セントレ・ナショナル・デ・ラ・レシェルシェ・サイエンティフィーク に関する公開一覧

セントレ・ナショナル・デ・ラ・レシェルシェ・サイエンティフィーク」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「セントレ・ナショナル・デ・ラ・レシェルシェ・サイエンティフィーク」の詳細情報や、「セントレ・ナショナル・デ・ラ・レシェルシェ・サイエンティフィーク」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「セントレ・ナショナル・デ・ラ・レシェルシェ・サイエンティフィーク」の法人詳細ページはこちら

  1. 本発明は、下記の式(Ie)の化合物、又はその薬学的に許容される塩のいずれか一つに関し、 【化1】 ここで、Y1はアリール基を表し、X2は、-O-基、-NH-基、-S-基、-CO-NH-基、-NH-CO-NH-基、-NH-CO-基、-CH(OH)-基、-CH(COOH)NH-基、-CH(COOCH3)NH-基、-C(OH)(CH2OH)-、 【化2】1、2、3又は...

    RNAウィルス感染を処置する為のアリール−N−アリール誘導体

  2. 本発明は、下記の式(Ic)の化合物、又はその薬学的に許容される塩のいずれか一つに関する。【化1】 ここで、X2は、-CO-NRk-基(ここで、Rk は、水素原子又はメチル基を表す)、-NH-CO-NH-基、-OCH2-基、-CH(OH)-基、-NH-CO-基、-O-基、-O-(CH2)s-O-、-CO-基、-SO2-基、1、2、3又は4個のヘテロ原子を含む二価の5員...

    RNAウィルス感染を処置する為のアリール−N−アリール誘導体

  3. 本発明は、RNAウィルス感染、特にボルティモア分類の第IV群又は第V群由来のRNAウィルス感染、を処置及び/又は予防における使用の為の下記の式(I)の化合物、又はその薬学的に許容される塩のいずれか一つに関する。【化1】ここで、は、塩素原子又は水素原子を表し、Rは、(C1〜C4)アルキル基、(C3〜C6)シクロアルキル基、ハロゲン原子、(C1〜C5)アルコキシ基、-SO...

    RNAウィルス感染を処置する為のフェニル−N−キノリン誘導体

  4. 本発明は、ボルティモア分類の第IV群又は第V群に属するRNAウィルスによって引き起こされるRNAウィルス感染の処置及び/又は予防における使用の為の下記の式(I)の化合物、又はその薬学的に許容される塩のいずれか一つに関する。【化1】ここで、X1は、アルケニレン基、-NH-CO-基、-CO-NH-基を表し、Y1は、ピリジル基、ピラジニル基又はピリミジニル基から選択されるア...

    RNAウィルス感染を処置する為のアリール−N−アリール誘導体

  5. 【課題・解決手段】本発明は、下記の式(I) Ra−POLYPEP−Rc (I) 式中、 POLYPEPは、ポリアミノ酸化合物であり、 Raは、N−保護基を意味し、 Rcは、−O−Rdを意味し、Rdは、水素原子、(C1〜C24アルキル)基、1以上のフェニル基によって置換されたメチル基、非置換の(C6〜C10)アリール基、O−保護基、又は−NReRf基...

  6. 【課題】炎症性疾患を処置するおよび/または予防するために効率的である新規キノリン誘導体の同定、並びに炎症性疾患に対するキノリン誘導体の新規な治療的使用方法の提供。【解決手段】炎症性疾患の処置および/または予防における使用の為の下記一般式Iの化合物であって、具体的には、例えば8−クロロ−5−(3−(ピペリジン−1−イル)プロポキシ)−N−(4−(トリフルオロメチル)ピリ...

    炎症性疾患の処置のためのキノリン誘導体

  7. 【課題・解決手段】本発明は、NCO末端基を有する少なくとも1つのポリウレタンと、第三級アミンから選択される少なくとも1つの触媒Bとを含有する組成物の製造方法に関し、この方法は、以下の工程を含むものである:a)NCO末端基を有するポリウレタンを製造する工程であって、当該工程は、ポリオール組成物とポリイソシアネート組成物とを、有機金属触媒(スズ系触媒は除く)、第三級アミン...

  8. 【解決手段】本発明は、一又は複数の被保護回路(IP1〜IPN)と、一又は複数の被保護回路を起動させるためのライセンスをライセンス発行部(104) に要求するように構成されているライセンス制御回路(110) とを備えた集積回路に関し、ライセンスを要求するライセンス要求がシード値(SEED)を含んでおり、集積回路は、ライセンス発行部から受信するライセンスの信頼性をシード値...

    IPブロックの使用を許可して測定するためのシステム及び方法

  9. 【課題・解決手段】本発明は、個人のバランスを表す値を取得するために前記個人のバランスを定量化するための方法に関し、前記方法は、少なくとも1つのデータ処理モジュール、1つの記憶手段、および1つの分類モジュールを備えるデバイスによって実施されるものであり、前記方法は詳細には、 − いくつかの重心動揺図の部分を生成するために、個人の重心動揺図を、時間の関数として分割する...

    バランスを定量化するための改善された方法

  10. 【課題・解決手段】本体と、ホット電極と呼ばれる、給電されるべき電極と、接地電極と呼ばれる、電気的に接地されるべき電極と、を備えている電気音響機器であって、 該本体が圧電性部分を備えており、又は該電気音響機器が更に、該本体と異なる圧電性部分を備えており、 該ホット電極が螺旋軸(Z)の周りを螺旋状に巻くホットトラックを備えており、該ホットトラックの2つの隣り合うコイル...

    音響ピンセット