株式会社日立国際電気 に関する公開一覧

株式会社日立国際電気」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「株式会社日立国際電気」の詳細情報や、「株式会社日立国際電気」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「株式会社日立国際電気」の法人詳細ページはこちら

  1. 【課題】所定区域への侵入を監視する監視システムにおける監視者の作業負荷を軽減することが可能な技術を提供する。【解決手段】本例の監視システムは、所定区域を取り囲む設置物に取り付けられた設置物センサ10と、設置物を含むエリアを撮影する撮像装置20と、設置物センサ10の発報に応じて撮像装置20により撮影された映像を解析し、映像内に現れた物体を検出するサーバ40と、設置物セン...

    監視システム

  2. 【課題】 回線制御装置と同一周波数で下り送信を行う基地局無線装置との間を中継する際に、回線制御装置からの送信フレーム番号を基地局無線装置に送信でき、基地局間同期を実現することができる無線通信装置、基地局無線装置及び無線通信システムを提供する。【解決手段】 回線制御装置20に接続された第1の無線通信装置41が、回線制御装置20から送信開始電文に付加された送信フレーム...

    無線通信装置、基地局無線装置及び無線通信システム

  3. 【課題】 高温乾燥炉内を通過する塗装物体と一緒に移動しながら、塗装物体の外側、或は内側を外部から一切助けを得ずに自立して被塗装物体を高精細な撮影画像で撮影続ける高温炉内を移動する耐熱撮影カメラを提供する。【解決手段】 二重ガラス窓21を除き、耐熱撮影カメラ1の外箱10内面全てに断熱材13a〜13fを取り付け、蓄冷材パック15a〜15eをカメラ2の周囲を覆うように断...

    高温炉内を移動する耐熱撮影カメラ

  4. 【課題・解決手段】各人物をそれぞれ正確に特定することが可能な顔照合システムを提供する。平面方向に回転可能に構成されたカメラを有するロボット10と、ロボット10による撮影画像に含まれる顔画像をデータベースと照合し、該顔画像に対応する人物の属性を示す属性情報を顧客情報データベースから取得する顔認証サーバ20とを備え、ロボット10は、撮影画像及びその撮影時の平面方向のカメラ...

    顔照合システム

  5. 【課題】GPSに同期させないで多段中継を行う場合でも、下り信号(DL信号)と上り信号(UL信号)の干渉による通信品質の劣化を抑制することが可能な多段中継の無線通信システムを提供する。【解決手段】上位と下位の接続関係を有する複数の無線局(可搬型基地局100、第1の移動局101、第2の移動局102、第3の移動局103、第4の移動局104)を有する無線通信システムにおいて、...

    無線通信システム及び無線局

  6. 【課題・解決手段】課題: 相関位置保護と適応的なフレーム長の制御を両立させて伝送効率を向上させるTDD方式の無線通信システムにおいて、受信信号品質の劣化や信号同期の破綻を回避することが可能な技術を提供する。解決手段: 基地局において、信号同期部114が、移動局からの信号の受信タイミングを検出し、相関位置保護部115が、移動局への信号の送信動作を開始した送信タイミン...

    無線通信システム及び無線通信装置

  7. 【課題】 無線環境に応じて複数エリアに適正な放射パターンを生成できるようウェイト値を設定して複数の自律型放射パターンを生成する自律型放射パターン生成アンテナ制御装置、その制御方法及び無線通信システムを提供する。【解決手段】 複数のアンテナを用いて放射パターンを形成するために送受信信号に重畳するウェイト値が設定されるウェイト部101と、送受信信号にウェイト部101の...

    自律型放射パターン生成アンテナ制御装置、その制御方法及び無線通信システム

  8. 【課題・解決手段】撮像装置で撮影された画像を帯域が限られたネットワーク回線を介して他の画像処理装置に伝送して処理させる場合でも、精度の高い画像処理を実施できるようにする。撮像装置10が、撮影した画像を画像処理装置30で処理すべきか否かを判定し、画像処理装置30で処理すべきと判定されたことに応じて、その前後の所定期間のフレームの画像を含む画像データを保存し、当該保存した...

    画像処理システム

  9. 【課題・解決手段】特定の施設に訪れた視覚障がい者に対してサポートの必要性を判定することが可能な技術を提供する。白杖検知装置111において、白杖検出部121が、撮像装置107により撮影された画像から白杖102を検出し、白杖挙動解析部122が、白杖検出部121により白杖102が検出された場合に、その後の一定時間内において白杖102が振られた回数を測定し、要サポート者判定部...

    監視システム及び監視方法

  10. 【課題・解決手段】送信装置から受信装置へ無線により信号を送信する無線通信システムの所要C/Nを改善する。BCJR復号器22が、復調器21により得られた符号化ビットに対する対数尤度比と、情報ビットに対する事前情報とに基づいて、事後確率が最大化するように情報ビットの復号を行う。選択部2aが、NパターンのパケットのRS復号結果の中から、各パケットのシンドロームの計算結果に基...

