サッポロホールディングス株式会社 に関する公開一覧

サッポロホールディングス株式会社」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「サッポロホールディングス株式会社」の詳細情報や、「サッポロホールディングス株式会社」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「サッポロホールディングス株式会社」の法人詳細ページはこちら

  1. 【課題】新規なヘプシジン発現抑制剤、並びに鉄欠乏性貧血改善及び/又は予防用飲食品を提供すること。【解決手段】特定のフラバン、フラボノン、フラボン類からなる発現抑制剤。(−)−ガロカテキンガレート、(−)−エピガロカテキンガレート、(−)−カテキンガレート、(+)−ガロカテキン、(−)−エピガロカテキン、(−)−エピカテキンガレート、(−)−エピガロカテキン−3−O−(...

    ヘプシジン発現抑制剤、並びに鉄欠乏性貧血改善及び/又は予防用飲食品

  2. 【課題】アルコール臭が低減しているとともにキレの悪さが改善された果汁含有高アルコール飲料、果汁含有高アルコール飲料ベース、果汁含有高アルコール飲料の製造方法、及び、果汁含有高アルコール飲料の香味向上方法を提供することを課題とする。【解決手段】本発明に係る果汁含有高アルコール飲料は、アルコール度数が7%以上13%未満である果汁含有高アルコール飲料であって、糖類の含有量が...

  3. 【課題】えぐみが低減しているとともに後に残る甘味が抑制された果汁含有低アルコール飲料、果汁含有低アルコール飲料ベース、果汁含有低アルコール飲料の製造方法、及び、果汁含有低アルコール飲料の香味向上方法を提供することを課題とする。【解決手段】本発明に係る果汁含有低アルコール飲料は、アルコール度数が1%以上4.5%未満である果汁含有低アルコール飲料であって、甘味度が25g/...

  4. 【課題】短時間で硬化したさのうを製造することができる方法の提供。【解決手段】果皮及びじょうのう膜が除去された柑橘類原料をグルコン酸カルシウム及び乳酸カルシウムの混合物を含む水溶液に浸漬する工程を含み、混合物中のグルコン酸カルシウムの含有量に対する乳酸カルシウムの含有量の重量比が1.5/8.5以上8.5/1.5以下である、柑橘類のさのうを製造する方法。

    柑橘類のさのうを製造する方法、柑橘類のさのうを硬化する方法、及び柑橘類のさのう入り飲食品の製造方法

  5. 【課題】滑らかさ、甘い香りが増強しているとともに、後に残るアルコール臭が低減した芋焼酎、芋焼酎含有炭酸飲料、芋焼酎の製造方法、及び、芋焼酎の香味向上方法を提供することを課題とする。【解決手段】本発明に係る芋焼酎は、単式蒸留焼酎である芋焼酎であって、乳酸の含有量が15〜150ppmであり、β−シトロネロールの含有量が90〜300ppbである。また、本発明に係る芋焼酎は、...

  6. 【課題】濃厚な香味であるとともに、香味のさわやかさとメリハリとが増強した芋焼酎、芋焼酎含有炭酸飲料、芋焼酎の製造方法、及び、芋焼酎の香味向上方法を提供することを課題とする。【解決手段】本発明に係る芋焼酎は、単式蒸留焼酎である芋焼酎であって、β−シトロネロールの含有量が120〜600ppbであり、リノール酸エチルの含有量が60〜300ppbである。また、本発明に係る芋焼...

  7. 【課題】非侵襲で腸内環境を評価可能な方法を提供する。【解決手段】腸内環境評価方法は、ESR装置を用いて糞便中のフリーラジカル量を測定することを含む。

    腸内環境評価方法、大腸炎罹患リスク評価方法、及び腸内環境改善物質のスクリーニング方法

  8. 【課題】本発明は、新たなPCSK9阻害剤を提供することを目的とする。【解決手段】炭素数16〜24である不飽和脂肪酸又はその塩若しくはエステルを有効成分として含有する、PCSK9阻害剤。

    PCSK9阻害剤及びコレステロール代謝改善用食品組成物

  9. 【課題】高級感に優れたビールテイスト飲料を提供すること。【解決手段】酢酸イソアミルの含有量が5mg/L以上20mg/L以下であり、酢酸2−メチルブチルの含有量が0.4mg/L以上5mg/L以下であり、酢酸イソアミル及び酢酸2−メチルブチルの含有量の合計に対する、2−メチルブタノール及び3−メチルブタノールの含有量の合計が、25以下である、ビールテイスト飲料。

  10. 【課題】飲食品に付随する情報が飲食品の官能特性に与える影響を評価する方法を提供する。【解決手段】飲食品に付随する情報が官能特性に与える影響を評価する方法であって、上記情報を提示することなく被験者が上記飲食品を摂取する前後の第一脳血流変化量と、上記被験者が上記情報の提示後に上記飲食品を摂取する前後の第二脳血流変化量と、の差分に基づいて、上記被験者が感じる官能特性に与える...

    飲食品に付随する情報が官能特性に与える影響を評価する方法