東洋シヤッター株式会社 に関する公開一覧

東洋シヤッター株式会社」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「東洋シヤッター株式会社」の詳細情報や、「東洋シヤッター株式会社」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「東洋シヤッター株式会社」の法人詳細ページはこちら

  1. 技術 ドア装置

    【課題】簡易な構成で高い遮音性及び気密性を確保したドア装置でありながら、ドアの開閉に力をあまり要することのないドア装置を提供する。【解決手段】枠体13には、扉体内面22の下部を除く3方の外周部に対向する部分に設けられた枠側凹部31には磁力を有する枠側弾性材41がはめ込まれており、扉体内面22が枠側弾性材41に近接した時点で、磁力により扉体内面22と枠側弾性材41とが当...

    ドア装置

  2. 【課題】トンネルの壁面を削ることなく、開口を広く確保することができるトンネル用扉を提供する。【解決手段】扉本体11,12には、扉本体11,12よりも上部の空間を閉鎖するための閉鎖板13,14が設けられている。この閉鎖板13,14は、扉本体11,12を開扉する際にはガイドレール21に沿って降ろされ、扉本体11,12の面内に収納される。扉本体11,12の高さは戸尻位置にお...

    トンネル用扉

  3. 【課題】遮音性、防音性、気密性を向上させるとともに、施工性も維持あるいは向上させた窓、及び、窓用保持材を提供する。【解決手段】窓枠11の嵌合溝43に窓材21をはめ込む際に、窓材21の両側端部に保持材32を配置し、窓材21と保持材32を圧接させる。保持材32は弾性材であり、少なくとも窓材21と圧接される面が略平滑に形成されており、この平滑面で窓材21と保持材32とは面接...

    窓及び窓用保持材

  4. 【課題】ドアに設置する荷物受箱であっても、適切に受領印の押印を提供でき、また、適切に荷物の受け取りを判断することができる荷物受箱を提供する。【解決手段】荷物を配達した際には開閉扉11を開き、収納部21を伸ばす。収納部21は箱状部材22及び筒状部材23,24が入れ子状になっており、例えば箱状部材22の奥を押すことにより収納部21が伸びる。収納部21を伸ばすと、箱状部材2...

    荷物受箱及びドア