JFEスチール株式会社 に関する公開一覧

JFEスチール株式会社」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「JFEスチール株式会社」の詳細情報や、「JFEスチール株式会社」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「JFEスチール株式会社」の法人詳細ページはこちら

  1. 【課題】耐硫化性および密着性に優れる硫化物系固体電池の集電体用のフェライト系ステンレス鋼板を提供する。【解決手段】硫化物系固体電池の集電体用のフェライト系ステンレス鋼板であって、上記フェライト系ステンレス鋼板は、Crを16質量%以上含有する成分組成を有し、上記フェライト系ステンレス鋼板の表面は、凹部と凸部とを有する凹凸構造を備え、上記凸部の平均高さが20nm以上50n...

    硫化物系固体電池の集電体用のフェライト系ステンレス鋼板およびその製造方法

  2. 【課題】耐硫化性に優れる硫化物系固体電池の集電体用のフェライト系ステンレス鋼板を提供する。【解決手段】質量%で、C:0.001〜0.050%、Si:0.01〜2.00%、Mn:0.01〜1.00%、P:0.050%以下、S:0.010%以下、Cr:18.00〜32.00%、Ni:0.01〜4.00%、Al:0.001〜0.150%およびN:0.050%以下を含有し、残...

  3. 【課題】鉄骨柱の熱膨張に起因する損傷の危険がなく、コスト低減も図れる鉄骨柱の乾式耐火構造を提供する。【解決手段】本発明に係る鉄骨柱の乾式耐火構造1は、鋼管柱3と、鋼管柱3を囲むように配置された板状の耐火被覆材5と、耐火被覆材5と鋼管柱3との間に配置され耐火被覆材5と鋼管柱3とを離隔するスペーサ7とを備え、耐火被覆材5は、複数の筒状体が鋼管柱3の軸方向に積層されてなり、...

    鉄骨柱の乾式耐火構造

  4. 【課題】応力集中を緩和して疲労強度を向上させたサスペンションアームを提供する。【解決手段】本発明に係るサスペンションアーム1は、一対の面部13とその両側端を接続する側壁部15とを備えた中空のアーム本体部11と、内部にブッシュが保持されて外周面がアーム本体部11の先端部に接合されたブッシュ保持円筒部31と、を備えたものであって、アーム本体部11の先端部は、面部13が円弧...

    サスペンションアーム

  5. 技術 冷却塔

    【課題】夏季の猛暑時の急激な気温上昇等により、冷却塔の冷却能力の不足が突発的に発生したときに、冷却能力を迅速に回復することのできる冷却塔を提供する。【解決手段】副生物として液体窒素が発生するプラントに設けられる冷却塔において、冷却水および空気が通過可能に形成された充填材と、使用後の前記冷却水を前記充填材に散水する散水装置と、前記充填材を通過する前記空気の流れを生成させ...

    冷却塔

  6. 【課題】低Al含有量の成分系においても鋼中S濃度の低減を可能にする、溶鋼の精錬方法を提供する。【解決手段】溶鋼を真空脱ガス処理する際に、酸化MnおよびSiO2を下記の(1)式および(2)式を満たす範囲にて含むフラックスを添加する法。記 1.29×(%T. Mn) +(%SiO2)≧60 ・・・(1) 1.29×(%T. Mn)/(%SiO2)≧0.7 ・・...

  7. 【課題】コーンと拡管ヘッド外周部材の接触面における焼き付きを防止するとともに、コーンの摩耗を低減することで、その交換頻度を低減し、低コストで鋼管を製造できる拡管機および鋼管の製造方法を提供することを目的とする。【解決手段】軸方向に向って次第に外周の大きさが変化するコーンと、該コーンの外周に接触する拡管ヘッド外周部材とを有する鋼管を拡管する拡管機であって、 前記拡管ヘ...

    拡管機および鋼管の製造方法

  8. 【課題】ウェブと一対のフランジを有する鋼矢板の左右方向への曲がりを矯正する際に、局部的なフランジのへこみの発生を防止すること。【解決手段】長手方向に直交する断面形状として、一方向に延在するウェブと一対のフランジとを有する鋼矢板1の一方向への曲がりを矯正するプレス矯正装置2であって、一方のフランジの外面に当接し、一方向へ移動しないように固定され、鋼矢板1の長手方向で対と...

    プレス矯正装置、プレス矯正方法及び鋼矢板の製造方法

  9. 【課題】溶接性に優れる缶用鋼板およびその製造方法を提供する。【解決手段】鋼板の表面に、上記鋼板側から順に、金属クロム層およびクロム水和酸化物層を有し、上記クロム水和酸化物層のクロム換算の付着量が、10mg/m2以下であり、上記クロム水和酸化物層の最表面のX線光電子分光により求められる、クロム酸化物に対するクロム水酸化物のピーク面積比Aが、1.00超2.50以下である、缶用鋼板。

    缶用鋼板およびその製造方法

  10. 【課題】平面視で長手方向に沿って湾曲する断面ハット形状のプレス成形品をプレス成形するにあたり、しわを抑制してプレス成形するプレス成形方法を提供する。【解決手段】本発明に係るプレス成形方法は、天板部3と、縦壁部5及び縦壁部7と、フランジ部9及びフランジ部11と、を有してなる断面ハット形状であり、平面視で長手方向に沿って湾曲するプレス成形品1を、ダイ21及びパンチ23を用...

