小松メック株式会社 に関する公開一覧

小松メック株式会社」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「小松メック株式会社」の詳細情報や、「小松メック株式会社」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「小松メック株式会社」の法人詳細ページはこちら

検索結果:1~16件を表示(16件中) 1/1ページ目

  1. 【課題】ウインチ装置の軸方向長さが短く、荷役機械の所定位置にコンパクトに設置することができ、クラッチ油圧回路が損傷した場合でも吊り荷の落下の危険がなく、フックの自重程度の軽い荷重でフリーフォール作業が可能なウインチ装置を提供する。【解決手段】ロープを巻き取るドラム3と、ドラム3の一側に設けたサポートブラケット7aと、サポートブラケット7aに取着した油圧モータ1と、ドラ...

    ウインチ装置

  2. 【課題】ホイールクレーンの上部旋回体の後部旋回半径を小さくし、かつ、運転室の天窓をワイヤロープで損傷しないようにする。【解決手段】ブーム4を取着する一対のブラケット3,3の左右の、運転室7の反対側に平面図(b)に示すようにブーム4とブラケット3に重ねずに主ウインチ20を配置し、運転室7側に一部をブーム4とブラケット3に重ねて補助ウインチ21を配置する。これで上部旋回体...

    ホイールクレーン装置

  3. 【課題】部品精度を必要とせず、重量が軽い、安価な懸架装置の油圧サスペンションシリンダの構造を提供する。【解決手段】一端が車体のフレームに、かつ、他端がタイヤの支持部材(2)に取着され、車体の重量を受けるとともに、衝撃、振動を吸収するサスペンションシリンダ装置において、車体のフレームに取着された円筒形状のケーシング(11)と、タイヤの支持部材(2)に取着され、かつ、ケー...

    車両用サスペンションシリンダ装置

  4. 【課題】アクチュエータの起動の予兆を作業者に伝達し、微操作性を向上する制御方法を提供する。【解決手段】アクチュエータ作動用の油圧配管の振動と、アクチュエータ速度との関係を見ると、アクチュエータ配管振動が発生したA時間後にアクチュエータは起動し、アクチュエータ配管振動が低下した後にアクチュエータ速度は低下し始める。従って、配管振動を検出することによりアクチュエータの起動...

    アクチュエータの起動・停止の制御装置および制御方法

  5. 【課題】作業をしない高速走行時には変速ショックを低減し、主に作業をする低速走行時には走行トルク切れを防止して作業効率を向上する作業車両の変速制御装置を提供する。【解決手段】トルクコンバータ2の入力以前の回転を検出する第1回転検出器8と、トランスミッション3の出力軸以降の回転を検出する第2回転検出器9と、これら第1回転検出器8と、第2回転検出器9との各検出値を入力し、前...

    作業車両の変速制御装置

  6. 【課題】ロックピンを挿入、抜き操作する切換装置をジブ格納ピンの近傍に設置して、ジブ7の落下、およびジブ格納ピンやロックピン19aの破損等を防止する移動式クレーンの運転室外におけるジブ張出/格納操作装置を提供する。【解決手段】ブーム3と、このブーム3の側部に格納されるジブ7と、このジブ7を振出可能な係止装置20と、ジブ7フート部とブーム3先端部とに挿入されるロックピン1...

    移動式クレーンの運転室外に設置したジブ張出/格納操作装置

  7. 【課題】ジブの張出/格納後におけるクレーンの点検忘れを確実に防止して、ジブの落下等の事故を未然に防止する移動式クレーンにおける張出/格納後の点検指示装置を提供する。【解決手段】ジブ張出/格納専用モードから第1作業モード、または第2作業モードに切り換えたとき、その切換信号を入力して第1作業モード、または第2作業モードにおけるクレーンの作動を所定時間停止させるか、またはク...

    移動式クレーンにおけるジブの張出/格納後の点検指示装置

  8. 【課題】最縮小時にブーム基端部にデッドスペースが生じない、効率的な4段以上の同時伸縮ブームを提供する。【解決手段】第1段ブーム2に取着した第1油圧シリンダの先端に縮小用の第1滑車21を設け、第2段ブーム3の基端部に縮小用の第2滑車22および,第3滑車23を設ける。第4段ブーム5の先端に先端滑車24を設け、縮小ワイヤロープ25の一端を第3ブーム4の先端の第4係止部材26...

