日本板硝子株式会社 に関する公開一覧

日本板硝子株式会社」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「日本板硝子株式会社」の詳細情報や、「日本板硝子株式会社」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「日本板硝子株式会社」の法人詳細ページはこちら

  1. 【課題】Low−Eガラスに用いられる層のスパッタリングによる形成において、アーキングの発生を防止することができる、ガラス積層体の製造方法を提供する。【解決手段】本発明のガラス積層体の製造方法は、スパッタリング法により、ガラス板上に、銀または銀合金を含む第1層を形成するステップと、スパッタリング法により、前記第1層上に、ニオブ酸化物またはニオブドープ酸化物を含有する第2...

    ガラス積層体の製造方法

  2. 【課題】高い紫外線遮蔽機能を有する、車両用のガラス積層体を提供する。【解決手段】本発明のガラス積層体は、車両に取り付けられるガラス積層体であって、少なくとも1つのガラス板を含む、ガラス体と、少なくとも1つの前記ガラス板に配置された紫外線遮蔽膜と、を備え、前記ガラス体は、Tuv400≦50%を充足し、前記ガラス積層体は、波長が400nmの光の透過率が10%以下であり、さ...

    ガラス積層体

  3. 【課題】簡素な構成で固体撮像素子の分光感度を人間の視感度に近づけるうえで有利な特性を有し、かつ、良好な耐湿性を有する紫外線及び赤外線吸収フィルタのための紫外線及び赤外線吸収性組成物を提供する。【解決手段】式(a)で表されるホスホン酸と銅イオンとによって形成され、紫外線及び赤外線吸収性組成物において分散している吸収剤と、吸収剤を分散させるリン酸エステルと、マトリクス樹脂...

    紫外線及び赤外線吸収性組成物並びに紫外線及び赤外線吸収フィルタ

  4. 【課題】不要な光線を遮蔽でき、かつ、光の入射角度がより大きい場合においても撮像装置によって生成される画像に色むらが発生することを防止するのに有利な特性を有する光学フィルタを提供する。【解決手段】光学フィルタ1aは、光吸収層10が、近赤外線領域の一部の光を吸収し、0°の入射角度で波長300〜1200nmの光を入射させたときに、分光透過率に関する下記の所定の条件を満たす。...

    光学フィルタ及び撮像装置

  5. 【課題】フルオロアルキル基を有するオルガノシラン化合物を必要とせず、低屈折率コーティングに有利な膜を提供する。【解決手段】膜(1)は、中空粒子(10)と、バインダー(20)とを備えている。中空粒子は、1.15〜2.70の屈折率を有する材料でできている。バインダー(20)は、少なくともポリシルセスキオキサンによって形成され、中空粒子(10)を結着する。膜(1)は、Ib/...

    膜、液状組成物、光学素子、及び撮像装置

  6. 【課題】試料を温度領域の所定の位置に正確に停止させる。【解決手段】反応処理装置30は、流路12が形成された反応処理容器10と、送液システム37と、流路12に高温領域と低温領域を提供する温度制御システム32と、流路12の蛍光検出領域を通過する試料20を検出する蛍光検出器50と、検出された信号に基づいて送液システム37を制御するCPU36とを備える。第n+1サイクルにおけ...

    反応処理装置

  7. 【課題】2枚のガラス板の少なくとも一方が、楔形であるとき、端面の見栄えをよくすることができるウインドシールド及びその製造方法を提供する。【解決手段】本発明は、第1面及び第2面を有する第1ガラス板と、第1面及び第2面を有し、当該第1面と前記第1ガラス板の第2面とが対向するように配置される、第2ガラス板と、前記第1ガラス板と第2ガラス板との間に挟持される中間膜と、を備え、...

    ウインドシールド

  8. 【課題】楔形のガラス板の強度を向上することができる、ウインドシールド及びその製造方法を提供する。【解決手段】本発明に係るウインドシールドは、第1面及び第2面を有する第1ガラス板と、第1面及び第2面を有し、当該第1面と前記第1ガラス板の第2面とが対向するように配置される、第2ガラス板と、前記第1ガラス板と第2ガラス板との間に挟持される中間膜と、を備え、前記第1ガラス板は...

    ウインドシールド

  9. 【課題】透視歪みをさらに改善することができる、ウインドシールドを提供する。【解決手段】本発明に係るウインドシールドは、車両に取付けられるウインドシールドであって、車外側を向く第1面、及び車内側を向く第2面を有する外側ガラス板と、車外側を向く第1面、及び車内側を向く第2面を有し、当該第1面と前記外側ガラス板の第2面とが対向するように配置される、内側ガラス板と、前記外側ガ...

    ウインドシールド

  10. 【課題】遮蔽層と、遮蔽層が設けられていない領域との境界付近に歪みが生じるのを防止することができる、ガラス板モジュール及びこれを備えたウインドシールドを提供する。【解決手段】本発明に係るガラス板モジュールは、第1面及び第2面を有し、周縁に上辺、下辺、右辺、及び左辺を有する矩形状の第1ガラス板と、前記第1ガラス板の第1面または第2面上で、前記周縁に沿って積層される第1遮蔽...

