日本無線株式会社 に関する公開一覧

日本無線株式会社」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「日本無線株式会社」の詳細情報や、「日本無線株式会社」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「日本無線株式会社」の法人詳細ページはこちら

  1. 【課題】航海中の撮影画像を複数の船舶で共有するための船舶用画像配信システムを提供する。【解決手段】画像配信設備4は、複数の船舶Sが航海中に撮影した撮影画像を配信画像データベースに蓄積しており、船舶Sに搭載された海図表示装置3から、船舶Sの位置と進行方向とを含む配信要求を受けた場合には、配信要求に適合した配信画像を選択して、配信要求を送信した海図表示装置3に配信画像を配信する。

    船舶用画像配信システム

  2. 【課題】航海中に発生した事象がより明確に記録可能な船舶用画像管理装置を提供する。【解決手段】船舶に搭載された海図表示装置は、携帯端末2で撮影された撮影画像321を受信して撮影画像データベース32に記憶し、タッチパネル34を利用して撮影画像321上に書き込まれた書込情報331を書込情報データベース33に記憶する。撮影画像321を複数の船舶で共有利用するために画像配信設備...

    船舶用画像管理装置

  3. 【課題】 準天頂衛星からのL6信号の遮断を正確に判断することを可能にし、L6信号の補強情報を確実に取得することを可能にする衛星信号受信装置を提供する。【解決手段】 衛星からの衛星信号を受信してL1C/A信号の追尾を行うL1C/A受信処理部10と、衛星信号を受信してCSK変調されているL6信号の追尾を行うL6受信処理部20と、L1C/A受信処理部10が受信したL1C...

    衛星信号受信装置

  4. 【課題】空気が混入していない検体をSAW素子に滴下し、適正な診断を行うことが可能な検体診断装置を提供する。【解決手段】 検体Kが接触するSAW素子5と、SAW素子5をカバーするカセット3と、筒状で検体Kを収容し、一端に滴下口41を有する滴下容器4と、を備える。カセット3には、滴下容器4の一端側を下向きに装着した状態で、滴下口41がSAW素子5に密着し、滴下容器4を略...

    検体診断装置

  5. 【課題】SAW素子の上方にメンブレンを配設する場合でも、SAWセンサの伝搬路の表面を検体で適正に濡らすことが可能な検体診断装置を提供する。【解決手段】 検体Kが接触する伝搬路33を有するSAW素子3と、伝搬路33の周囲を囲むように配置された封止部材4と、封止部材4の上に配置され、多孔質素材で構成されたメンブレン5と、を備える。伝搬路33とメンブレン5との間に所定高さ...

    検体診断装置

  6. 【課題】SAWデバイスに必要な液量の検体に反応物質を溶かして検体と反応させることが可能な弾性表面波センサを提供する。【解決手段】滴下孔221から滴下された検体をSAWデバイス4まで流動させる供給路5に、上流側から流れてきた液状の検体と反応する2次抗体(反応物質)を保持する物質保持部8と、この物質保持部8の下流側に配置され2次抗体と反応した検体をSAWデバイス4へ供給す...

    弾性表面波センサ

  7. 【課題】表面から内部に向けてクラックが発生した測定対象を直達波の影響を受けずに画像化する非破壊検査システムおよび非破壊検査方法を提供する。【解決手段】複数の送受信素子141,1〜146,6からコンクリート構造体130に超音波を送信し、コンクリート構造体130からの反射波を送受信素子141,1〜146,6で受信して得られた測定波形から、クラックCを挟むように配置された送...

    非破壊検査システムおよび非破壊検査方法

  8. 【課題】 直達波の画像化を防ぐことを可能にする非破壊検査システムを提供する。【解決手段】 送受信素子の各組み合わせで得た測定波形を基に測定対象を画像化するために、ノートパソコン20は、各組み合わせに対応する送受信間距離を得る処理と、送受信間距離が同じ組み合わせで得ると共に供試体210の測定で得た測定波形を平均化して、直達波を含む平均波形を予め算出する処理を繰り返し...

    非破壊検査システム

  9. 【課題】ターゲット波形のS/N比を高くし、ターゲットの判別を容易にする非破壊検査システムを提供する。【解決手段】非破壊検査システム1は、コンクリートで造られた建物等を検査するための装置であり、超音波を送受信するセンサ10と、センサ10から測定波形信号を受信するとコンクリート構造体の内部画像を作成する信号処理部22を備えたノートパソコン20を有する。信号処理部22は、測...

    非破壊検査システム

  10. 【課題】移動体の大きさをより正確に認識可能な移動体認識レーダ装置を提供する。【解決手段】電波を送信して移動体から反射した電波を信号処理して得られた検出点D1、D2を、クラスタリングして移動体を認識する移動体認識レーダ装置において、異なる方向から電波を送受信する複数のレーダ送受信機2、3と、それぞれのレーダ送受信機2、3の検出点D1、D2ごとにクラスタリングして複数のク...