    プレス成形方法

  11. 【課題】 混練中にコールタール等の低軟化点バインダーの粘度を高め、当該バインダーを用いて強度の高いフェロコークス用成型物を製造できるフェロコークス用成型物の製造方法を提供する。【解決手段】 石炭と鉄原料にバインダーを加えて混合物とし、混合物を混練し、成型するフェロコークス用成型物の製造方法であって、バインダーは、石炭を950℃以下で乾留して得られるコールタールであ...

    フェロコークス用成型物の製造方法およびフェロコークスの製造方法

  12. 【課題】接触疲労特性に優れた鋼部品を提供する。【解決手段】C:0.04〜0.35質量%、Si:0.01〜1.20質量%、Mn:0.30〜1.80質量%、P:0.1質量%以下、S:0.5質量%以下、Cr:0.30〜2.00質量%、Al:0.010〜0.300質量%、N:0.0250質量%以下を含み、残部はFe及び不可避的不純物の成分組成を有する鋼からなる鋼部分と、該鋼部...

  13. 【課題】接触疲労特性に優れた鋼部品を提供する。【解決手段】C:0.10〜0.35質量%、Si:0.01〜0.70質量%、Mn:0.30〜1.50質量%、P:0.1質量%以下、S:0.5質量%以下、Cr:0.30〜2.00質量%、Al:0.010〜0.080質量%、N:0.0250質量%以下を含み、残部はFe及び不可避的不純物の成分組成と、マルテンサイトおよび残留オース...

  14. 【課題】従来のような炭素材料の事前処理が不要で、低水分量での流し込み施工に優れた炭素含有不定形耐火物の混練方法を提案するとともに、この混練方法を利用して耐用性に優れる炭素含有不定形耐火物の成形体を製造する方法を提案する。【解決手段】炭素含有不定形耐火物の混練方法であって、まず、炭素材料を含む耐火物原料と親水性物質とを混合して空練りしてから水を添加し、その後混練する。ま...

  15. 【課題】無線センサを用いず、また配線工事に多くの費用をかけずに安価に広い敷地内の設備の状態を、カメラ装置で直接検知できない設備の状態を含めて適切に監視することができる設備状態監視装置及び設備状態監視方法を提供する。【解決手段】設備状態監視装置1は、監視対象の少なくとも1つの設備10に少なくとも1つ設置されて各設備10の状態を検知する設備状態検知センサ12と、設備状態検...

    設備状態監視装置及び設備状態監視方法

  16. 【課題】電極先端が摩耗したり、外乱が存在するような場合であっても、作業工数を低減しつつ、散りの発生や通電時間の増加なしに適切な径のナゲットを得ることができる抵抗スポット溶接方法を提供する。【解決手段】本溶接およびテスト溶接においてそれぞれ予通電および本通電を行い、テスト溶接では、外乱のある状態を模擬したうえで、予通電および本通電を定電流制御により行い、また、該予通電お...

    抵抗スポット溶接方法および溶接部材の製造方法

  17. 【課題】本発明の課題は、耐遅れ破壊特性に優れた高強度部材、高強度部材の製造方法及び高強度部材用鋼板の製造方法を提供することである。【解決手段】本発明の高強度部材10は、鋼板11を用いて得た曲げ稜線部12を有する高強度部材10であって、部材の引張強度が1470MPa以上であり、曲げ稜線部12の端面13の残留応力が800MPa以下であり、かつ曲げ稜線部12の端面13から曲...

    高強度部材および高強度部材の製造方法

  18. 【課題】製鉄所のエネルギー用役が不足する場合に、各工場の運用者にエネルギー設備の運転計画の必要最小限の変更案を提示するエネルギー運用支援装置である。【解決手段】最適化計算部4と、運用指針伝達部5、6とを備えている。最適化計算部は、製鉄所のエネルギー運用にかかる総コストFを最適化するような前記エネルギー設備の運用条件を決定変数として演算し、エネルギー用役の収支条件を表す...

    エネルギー運用支援装置及びエネルギー運用支援方法

  19. 【課題】安価な方法で、分析計の異常を検知し、転炉の操業を継続することができる、分析計の選定方法及び転炉の操業方法を提供すること。【解決手段】転炉ガスの少なくともCO濃度を分析する複数の分析計4のうち、いずれか1つの分析計4を選定する方法であって、複数の分析計4のうち、基準となる1つの分析計4を基準分析計とし、基準分析計以外の分析計4を他の分析計とし、他の分析計のうち、...

    分析計の選定方法及び転炉の操業方法

  20. 【課題】効率的に微粉炭を製造することができる、微粉炭の製造装置及び製造方法を提供すること。【解決手段】ローラミル3で石炭を粉砕して微粉炭を搬送ガスで乾燥させながらバグフィルタ5に搬送し、バグフィルタ5で捕集する、微粉炭の製造装置1であって、排ガスを回収して循環搬送する排ガス循環経路7と、不活性ガスを供給する不活性ガス供給経路12と、排ガス循環経路7から供給される排ガス...

    微粉炭の製造装置及び製造方法

  1. 1
  2. 2