株式会社島津製作所 に関する公開一覧

株式会社島津製作所」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「株式会社島津製作所」の詳細情報や、「株式会社島津製作所」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「株式会社島津製作所」の法人詳細ページはこちら

  1. 【課題】使用者の負担を低減しつつバッチファイルを作成することが可能なクロマトグラフ用データ処理装置および自動試料注入装置を提供する。【解決手段】試料の分析条件、試料の調製条件および試料の種類のうち少なくとも1つを含む第1の分析情報が少なくとも1種類の治具に割り当てられ、治具は複数の試料保持部のいずれかに対応して配置可能である。各試料保持部に試料が保持されているか否かを...

    クロマトグラフ用データ処理装置および自動試料注入装置

  2. 【課題】容易かつ正確に組み立てることができる細胞観察装置を提供すること。【解決手段】細胞観察装置1は、コヒーレント光L0を出射する光源2と、コヒーレント光L0に起因し、細胞Qに向かう物体光L1が通過する第1コア部41と、コヒーレント光L0に起因し、物体光L1との間で干渉縞を生じさせる参照光L2が通過する第2コア部42とを有する光導波路4と、干渉縞を検出する検出部6とを...

    細胞観察装置

  3. 【課題・解決手段】細胞のホログラム画像から演算によって位相像を形成し、該位相像について全層畳み込みニューラルネットワークを用いて画素毎にセグメンテーションを行い、未分化細胞領域、未分化逸脱細胞領域、異物領域などを識別する。学習時には、ミニバッチに含まれる学習画像が読み込まれると(S13)、該画像はランダムに上下又は左右反転された(S13)あと、ランダムな角度だけ回転さ...

    細胞画像解析方法、細胞画像解析装置、及び学習モデル作成方法

  4. 【課題・解決手段】細胞をホログラフィック顕微鏡で撮影することで得られたホログラム画像から演算によって位相像を形成し、該位相像について全層畳み込みニューラルネットワーク(FCN)を用いたセグメンテーションを行って未分化細胞領域と未分化逸脱細胞領域とを識別する。通常のFCNでは畳み込み前にゼロパディングが実施される。これに対し本発明では、干渉縞の欠損によって画質が劣るため...

    細胞画像解析方法、細胞画像解析装置、及び学習モデル作成方法

  5. 【課題・解決手段】このX線位相差撮像システム(100)は、X線源(1)と、検出器(5)と、複数の格子と、画像処理部(11)と、被写体(T)をX線の光軸方向周りに回動させることにより、被写体(T)の所定の部分を、複数の格子の格子が延びる方向(Y方向)およびX線の光軸方向と直交する面内において複数の格子の格子が延びる方向と交差する方向(X方向)に向けることが可能な被写体回...

    X線位相差撮像システム

  6. 【課題・解決手段】液漏れ検知装置はオーブンに用いられる。該オーブンは、密閉される内部空間を有し、内部空間に試料流路が設けられ、試料流路内を液体試料が流れるオーブン筐体(1)と、内部空間に設けられ、内部空間を加熱するヒータ(2)と、を備える。該液漏れ検知装置は、内部空間に設けられ、試料流路から内部空間に漏洩し気化した液体試料を検出するガスセンサー(4)を備える。液漏れ検...

    液漏れ検知装置及びオーブン

  7. 【課題・解決手段】アミロイドβ(Aβ)に関連するペプチドAPP669−711を含む、N末端がAPP669から始まるペプチド(総称として、これをAPP669−xと呼ぶ)を認識する抗体を提供する。さらに、その抗体を用いてAPP669−xを測定する方法を提供する。分析対象ポリペプチドを高感度で検出及び定量できるサンドイッチ免疫測定法を提供する。APP669−xペプチドのN末...

    APP669−xのN末端を特異的に認識する抗体、及び免疫測定法

  8. 【課題・解決手段】定量において予め定められた順序で順次実行される複数の工程にそれぞれ対応する複数のパラメータ設定画面が順次表示され、複数の工程にそれぞれ対応する複数の工程指標が表示されるように表示部が制御される。複数のパラメータ設定画面において、複数の工程にそれぞれ対応する複数のパラメータの入力が受け付けられる。各パラメータ設定画面におけるパラメータの入力の受け付けが...

    分光分析制御装置、分光分析装置、分光分析制御方法および分光分析制御プログラム

  9. 【課題】微分波を波形変換するフィルタを有するX線分析装置において、高い計数率を確保する。【解決手段】X線分析装置1は、X線を検出するX線検出器12と、X線検出器12で検出された階段波を微分波に変換する微分回路16と、微分波を入力波形として複数回の差分処理を行なうことによってピークを有する所定の出力波形に変換する2回差分フィルタ46bと、所定の出力波形におけるピークの波...

    X線分析装置、X線分析用信号処理装置およびX線分析方法

  10. 【課題・解決手段】本発明は、以下のステップ:(a)サンプル中のモノクローナル抗体を捕捉して多孔質体の細孔内に固定化するステップ、(b)該モノクローナル抗体を固定化した多孔質体と、プロテアーゼを固定化したナノ粒子とを接触させてモノクローナル抗体の選択的プロテアーゼ消化を行うステップ、及び(c)選択的プロテアーゼ消化によって得られたペプチド断片を液体クロマトグラフ質量分析...