    4段以上の同時伸縮ブーム

  9. 【課題】作業車両の運転席近傍に配設した各種操作レバーおよび各種ペダルを運転席と一体に位置調整することができ、かつ、運転席に対して各種操作レバーの前後方向調整、各種ペダルの前後方向、上下方向調整ができるようにする。【解決手段】アームレスト3、4上に変速および操向を制御する走行操作レバー7、作業機を駆動する作業機操作レバー8を設け、シート1を載置するシート取付板の前端に取...

    作業車両の運転席

  10. 【課題】高さが高くなることなく、安価な作業車両の旋回減速装置のバックラッシュ除去機構を提供する。【解決手段】走行装置を装着した下部走行体と、下部走行体に旋回自在に支持され、かつ作業機を装備した上部旋回体との間に配設された旋回減速装置のバックラッシュを除去する機構を有する旋回減速装置のバックラッシュ除去機構において、第1駆動ピニオンと噛み合い、かつ、内歯歯車と第1駆動ピ...

    旋回減速装置のバックラッシュ除去機構

  11. 【課題】右手で作業機を操作する操作レバーを掴んだまま多段変速機の自動変速および手動変速時の速度、あるいは、前後進が制御でき、しかも、左手で操向の制御ができる操作性の良く、作業効率も良い建設機械車両の作業機および変速機シフトの制御装置を提供する。【解決手段】作業機用操作レバーのノブに付設され、自動変速選択時にキックダウンおよび手動変速選択時にシフトダウンする第1スイッチ...

    建設機械車両の作業機および変速機シフトの制御装置

  12. 【課題】伸縮ブーム42 後端の旋回半径が許容旋回半径より突出している状態で、運転者が危険な方向に操作する都度、運転者に警報を発したり、あるいは操作による作動を停止できるクレーンの安全装置を提供する【解決手段】伸縮ブーム42 後端部の旋回半径が許容旋回半径以上であって、前記伸縮ブーム42 後端部の旋回半径を更に大きくする操作時、または前記伸縮ブーム42 後端部の旋回半径...

    クレーンの安全装置

  13. 【課題】掘削作業機を搭載して効率的に安定して掘削作業を行うことができると共に、不整地および軟弱地でも車体の振動を低減して走行性の良好な作業車両の駆動装置を提供する。【解決手段】前後輪のいずれか一方を履帯式走行装置とし、他方をタイヤ式走行装置とすると共に、履帯式走行装置に支持された第1フレーム上に作業機を装着し、タイヤ式走行装置に支持された第2フレーム上に動力源を装着し...

    作業車両の駆動装置

  14. 【課題】自走式クレーンの運転室を前後移動および傾動可能とし、移動中の振動を防止する。【解決手段】旋回台5に傾動フレーム20の後端をピン21で回動自在に取着し、傾動シリンダ22で傾動可能にする。傾動フレーム20に係合し、移動装置40で前後方向に移動可能に摺動フレーム30を装着し、摺動フレーム30に運転室9を搭載する。運転室9の下部に第2係止装置60を配設する。走行時は摺...

    自走式クレーンの運転室作動装置およびその作動方法

  15. 【課題】作業車両の走行時、実作業時のいずれにも適合するようにステアリングホイール操作角を調整可能とし、ステアリング操作性を向上させる。【解決手段】ステアリングホイール8の操作角をポテンショメータ9が検出し、検出値Vi をコントローラ11に入力する。コントローラ11はソレノイドバルブ7に指令信号Vo を出力し、ソレノイドバルブ7を介してステアリングバルブ4に導かれるパイ...

    ステアリングホイール操作角可変のステアリング装置

  16. 【課題】キャブの上下移動装置を有する作業車両において、キャブを最上位置に上昇させて作業する際、車両の左右方向傾き角を検出し、必要に応じて自動的にキャブを下降させ、転倒を防止する。【解決手段】作業車両の左右方向傾き角を検出する傾斜角センサ10と、コントローラ14とを設置する。作業時における最大安定傾斜角は車両の重心高さにより変化するので、想定した重心高さから最大安定傾斜...

    作業車両のキャブの上下移動装置及び上下移動方法