ミシュランルシェルシュエテクニークソシエテアノニム に関する公開一覧

ミシュランルシェルシュエテクニークソシエテアノニム」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「ミシュランルシェルシュエテクニークソシエテアノニム」の詳細情報や、「ミシュランルシェルシュエテクニークソシエテアノニム」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「ミシュランルシェルシュエテクニークソシエテアノニム」の法人詳細ページはこちら

  1. 【課題】サスペンション支柱及び車輪自体の変形に容易に耐えることができる動力化システムを提供する。【解決手段】車輪2を電動化するシステムであって、エンジンブロック、車輪2に固定された駆動部材6及びエンジンブロックの出力シャフト8を駆動部材6に連結するクラッチ装置7を有するシステムに関する。エンジンブロックは、電気モータ11を有し、エンジンブロックは、航空機の地上運動のた...

    ホイールの電気的動力化システム

  2. 【課題】航空機に対して追加の冷却上の制約を課すことなく衝撃に対する感受性が著しく低く且つ良好な機械的伝動効率をもたらす動力化システムを提供する。【解決手段】懸架装置に連結された車輪を電動化するシステムであって、エンジンブロック3及び車輪に固定された駆動部材4を有する。エンジンブロック3は、マクファーソン型ストラット2の懸架部分に固定され、クラッチ装置6が、エンジンブロ...

    懸架装置に連結された車輪を動力化するシステム

  3. 【課題】ガスおよび蒸気に対する拡散バリアを改善すること。【解決手段】エラストマー基板は物質拡散バリアを有し、方法は同バリアを製造する。一実施形態では、エラストマー基板上に物質拡散バリアを製造する方法は、エラストマー基板をカチオン性溶液に暴露してエラストマー基板上にカチオン層を製造するステップを含む。本方法はまた、カチオン層をアニオン性溶液に暴露してカチオン層上にアニオ...

    薄膜拡散バリア