カールスルーアー・インスティトゥート・フュア・テヒノロギー に関する公開一覧

カールスルーアー・インスティトゥート・フュア・テヒノロギー」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「カールスルーアー・インスティトゥート・フュア・テヒノロギー」の詳細情報や、「カールスルーアー・インスティトゥート・フュア・テヒノロギー」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「カールスルーアー・インスティトゥート・フュア・テヒノロギー」の法人詳細ページはこちら

検索結果:1~4件を表示(4件中) 1/1ページ目

  1. 【課題・解決手段】動いている基材を間欠塗工するための装置であって、前記基材は、前記装置に対して相対的に搬送方向Uに動いており、前記装置は、少なくとも2つのノズルジョーを有するノズル本体を有しており、前記ノズルジョー同士の間には、切欠部を有する挿入フィルムが設けられており、前記挿入フィルムの前記切欠部は、前記ノズル本体の内部でノズルスリットを形成しており、前記ノズルスリ...

    間欠塗工するための方法及び装置

  2. 【課題】接着剤によってテキスタイルを建築部材の表面に接着接合する建築部材の補強方法を提供する。【解決手段】接着剤によってテキスタイル11、12、13を建築部材の表面に接着接合する工程を含む建築部材の補強方法であって、接着接合前のテキスタイル11、12、13は≧1.0の延性を有し、硬化状態における接着剤は≧1.5の延性を有し、接着接合後の建築部材は≧2の延性を有する。こ...

    建築部材の補強方法

  3. 【課題・解決手段】本発明の対象は、X線、シンクロトロン放射線、又は、他の放射線を用いてバッテリをin situ(その場)分析するための装置である。前記装置は、試料キャリアを有しており、前記試料キャリアは、中心軸線を中心にして回転可能に支持された試料ホイールとして実現されている。前記試料キャリア上には、複数の試料ホルダが配置されており、前記複数の試料ホルダの各中心点は、...

    in  situ(その場)分析のためのバッテリキャリア

  4. 【課題・解決手段】本発明は、電気化学セル(50,60,70,80,90)の導体(52,62,72,82,92,56,66,76,86,96)の電気的接触のためのコネクタ(10)に関しており、この場合相対向する2つの平面(18,20)を有するベース要素(16)が設けられており、前記2つの平面(18,20)の少なくとも一方に、接触方向(100)において前記平面(18,20...

    電気化学セルの導体の電気的接触のためのコネクタ