バイオコンリミティド に関する公開一覧

バイオコンリミティド」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「バイオコンリミティド」の詳細情報や、「バイオコンリミティド」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「バイオコンリミティド」の法人詳細ページはこちら

  1. 【課題・解決手段】本発明は、構造式Vで表されるリナグリプチン中間体の新規結晶の形態B1&B2、および、以下の構造式Vで表されるリナグリプチン中間体の新規結晶の形態の生産のための方法を提供する。

    結晶のリナグリプチン中間体およびリナグリプチンの調製のためのプロセス

  2. 【課題・解決手段】本発明は、レナリドミドの新規な共結晶を提供する。本発明は、とりわけレゾルシノール、メチルパラベンおよびサッカリンとレナリドミドの新規な共結晶を提供する。本発明はまた、レゾルシノール、メチルパラベンおよびサッカリンとレナリドミドの共結晶の生産のためのプロセスを提供する。本発明はさらに、結晶性無水レナリドミド形態IVの調製のためのプロセスを提供する。

    レナリドミドの結晶形

  3. 【課題・解決手段】本発明は、ヒトインスリンおよびインスリン類似体などのタンパク質についてのペプチドマスフィンガープリンティングの技法に関する。インスリン類似体は、少なくとも1個のアミノ酸で変化し得、現在利用可能な分析方法によっては識別するにはわかりにくい。本発明は、さらにペプチドの配列の確認を可能とし、ここで該方法の実行時間は40分である。この方法は、50kDaまでの...

    インスリン&インスリン類似体の配列の同定のためのペプチドマッピング方法

  4. 【課題】標的化された/免疫調節性融合タンパク質およびそれを作製するための方法に関する。【解決手段】本発明は、一般的に、癌治療に用いられる融合タンパク質を作製する分野、より具体的には、その融合タンパク質をコードするヌクレオチド配列に関し、ここで、キメラ融合タンパク質は、少なくとも1つの標的化部分、および癌細胞の免疫寛容に対抗する少なくとも1つの免疫調節性部分を含む。

    標的化された/免疫調節性融合タンパク質およびそれを作製するための方法

  5. 【課題・解決手段】本発明は、ダサチニブ−チミン共結晶およびダサチニブ−アデニン共結晶を提供する。本発明はさらに、ダサチニブ−ブタンジオール溶媒和物を提供する。本発明はさらに、結晶性ダサチニブ−(±)−1,2−ブタンジオール、結晶性ダサチニブ(R)−1,2−ブタンジオール、結晶性ダサチニブ(S)−1,2−ブタンジオールおよび結晶性ダサチニブ(±)−2,3−ブタンジオール...

    ダサチニブの多形形態

  6. 【課題・解決手段】本発明は、糖タンパク質の脱グリコシル化の迅速で費用効率性が高い方法であって、糖タンパク質を、安定な変性糖タンパク質得るために、アニオン性表面活性剤および還元剤および非イオン性表面活性剤と合わせる、前記方法を開示する。さらに、エンドグリコシダーゼを、脱グリコシル化タンパク質を得るために、変性糖タンパク質に添加して、N−結合性グリカンを開裂させる。部分的...

    迅速で効率的な糖タンパク質の脱グリコシル化

  7. 【課題・解決手段】本発明は、CD6の過剰なリン酸化を直接低減させること、および、T細胞活性化およびシグナル伝達と関連する主要な分子のドッキングを防止することによる、活性化ALCAM−CD6共刺激シグナルの減少を伴う、イトリズマブの作用の主要なメカニズムを開示する。

    CD6のリン酸化を低減させるためのイトリズマブの使用

  8. 【課題・解決手段】本発明は、式Iで表されるリラグルチドの効率的な固相合成に関する。本発明は、固相アプローチを採用する逐次カップリングによるリラグルチドの調製のための効率的なプロセスに関する。これは、リラグルチドの骨格を調製するための保護アミノ酸の逐次カップリングおよび線形配列の完成時にγ−グルタミン酸およびパルミチン酸を添加することによって合成をリジン側鎖から延長し、...

    リラグルチドの合成

  9. 【課題・解決手段】本発明は、N−(3−カルボキシル−1−オキソプロピル)−(4s)−(p−フェニルフェニルメチル)−4−アミノ−2R−メチル酪酸エチルエステルナトリウム塩の結晶形B1、N−(3−カルボキシル−1−オキソプロピル)−(4s)−(p−フェニルフェニルメチル)−4−アミノ−2R−メチル酪酸エチルエステルナトリウム塩の結晶形B2、N−(3−カルボキシル−1−オ...

    アモルファスサクビトリルバルサルタン三ナトリウムおよびその調製のためのプロセス

  10. 【課題・解決手段】本発明は、CD6リガンドである活性化白血球細胞接着分子(ALCAM)とのCD6の相互作用を遮断することなくCD6のSRCRドメイン1(D1)に結合するヒト化IgG1抗CD6モノクローナル抗体(T1h)を使用する、狼瘡の処置のために有用な組成物および方法に関する。

    モノクローナル抗体および狼瘡の処置のための使用の方法