    ガラス板モジュール

  11. 【課題】FMアンテナが実装された車両用窓ガラスにおいて、その近傍に導体が配置されていても、FMアンテナの受信感度への影響を低減することができる、車両用窓ガラスを提供する。【解決手段】車両用窓ガラスは、ガラス板と、ガラス板の上下方向の中央付近に配置されるデフォッガ2と、デフォッガの上方に配置される第1FMアンテナ3と、デフォッガの下方に配置される調整素子5と、を備える。...

    車両用窓ガラス

  12. 【課題】入射角依存性が少ない良好な赤外線遮断特性を有する赤外線カットフィルタを提供する。【解決手段】赤外線カットフィルタ10は、透明誘電体基板12と、透明誘電体基板12の一方の面上に形成された赤外線を反射する赤外線反射層14と、透明誘電体基板12の他方の面上に形成された赤外線を吸収する赤外線吸収層16とを備える。赤外線吸収層16は、赤外線吸収色素を含有する樹脂から形成...

    赤外線カットフィルタ、撮像装置および赤外線カットフィルタの製造方法

  13. 【課題】情報取得装置による情報の取得を正確に行うことができるような発熱が可能な、ウインドシールドを提供する。【解決手段】本発明に係る合わせガラスは、光の照射及び/又は受光を行うことで車外からの情報を取得する情報取得装置が配置可能な自動車のウインドシールドであって、第1辺と、及び前記第1辺と対向する第2辺を有する外側ガラス板と、前記外側ガラス板と対向配置され、前記外側ガ...

    ウインドシールド

  14. 【課題】2枚のガラス板の間に機能層を配置した合わせガラスであって、見た目の品質を向上することができる、合わせガラスを提供する。【解決手段】本発明に係る合わせガラスは、第1辺と、及び前記第1辺と対向する第2辺を有する外側ガラス板と、前記外側ガラス板と対向配置され、前記外側ガラス板と略同形状の内側ガラス板と、前記外側ガラス板と内側ガラス板との間に配置される中間膜と、前記外...

    合わせガラス

  15. 【課題】車外を向く意匠面に、製造中に傷が生じるのを防止することができる、ガラス板モジュールを提供する。【解決手段】本発明は、車両においてスライドする窓ガラスに隣接して取り付けられるガラス板モジュールであって、ガラス板と、前記ガラス板の外縁のうち、少なくとも、前記窓ガラスと隣接する一辺に固定されるモール部材と、前記一辺に沿って延びるように前記モール部材に固定され、前記窓...

    ガラス板モジュール

  16. 【課題】撮像素子の分光感度を人間の視感度に近づけるうえで有利な特性を有する光学フィルタを提供する。【解決手段】本発明に係る光吸収性組成物は、下記式(a)で表されるホスホン酸と銅イオンとによって形成され、当該光吸収性組成物において分散している光吸収剤と、光吸収剤を分散させるリン酸エステルと、硬化性樹脂と、を含有している。透明誘電体基板の一方の主面に当該光吸収性組成物を塗...

    光吸収性組成物及び光学フィルタ

  17. 【課題】撮像装置によって生成される画像に色むらが発生することを防止するのに有利な光学フィルタを提供する。【解決手段】光学フィルタ(1a)は、光吸収層(10)を備える。光吸収層は、近赤外線領域の少なくとも一部の光を吸収する。光学フィルタ(1a)は、0°、30°、及び40°の入射角度で波長300nm〜1200nmの光を当該光学フィルタに入射させたときに、透過率に関する所定...

    光学フィルタ及び撮像装置

  18. 【課題】撮像装置によって生成される画像に色むらが発生することを防止するのに有利な光学フィルタを提供する。【解決手段】光学フィルタ(1a)は、光吸収層(10)を備える。光吸収層は、近赤外線領域の少なくとも一部の光を吸収する。光学フィルタ(1a)は、0°、30°、及び40°の入射角度で波長300nm〜1200nmの光を当該光学フィルタに入射させたときに、透過率に関する所定...

    光学フィルタ及び撮像装置

  19. 【課題】撮像装置によって生成される画像に色むらが発生することを防止するのに有利な光学フィルタを提供する。【解決手段】光学フィルタ(1a)は、光吸収層(10)を備える。光吸収層は、近赤外線領域の少なくとも一部の光を吸収する。光学フィルタ(1a)は、0°、30°、及び40°の入射角度で波長300nm〜1200nmの光を当該光学フィルタに入射させたときに、透過率に関する所定...

    光学フィルタ及び撮像装置

  20. 【課題】撮像装置によって生成される画像に色むらが発生することを防止するのに有利な光学フィルタを提供する。【解決手段】光学フィルタ(1a)は、光吸収層(10)を備える。光吸収層は、近赤外線領域の少なくとも一部の光を吸収する。光学フィルタ(1a)は、0°、30°、及び40°の入射角度で波長300nm〜1200nmの光を当該光学フィルタに入射させたときに、透過率に関する所定...

    光学フィルタ及び撮像装置

  1. 1
  2. 2
  3. 3