株式会社国元商会 に関する公開一覧

株式会社国元商会」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「株式会社国元商会」の詳細情報や、「株式会社国元商会」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「株式会社国元商会」の法人詳細ページはこちら

  1. 【課題】1本では長さ不足の棒鋼を2本、端部どうしを互いに並列させた状態で接続一体化する手段として活用出来る棒鋼並列接続金具を提供する。【解決手段】コ形本体2の両側板部7には、凹窪部10が設けられ、頭部両側に楔状に張り出す棒鋼締結部14が形成された締結用ボルト3は、棒鋼締結部14がコ形本体2の両側板部7間から外側に突出して締結用ボルト3と凹窪部10の両内側辺との間に棒鋼...

    棒鋼並列接続金具

  2. 【課題】支持フレーム上に太陽光発電パネルを取り付ける場合などに活用出来る取付け金具を提供する。【解決手段】本体1は、取付け部材12の取付け部14における縦断面コ字形外側面の側面14cに沿う上下方向板部3と、この上下方向板部3の上端から前記縦断面コ字形外側面の上面14aに被さる前方に延出する押え板部4と、上下方向板部3の下端から支持部材13の支持面13aより上方に離れた...

    取付け金具

  3. 【課題】1本では長さ不足の棒鋼を2本、端部どうしを互いに並列させた状態で接続一体化する手段として活用出来る棒鋼並列接続金具を提供する。【解決手段】受け座2と締結用ボルトナット3とから成り、受け座2の底板部4は、長方形の平板から成り、板状突出部8a〜9bは、底板部4の両側長辺それぞれの長さ方向両端部から同一側へ折曲連設されたもので、この合計4つの、底板部4の長辺方向と平...

    棒鋼並列接続金具

  4. 【課題】基礎の上に載置固定される木造建築物の被支持部材と前記基礎との間に介在させて、通気性と耐震性を高めることが出来る基礎用パッドを提案する。【解決手段】基板1とこの下側に突設されたカップ状部分2A〜2Dを備えた木造建築物の基礎用パッドにおいて、基板1は、平面視が正方形のものであって、その四辺には帯状周側板部4aが下向きに折曲形成され、前記四辺それぞれには、各辺の中央...

    木造建築物の基礎用パッド

  5. 【課題】基礎の上に載置固定される木造建築物の土台と前記基礎との間に介在させて、通気性と耐震性を高めることが出来る基礎用パッドを提案する。【解決手段】基礎上面とこの上に支持される木造建築物の土台などの被支持部材の底面との間に介装される基礎用パッドであって、被支持部材の底面に当接する基板1から前記基礎上面側に突出する複数のカップ状部分2A〜2Dが一体に連設され、これら各カ...

    木造建築物の基礎用パッド

  6. 【課題】特にコンクリート型枠の外側に足場板を仮設する場合に活用出来る足場板支持用ブラケットを提案する。【解決手段】コンクリート型枠10を構成している水平ばた材10aに上から嵌合して支持される嵌合部材11と、水平ばた材10aの直下に位置する浮き上がり防止用ストッパー12を備え、この浮き上がり防止用ストッパー12は、出退自在で且つスプリング18によって突出作用位置に付勢保...

    足場板支持用ブラケット

  7. 【課題】建物の鉄骨梁や鉄骨柱などに電線などのケーブル類を通す配管などを取り付ける手段として活用出来る取付け金具を提供する。【解決手段】取付け部材14を挟持する挟持部15,16を備えた主副2つの挟持部材12,13の先端には、コ形クランプ1に設けられた連結孔11に挿入される係止片18,19が互いに遠ざかる外向きに突設され、主挟持部材12には、後端から副挟持部材13の側に延...

    配管などの取付け金具