バーテックスファーマシューティカルズインコーポレイティド に関する公開一覧

バーテックスファーマシューティカルズインコーポレイティド」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「バーテックスファーマシューティカルズインコーポレイティド」の詳細情報や、「バーテックスファーマシューティカルズインコーポレイティド」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「バーテックスファーマシューティカルズインコーポレイティド」の法人詳細ページはこちら

  1. 【課題・解決手段】本開示は、ATR阻害剤化合物に対する感受性を有するがんを同定する方法、およびそのように同定されたがんを有する被験体を、特にDNA損傷剤と組み合わせたATR阻害剤を用いて処置する方法に関する。本明細書でATR阻害剤またはATRiと称される、ある特定の毛細血管拡張性運動失調症変異およびRad3関連(ATR)キナーゼ阻害剤は、ある特定の化学療法剤と相乗作用...

    ATR阻害剤を使用するがん処置の方法

  2. 【課題・解決手段】本明細書では、一部の実施形態において、自家CRISPR−Cas9改変CD34+ヒト造血幹・前駆細胞を用いて、β−サラセミアを有する対象及び鎌状赤血球症を有する対象を処置するための方法及び組成物が提供される。

    CRISPR−CAS9改変CD34+ヒト造血幹・前駆細胞及びその使用

  3. 【課題・解決手段】本開示は、式(I)の化合物を調製するための方法を提供する。一部の実施形態では、式Iの化合物は、以下の構造を有するN−(1,3−ジメチルピラゾール−4−イル)スルホニル−6−[3−(3,3,3−トリフルオロ−2,2−ジメチル−プロポキシ)ピラゾール−1−イル]−2−[(4S)−2,2,4−トリメチルピロリジン−1−イル]ピリジン−3−カルボキサミド(化...

    嚢胞性線維症膜コンダクタンス制御因子のモジュレーターを作成するためのプロセス

  4. 【課題】ナトリウムチャネルの調節剤を提供すること。【解決手段】本発明は、ナトリウムチャネルの阻害剤として有用な、式IおよびI’のピリドンアミド化合物またはその薬学的に許容され得る塩に関する。本発明はまた、本発明の化合物を含む薬学的に許容され得る組成物、および疼痛を含む様々な障害の処置においてその組成物を使用する方法も提供する。これらの化合物および薬学的に許容され得る組...