アダマ・マクテシム・リミテッド に関する公開一覧

アダマ・マクテシム・リミテッド」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「アダマ・マクテシム・リミテッド」の詳細情報や、「アダマ・マクテシム・リミテッド」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「アダマ・マクテシム・リミテッド」の法人詳細ページはこちら

  1. 【課題】殺真菌性化合物を含む相乗的組成物の提供。【解決手段】殺真菌的に有効な量の式Iの化合物:5−フルオロ−4−イミノ−3−メチル−1−トシル−3,4−ジヒドロピリミジン−2(1H)−オン、ならびに、マンコゼブ、クロロタロニル、ピラクロストロビン、フルオキサストロビン、アゾキシストロビン、トリフロキシストロビン、ピコキシストロビンおよびクレソキシムメチルからなる群から...

  2. 本発明の主題は、以下の構造 【化1】を有する化合物の結晶形態を提供することであり、式(I)において、結晶形態は、多形体、水和物又は溶媒和物である。

    5−フルオロ−4−イミノ−3−メチル−1−トシル−3,4−ジヒドロピリミジン−2−オンの多形体

  3. 【課題・解決手段】本発明の目的は、新規な触媒系を使用して、アミド前駆体からラセミ体の又はキラル中心で一方の鏡像異性体の割合が高いインドキサカルブを商業的に調製するための新規かつ有利な方法を提供することにある。より詳細には、本発明は、有機塩基及び相間移動触媒の存在下で、炭化水素溶媒中のメトキシカルボニル化剤及びメチルスルフィニルメチリドの金属塩を用いて、式(I)で表され...

    インドキサカルブの大規模化可能な調製のための新規な触媒系

  4. 【課題・解決手段】本発明は、ある量のフルエンスルホン、ある量の環状ケトン、および少なくとも1つの農薬的に許容される不活性添加剤を含む、安定な液体フルエンスルホン剤を提供する。本発明はまた、フルエンスルホンと、少なくとも1つの農薬的に許容される不活性添加剤とを含む高濃度製剤を提供し、製剤は有機相を含み、製剤の有機相中のフルエンスルホンの濃度は40重量%超である。本発明は...