    移動体認識レーダ装置

  11. 【課題】並走している複数台の車両が認識可能なレーダ信号処理装置およびレーダ信号処理プログラムを提供する。【解決手段】複数車線の道路に電波を送信して道路を走行する車両から反射した電波を受信し、受信した電波を信号処理して得られた検出点をクラスタリングして車両のクラスタを生成し、クラスタを追尾する信号処理装置において、車線情報と、クラスタを追尾した追尾情報とに基づいて、隣り...

    レーダ信号処理装置およびレーダ信号処理プログラム

  12. 【課題】 サイドローブによる影響だけを低減することができるレーダ装置、レーダ装置の偽像低減方法およびレーダ装置の偽像低減プログラムを提供する。【解決手段】 レーダ装置1は、受信アンテナ12からの受信信号を処理して物標を表す処理信号を作成する信号処理装置20を備える。信号処理装置20は、処理信号を基に物標を検出する物標検出部21Aと、物標検出部21Aが検出した検出物...

    レーダ装置、レーダ装置の偽像低減方法およびレーダ装置の偽像低減プログラム

  13. 【課題】仮想アンテナ素子を含むアレーアンテナで複数のターゲットを精度よく検知するとともに、このアレーアンテナの信号処理装置とを提供する。【解決手段】所定の間隔dごとに複数の配設位置P−7〜P7が設けられ、この配設位置のうち一部の配設位置P0、P1、P2、P4、P7に実在アンテナ素子F0、F1、F2、F4、F7が配設され、他の配設位置P3、P5、P6に実在アンテナ素子が...

    アレーアンテナおよびアレーアンテナの信号処理装置

  14. 【課題】少ない実在アンテナ素子で近距離の方位と高さを検出し、かつ、遠距離を高感度に検出することが可能なアレーアンテナ装置を提供するアレーアンテナ装置を提供する。【解決手段】水平方向と垂直方向に規定間隔で設けられた格子に充填されない状態で配置された受信用実在アンテナ素子RF1に対し、水平および垂直の斜め方向から到来する信号によって生じるアンテナ素子間の位相差を利用して、...

    アレーアンテナ装置

  15. 【課題】少ない実在アンテナ素子でより大開口化に対応可能なアレーアンテナ装置を提供する。【解決手段】第1の間隔d1ごとに複数の第1の配設位置が設けられ、一部の第1の配設位置に第1の実在アンテナ素子FTが配設され、他の第1の配設位置には第1の実在アンテナ素子FTが配設されない第1の仮想アンテナ素子VTが配設された送信アンテナ3と、第2の間隔d2ごとに複数の第2の配設位置が...

    アレーアンテナ装置

  16. 【課題】少ない実在アンテナ素子で方位と高さを検出することが可能なアンテナ装置を提供する。【解決手段】横方向に複数の配設位置Pが設けられ、一部の配設位置Pに実在アンテナ素子RFが配設され、他の配設位置Pには実在アンテナ素子RFが配設されない仮想アンテナ素子VFが配設された水平アンテナ素子群HAが、複数縦方向に、かつ、端部が横方向にずれるように配設され、すべての実在アンテ...

    アンテナ装置

  17. 【課題】仮想的にアンテナ素子を短い間隔で配設可能なMIMOレーダー用アンテナ構造を提供する。【解決手段】送信アンテナ3は、第1の間隔dTごとに複数の送信アンテナ素子FTが配設され、受信アンテナ4は、第2の間隔dRごとに複数の受信アンテナ素子FRが配設され、送信アンテナ3と受信アンテナ4とによるMIMOアレー処理によって生成される仮想アンテナ素子FVの配設間隔を所望間隔...

    MIMOレーダー用アンテナ構造

  18. 【課題】本発明は、超音波の伝搬時間の測定精度を向上させることを目的とする。【解決手段】気体濃度測定装置は、第1超音波を濃度測定空間に送信し、当該第1超音波に時間的に続く第2超音波を濃度測定空間に送信する送信回路38および送信振動子16と、濃度測定空間を伝搬した超音波を受信する受信振動子18および受信回路40と、第1超音波および第2超音波が送信されたタイミング、ならびに...

    超音波送信器、伝搬時間測定装置、気体濃度測定装置および伝搬時間測定プログラム

  19. 【課題】本発明は、超音波の伝搬時間の測定精度を向上させることを目的とする。【解決手段】演算部としてのプロセッサ28には、直接波信号の上限包絡線の変化率である第1上限変化率、および直接波信号の下限包絡線の変化率である第1下限変化率に基づいて求められた第1相関対象信号と、1往復遅延波信号の上限包絡線の変化率である第2上限変化率、および1往復遅延波信号の下限包絡線の変化率で...

    伝搬時間測定器、気体濃度測定装置、および伝搬時間測定プログラム

  20. 【課題】測定装置に表面弾性波センサが挿入された際に、挿入された表面弾性波センサの検査の種類を識別することができる表面弾性波センサを提供する。【解決手段】本発明の表面弾性波センサは、表面弾性波を基板上に励起し、当該表面弾性波の特性変化により基板上の検出部に載置あるいは接触させた被検出物の物性を測定する表面弾性波センサであって、検出用前記表面弾性波とは別に、表面弾性波セン...

    表面弾性波センサ及び測定システム

  1. 1
  2. 2
  3. 3