でお互いに連結させて一列状に複数配置するとともに、一列状に複数配置する...

    鋼矢板の打設方法

  11. 【課題】伝熱管へのダスト付着によるボイラ閉塞を防ぎながらボイラを小型化する。【解決手段】廃棄物焼却炉10に連設され、伝熱管6を水平方向に複数配設した伝熱管群が、高さ方向に複数段配設されていて、排ガスとの熱交換により蒸気を発生して更に過熱する廃棄物焼却炉ボイラ20であって、隣り合う段の伝熱管群は、伝熱管軸の水平方向の位置が、伝熱管6の軸間距離の1/10〜1/2ずれた位置...

    廃棄物焼却炉ボイラ

  12. 【課題】現地作業が簡易であり、かつ、施工精度上の誤差を修正しやすい連結構造を有する筒状構造物およびこれを用いた塔状構造物を提供すること。【解決手段】端面に内フランジを有する第1および第2の筒状部材を直列方向に連結した際にフランジ接合によって第1および第2の筒状部材に固定され、かつ、端面に内フランジが設けられた第3および第4の筒状部材を直列方向に連結した際にフランジ接合...

    筒状構造物および塔状構造物

  13. 【課題】廃棄物焼却炉に連設されるボイラ内の対流伝熱室の過熱器伝熱管に融解、固着する塩化物により生じる伝熱管の腐食防止、又、付着ダスト層の形成によって生じるボイラの閉塞抑制を効率よくかつ低い設備費、運転費で行う。【解決手段】対流伝熱室40の入口又は対流伝熱室の最上流側過熱器44aの入口で排ガス温度を測定する排ガス温度計70、74と、廃棄物焼却炉10への廃棄物8の供給量、...

    ボイラの腐食防止装置及び腐食防止方法

  14. 【課題】現場での施工量を少なくすることができ、かつ、地盤条件が悪い場所への適用も可能な、プレキャスト堤体本体部および杭式堤体を提供する。【解決手段】軸力、せん断力および曲げモーメントが伝達可能なように杭200に連結され得るプレキャスト堤体本体部20であって、プレキャストフーチング部30と、プレキャスト壁部50と、を一体的に有し、かつ、陸送可能である。また、プレキャスト...

    プレキャスト堤体本体部および杭式堤体

  15. 【課題】下水汚泥焼却炉の廃熱を利用する発電システム及び発電システムの運転方法の提供。【解決手段】下水汚泥の焼却炉、燃焼用空気を加熱する空気予熱器、焼却炉からの排ガスで蒸気を発生する廃熱ボイラ及び廃熱ボイラで発生した蒸気によって蒸気タービンを駆動して発電を行う発電装置とを備えた発電システムであり、空気予熱器の加熱側は、焼却炉からの排ガスを空気予熱器に供給する配管と熱交換...

    下水汚泥焼却設備における廃熱を利用した発電システム及び発電システムの運転方法

  16. 【課題】排ガス中のNOxの発生を抑制する廃棄物焼却装置及び廃棄物焼却方法を提供することを課題とする。【解決手段】乾燥火格子5a、燃焼火格子5b及び後燃焼火格子5cを有する廃棄物焼却炉1を備える廃棄物焼却装置において、燃焼用の一次空気をそれぞれの火格子5a〜5cの下方から供給する一次空気供給手段8,9と、廃棄物焼却炉1の排ガスの一部を循環排ガスとして燃焼火格子5bの下方...

    廃棄物焼却装置及び廃棄物焼却方法

  17. 【課題】溶融除染によって得られたクリアランス金属の放射能濃度を精度よく推定することができる溶融除染されたクリアランス金属の放射能濃度推定方法を提供する。【解決手段】本発明に係るクリアランス金属の放射能濃度推定方法は、クリアランス金属を生成する過程で生成されるスラグ5の放射能濃度を測定するスラグ放射能濃度測定工程と、前記クリアランス金属中のスラグ濃度を測定するスラグ濃度...

    溶融除染されたクリアランス金属の放射能濃度推定方法

  18. 【課題】従来よりもさらに効率的な橋梁の架け替え工法を提供する。【解決手段】橋梁の径間を架け渡す撤去対象の既設桁102を持ち上げる持ち上げ工程と、既設桁102の後端に新設の更新桁70を一列状になるように連結する更新桁連結工程と、既設桁102の先端に先端延長桁50を一列状になるように連結する先端延長桁連結工程と、既設桁102が配置されていた径間に更新桁70が送り出されるよ...

    橋梁の架け替え工法

  19. 【課題】不平均力が発生する水管橋において、単純な構造で不平均力を相殺する。【解決手段】対向する支持部50、60の間に通水管16が架け渡されて形成された水管橋12と、水管橋12に沿って架設されたケーブル14と、を備えてなり、対向する支持部50、60のうちの少なくとも一方は、コンクリートおよび鋼のうちの少なくともいずれか一方を有してなる構造物であり、水管橋12の一端は構造...

    不平均力相殺構造

  20. 【課題】有機性汚水の処理方法において、膜分離装置の能力の低下を防いで長期に亘り安定して運転を続けることができる方法と装置の提供。【解決手段】繊維状物を含む有機性汚水をスクリーン1で濾過してから無酸素槽で処理し、無酸素槽で処理された液を好気槽で処理し、好気槽内で処理された硝化液を好気槽内に浸漬された膜分離装置で分離して処理水を得るとともに、好気槽内の硝化液をスクリーン1...

    繊維状物を含む有機性汚水の処理方法と装置

  1. 1
  2. 2