ハー・ルンドベック・アクチエゼルスカベット に関する公開一覧

ハー・ルンドベック・アクチエゼルスカベット」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「ハー・ルンドベック・アクチエゼルスカベット」の詳細情報や、「ハー・ルンドベック・アクチエゼルスカベット」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「ハー・ルンドベック・アクチエゼルスカベット」の法人詳細ページはこちら

  1. 本発明は、PDE1阻害剤としての式(I)【化1】の1H−ピラゾロ[4,3−b]ピリジン並びに特に神経変性疾患及び精神障害の治療のための薬物としてのその使用を提供する。

    PDE1阻害剤としての1H−ピラゾロ[4,3−b]ピリジン

  2. 【課題・解決手段】対象のサンプル中のアルファ−シヌクレインを検出するための方法であって、a)対象からサンプルを得るステップ、5b)サンプルを発光アッセイにかけるステップ、及びc)任意選択で、結果を対照と比較するステップを含む方法。

    アルファ−シヌクレイン病のアッセイ、方法、及び治療

  3. 【課題・解決手段】本発明は、PDE1酵素阻害剤である式(I)の化合物及び特に神経変性疾患及び精神疾患の治療のための医薬品としてのその使用を提供する。本発明は、本発明の化合物を含む医薬組成物及び本発明の化合物を使用して障害を治療する方法も提供する。化1】。

    PDE1阻害剤としてのピラゾロ[3,4−b]ピリジン及びイミダゾ[1,5−b]ピリダジン

  4. 本発明は、PDE1阻害剤としての式(I)【化1】の大環状分子並びに特に神経変性疾患及び精神障害の治療のための薬物としてのその使用を提供する。

    PDE1阻害剤としての大環状分子

  5. 本発明は、神経変性疾患の治療において有用な第2の化合物と共にPDE1阻害剤としての式(I)【化1】の1H−ピラゾロ[4,3−b]ピリジン−7−アミンと、特に神経変性疾患及び/又は認知障害の治療のための薬物としてのその併用使用とを提供する。

    1H−ピラゾロ[4,3−B]ピリジンの投与を含む併用治療

  6. 本発明は、精神疾患の治療において有用な第2の化合物と共にPDE1阻害剤としての式(I)【化1】の1H−ピラゾロ[4,3−b]ピリジン−7−アミンと、特に精神疾患及び/又は認知障害の治療のための薬物としてのその併用使用とを提供する。

    1H−ピラゾロ[4,3−B]ピリジンの投与を含む併用治療

  7. 本発明は、神経変性疾患及び障害の治療で使用するためのカテコールアミンのプロドラッグである式(I)の化合物を提供する。本発明は、本発明の化合物を含む医薬組成物並びに本発明の化合物を使用して神経変性又は神経精神疾患及び障害、特にパーキンソン病を治療する方法も提供する。したがって、本発明は、式(Id)【化1】(式中、R1は、Hであり、且つR2は、以下の置換基(i)及び(ii...

    パーキンソン病の治療に使用するための新規なカテコールアミンプロドラッグ