黒沢建設株式会社 に関する公開一覧

黒沢建設株式会社」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「黒沢建設株式会社」の詳細情報や、「黒沢建設株式会社」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「黒沢建設株式会社」の法人詳細ページはこちら

  1. 【課題】免震装置を交換する際に、ジャッキアップしてフーチングを持ち上げて所要の上向き変形量を形成しても、当該上向き変形量による基礎梁に生ずる付加応力を合理的なプレストレスの導入により打ち消し可能にしたプレストレス導入方法を提供する。【解決手段】免震装置5の上に、コンクリート部材とする基礎梁7とフーチング6が設けられ、フーチング6を貫通して基礎梁7に免震装置交換に備えた...

    免震装置交換に備えたプレストレス導入法

  2. 【課題】巨大津波に対しても安全な人工地盤を提供する。【解決手段】基礎1に断面四角の4本のPC柱部材2aが間隔を空けて四角形に配設した合成柱2が巨大なスパンで立設してあり、この合成柱2を構成するPC柱部材2aの間には2本のPC梁部材3a、3aが間隔を空けて並列させてスペースが形成されたダブル梁が架け渡してあり、合成柱2の空間及びダブル梁のスペースには場所打ちコンクリート...

    巨大津波対応PCアーチ人工地盤及びその構築方法

  3. 【課題】変動する浮力に対して浮き上がりを防止する地盤アンカーの緊張力を定めた海上陸地の構築方法を提供する。【解決手段】海底地盤の所要深さまで打ち込んだ杭基礎12の頭部に中空部2を設けてある複数のセグメント1を連結部材10を用いて連結して海面に所要広さの空洞体24の平面を形成し、空洞体平面の連結部を貫通して、地盤アンカーの緊張材を海底地盤13の所定深さまで配置し、定着し...

    海上陸地の構築工法

  4. 【課題】コンクリート部材からなる柱同士の接続を複雑な作業を必要とせずに簡単かつ経済的に接続できるようにする。【解決手段】柱3と梁5とで構成されたラーメン構造の柱梁接合構造であって、柱3aは、梁5を受ける顎31を有するコンクリート部材であり、この顎31にプレキャストコンクリート梁5a、5bが載置されて梁5a、5bに配置されたPC鋼線21が柱梁接合部(パネルゾーン)6を貫...

    無緊張PC鋼棒コンクリート柱梁構造

  5. 【課題】巨大地震時に積層ゴム免震装置の過大変形を防止すると共に、速やかな変形復元機能を付与して積層ゴムの損傷を防ぐことができるバネ式制震ダンパーを提供することを目的とする。【解決手段】本発明に係るバネ式制震ダンパー11は、上部構造と基礎構造との間に、免震装置を介在させてある免震建物構造であって、上部構造と基礎構造との間に取り付けられ、両端に端板23、24が設けられたシ...

    バネ式制震ダンパー

  6. 【課題】ヒンジ部の抜本的な補強方法を提供してヒンジ部をほぼ完璧に補強し、橋梁全体を連続化する補強構造にして、施工時及び供用時に設計値を上回る垂れ下がりや破損と劣化を防ぐと共に、安全で快適な走行性を確保する。【解決手段】橋桁2のコンクリートを打設する所定範囲にわたって両側の橋軸方向に所要長さまでPC鋼材6を配置し緊張定着して弾性張力を生じさせた後に、上記の所定範囲内に所...

    PC有ヒンジ桁橋におけるヒンジ部の補強方法および補強構造