滲透工業株式会社 に関する公開一覧

滲透工業株式会社」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「滲透工業株式会社」の詳細情報や、「滲透工業株式会社」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「滲透工業株式会社」の法人詳細ページはこちら

  1. 【課題】優れた耐摩耗性、耐食性および磁気特性を有する磁性部品を提供する。【解決手段】本発明に係る磁性部品は、鉄系材料を加工してなる鉄系部品にCr、V、Ti、Al、およびSiからなる群より選ばれる1つ以上の元素を5時間以上15時間以下の処理時間および750℃以上950℃以下の処理温度で拡散浸透させる処理を行うことにより形成された合金層を備える。

    磁性部品、当該磁性部品を用いた電子部品、および、当該磁性部品の製造方法

  2. 【課題】優れた耐摩耗性、耐食性および磁気特性を有する磁性部品を提供する。【解決手段】本発明に係る磁性部品は、鉄系材料を加工してなる鉄系部品の表面に、Cr、V、Ti、Al、およびSiからなる群より選ばれる1つ以上の元素が拡散浸透している合金層を備えており、上記合金層の厚さは5μm以上60μm以下である。

    磁性部品、および当該磁性部品を備えた電子部品

  3. 【課題】確実に鋳型の溶鋼を保温するとともに、アルミナ系介在物の凝集合体を抑制して微細分散させて、優れた疲労特性を有した鋼塊を得ることができる保温ボードを提供する。【解決手段】溶鋼11を下方から鋳型14に装入して鋼塊4を製造するに際して、鋳型14の鋼塊押湯部5を保温するために用いられる保温ボード1において、保温ボード1は、上層部3と下層部2とを有する二層構造を備え、下層...

    保温ボード

  4. 【課題】 押湯保温枠を起因とする鋳塊の介在物の発生を効果的に抑制できる新しい押湯保温枠を提供すること。【解決手段】 インゴット鋳造において鋳型上部に設置され鋳造時の押湯を形成するために用いられる本発明に係る押湯保温枠は、耐火物で成形されてなり、且つ鋳型側面および溶湯側面の少なくとも一部に樹脂塗布層が被覆されている。この押湯保温枠は、鋳型側面および溶湯側面の全面に樹...

    押湯保温枠

  5. 【課題】建築構造物の外装、又は柱梁、橋梁のボルトお接合部に於いて、気温の変化による熱膨張収縮や、地震、強風による部材間の変位により揺動する可動接合部に使用され、取付けが簡便で、長期間使用されても優れた滑り性と発音防止性、防錆能力を維持出来る、耐久性に優れた接合部材を提供する。【解決手段】金属材料の表面に形成されたクロム拡散層を少なくとも接合面に有することを特徴とする、...

    ボルト接合用の接合部材