    無線通信システム

  11. 【課題・解決手段】監視カメラの動作を抑制し、省電力化を図り、監視記録情報量を抑え、さらに管理者等が確認する際の時間を短縮させる事を提供する。監視領域の圧電素子集合体13の何れかの圧電素子11に物理的負荷が印加されると、その旨が監視カメラ15に通知される。監視カメラ15は、加重範囲が所定の範囲内にあるか否かの加重範囲判定処理を行う。所定の加重範囲内の場合、監視カメラ15...

    監視システム

  12. 【課題・解決手段】実際の増幅器や伝送路に起因する歪を反映して搬送波毎の送信電力を制御することができ、通信品質を改善することができる無線通信装置、無線通信システム及び送信電力制御方法を提供する。周波数ホッピング方式を用いて通信を行い、送信処理部(110)が、送信電力算出の前提とする前提電力特性情報を送信フレームに含めて、送信電力制御部(110)から設定された送信電力で相...

    無線通信装置、無線通信システム及び送信電力制御方法

  13. 【課題・解決手段】小型化・低コスト化を実現しつつ、負荷の状況を把握可能な高周波電源装置を提供することにある。高周波電源装置は、高周波電源回路と、前記高周波電源回路の出力に設けた検出器と、前記検出器の出力に接続された高周波経路と、前記高周波経路に接続され、負荷の入力へ高周波電源を供給する整合器と、を備える。前記検出器は進行波、反射波の情報を取得することが可能である。前記...

    高周波電源装置

  14. 【課題】RF信号を送信する2系統方式の送信装置において、出力信号を切替える切替部とその監視制御機構を不要とし、低コスト化を図る。【解決手段】合成切替え方式の送信装置において、2つの送信部1、2のRF信号を送信合成部3で常に合成し、合成波を出力する。送信合成部で合成する際には、待機系の位相および周波数を現用系に合わせる。また、送信装置1、2にAGC部1、2を設けることで...

    送信装置及び送信方法

  15. 【課題】回転リングの1クリックでのバックフォーカス調整移動量を少なくできるフォーカス調整構造及びフォーカス調整方法を提供する。【解決手段】回転リング2の回転に応じてカメラのフォーカスを調整するフォーカス調整構造において、回転リング2の周面の円周方向に凹部と凸部とが一定のピッチで形成された凹凸部22と、回転リング2の周面に向けて付勢され、凹部に入り込むことで回転リング2...

    フォーカス調整構造及びフォーカス調整方法

  16. 【課題】各隊員が車両等から危険回避可能な交戦訓練用システムを提供することにある。【解決手段】交戦訓練システムは、火器を模擬したレーザ送信装置と第一GPS受信器を有する第一無線機とを備えた訓練装備を搭載した車両と、火器を模擬したレーザ送信装置と第二GPS受信器を有する第二無線機とを備え、隊員が装着する訓練装備と、制御部と第三無線機とを備え、交戦訓練全体を統制する統裁室と...

    交戦訓練システム

  17. 【課題】簡易な構成で正確に着弾位置が検知可能な射撃システムを提供する。【解決手段】射撃訓練システム10は、ラバーで構成される実弾射撃の標的11と、該標的を撮影する赤外線カメラ13と、該赤外線カメラが撮影した映像を画像処理する端末14と、を備える。該端末は、弾丸が標的に着弾するときの熱を赤外線カメラにより検出させ、画像処理により座標として着弾位置を検出するよう構成される。

    射撃訓練システム

  18. 【課題】複数の人物が同時に撮像される場合において、この中で特定の人物を強調するような操作を迅速に行わせる。【解決手段】指示者は、「人物Aをズームアップせよ」と音声で指示をすることができる。指示認識部は、対象人物の人物識別情報として「人物A」を認識することができる。顔認証部は、図3(a)の画像において一番左側にいる人物が「人物A」であると認識することができる。この結果に...

    映像編集システム

  19. 【課題】GPSや同期用の専用回線などを使用せずに、無線中継局を無線アプローチ局に周波数同期させることが可能な無線通信システムを提供する。【解決手段】無線中継局130内の第1無線部131は、無線アプローチ局120のフレームタイミングに従って自身のフレームタイミングの位相制御を行う機能を有しており、第1原振制御部133が、第1無線部131での位相制御の実行状況に応じて、第...

    無線通信システム及び無線中継局装置

  20. 【課題】本発明は、交通機関における要介助者に対する介助業務を支援する業務支援システムを提供することを目的とする。【解決手段】 代表的な本発明の業務支援システムの一つは、要介助者画像処理部と、情報処理部とを備える。前記要介助者画像処理部は、乗車駅において来場者の映像から要介助者の映像を認識して要介助者の映像を乗車駅の駅員端末に送信する。前記情報処理部は、要介助者の映像...

    業務支援システム

  1. 1
  2. 2