    モノクローナル抗体の検出結果を向上する方法

  11. 【課題】検出器の配置角度に依存せず、例えば分子量算出精度および粒子径算出精度を良好に維持することができる光散乱検出装置および光散乱検出方法を提供すること。【解決手段】光散乱検出装置1は、試料セル2と、試料セル2にコヒーレント光L1を照射する光源3と、試料セル2から周囲に異なる散乱角を以て散乱する散乱光L3を受光する複数の検出器4と、散乱光L3を制限する複数のアパーチャ...

    光散乱検出装置および光散乱検出方法

  12. 【課題】微分波を波形変換するフィルタを有するX線分析装置において、フィルタに入力される微分波のベースラインを適切に調整する。【解決手段】X線分析装置1は、X線を検出するX線検出器12と、X線検出器12で検出された階段波を微分波に変換する微分回路16と、微分波を符号無しの2進数で示されるデジタル信号に変換するADC20と、ADC20によって変換されたデジタル信号の最上位...

    X線分析装置、X線分析用信号処理装置およびX線分析方法

  13. 【課題】フレキシブル性を有する対象物に繰り返し応力を印加したときの応力発光体の発光分布の変化を解析する。【解決手段】光源は、フレキシブル性を有するサンプルの少なくとも所定領域に配置された応力発光体に励起光を照射する。第1ドライバは、ホルダを第1のホルダ位置および第2のホルダ位置の間で周期的に移動させることにより、サンプルに繰り返し応力を印加する。カメラは、繰り返し応力...

    応力発光測定装置、応力発光測定方法および応力発光測定システム

  14. 【課題】フレキシブル性を有する対象物に繰り返し応力を印加したときの応力発光体の応力発光を測定かつ解析する。【解決手段】光源は、フレキシブル性を有するサンプルの少なくとも所定領域に配置された応力発光体に励起光を照射する。第1ドライバは、ホルダを第1のホルダ位置および第2のホルダ位置の間で周期的に移動させることにより、サンプルに繰り返し応力を印加する。カメラは、繰り返し応...

    応力発光測定装置、応力発光測定方法および応力発光測定システム

  15. 【課題・解決手段】分析用装置で発生した廃液の廃液タンクまでの排出経路上に設けられた廃液受け部によって一旦、廃液を受ける。廃液受け部に隣接して流出液受け部を配置し、廃液受け部と流出液受け部を一定の高さの仕切りによって仕切り、流出液受け部に液センサを配置する。廃液の排出に異常が発生した場合、廃液受け部内に溜まった廃液が仕切りを越えて流出液受け部側へ流入し、液センサによって...

    廃液監視装置

  16. 【課題・解決手段】イオン化室10と、イオン化室10に設けられた、試料ガスを導入する試料ガス導入口14と、イオン化室10に向けて電子ビームを放出する電子ビーム放出部11と、イオン化室10の壁面のうち電子ビーム放出部11から放出される電子ビームの経路上に形成された、該経路の方向の長さが該方向に直交する断面の幅よりも長い電子ビーム通過口10a、10bと、イオン化室10に設け...

    イオン化装置及び質量分析装置

  17. 【課題・解決手段】同期条件設定処理部(251)は、探針(6)への電圧印加開始のタイミングと分析開始のタイミングを同期させたいMRMトランジションについてのユーザの選択を受け付ける。質量分析制御部(255)は予め設定された複数のMRMトランジションのMRM測定を実行するサイクルを繰り返すように質量分析部を制御する一方、イオン化制御部(254)は探針(6)の上下動と探針(...

    探針エレクトロスプレーイオン化質量分析装置

  18. 【課題・解決手段】ユーザが操作部(2)で所定の操作を行うと、画像探索部(16)は、m/z値毎に、試料(6)に対して収集されたMSイメージングデータに基づいて作成されるMSイメージング画像のエントロピーを計算し、エントロピーが大きな画像を探索してその画像を与えるm/z値候補の一覧を作成して表示部(3)に表示する。一方、ユーザがm/z値候補の自動選択を指定しない場合、m/...

    イメージング質量分析装置

  19. 【課題・解決手段】画像作成装置は、被検者の骨部を含む領域のX線画像から骨部を除去した画像を作成するためのものであり、被検者の骨部を含む領域のCT画像データに対して被検者に対するX線照射部とX線検出部の幾何学的透視条件を模擬した仮想的透視投影を行うことにより骨部を含む領域の第1DRR画像と骨部を示す第2DRR画像とを作成するDRR画像作成部81と、第1DRR画像と教師画...

    画像作成装置及び学習済モデルの生成方法

  20. 【課題】消滅放射線の飛行時間差情報を含むポジトロンCTの計測データに基づいて吸収係数画像を推定する場合に、吸収係数画像の推定が不適切になるのを抑制することが可能な吸収係数画像推定方法を提供する。【解決手段】この吸収係数画像推定方法は、γ線の飛行時間差情報を含むポジトロンCTの計測データに基づいてμ’を算出する工程と、順投影後のデータがMprojに近づくように構成された...

    吸収係数画像推定方法、吸収係数画像推定プログラム、および、ポジトロンCT装置

  1. 1
  2. 2