エヌエックスピービーヴィ に関する公開一覧

エヌエックスピービーヴィ」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「エヌエックスピービーヴィ」の詳細情報や、「エヌエックスピービーヴィ」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「エヌエックスピービーヴィ」の法人詳細ページはこちら

  1. 【課題】乗客が列をなし得ない、取引を促進するためのモバイルデバイス及びリーダを提供する。【解決手段】モバイルデバイスは、取引関連データを収容するように構成されたセキュアエレメントと、外部リーダと超広帯域無線通信を実行するように構成された超広帯域無線ユニットとを備える。超広帯域無線ユニットは、セキュアエレメントと外部リーダとの間のインタフェースとして動作する。取引を促進...

    取引を促進するためのモバイルデバイス及びリーダ

  2. 【課題】レーダシステム及び無線システムに使用することができる受信機及びその試験方法を提供する。【解決手段】受信機は複数の受信機チャネルRX1〜RXNを含む。各受信機チャネルは、アンテナ111、131からの信号を受信する増幅器112、132とその下流に配置されたミキサ116、136とを含む。試験信号発生回路150は、試験信号を発生するように構成される。信号路が試験信号発...

    受信機試験

  3. 技術 レーダ

    【課題】アナログフロントエンドとバックエンドプロセッサとを簡単に又は低電力的に或いはその双方で相互接続しうるようにする。【解決手段】レーダ信号を送信し、反射されたレーダ信号を受信してレーダ信号を出力する。タイミング回路が、レーダ信号を受信しているか否かを表す有効データ信号を出力させる。コンバータが受信したレーダ信号を変換し、デジタルデータを出力する。シリアライザ回路が...

    レーダ

  4. 【課題】リソースシェアリングを用いたタップ重み係数の高速収束を行う適応フィルタ及びその動作方法を提供する。【解決手段】適応フィルタは、計算ブロック、モニタリングブロック及びオフセット計算ブロックを備える。計算ブロックは、フィルタ係数ci(n)を適応収束アルゴリズムに従う反復プロシージャで調整するように構成される。モニタリングブロックは、反復プロシージャの実行中に、決定...

    適応フィルタ及び適応フィルタの動作方法

  5. 【課題】管理可能なリソースシェアリングを用いる適応フィルタ及び本適応フィルタを動作させる方法を提供する。【解決手段】適応フィルタは、いくつかの計算ブロックの各々をいくつかのクラスタ250.J(J=1...w)の一つに割り当てるように構成されたクラスタコントローラ320と、クラスタへのタップ遅延信号s(n-i)の割り当てに従って、それぞれのクラスタへのタップ遅延信号の経...

    管理可能なリソースシェアリングを用いる適応フィルタ

  6. 【課題】ビーム形成器及びMRCブロックを備える受信機回路の同一チャネル干渉を補償する。【解決手段】ビーム形成器は、BF合成信号を提供するために、第1BF入力信号及び第2BF入力信号に合成重み付け値を適用し、BF抑圧信号を提供するために、第1BF入力信号及び第2BF入力信号に抑圧重み付け値を適用するように構成される。MRCブロックは、ビットメトリックを含む復調合成信号を...

    受信機回路

  7. 【課題】近距離無線通信(NFC)システムにおける、信号の復調を適切に行う。【解決手段】IC(集積回路)内にトリムデータとして記憶したファクトリ測定のRSSI値を使用することにより、このICにより生ぜしめられた位相オフセットを補償する。最終的なカスタマーの製品では、トリムデータが実際のプラットフォーム環境にマッピングされ、それぞれの位相オフセットを補償しうる。

    ファクトリトリムデータにより裏付けした位相キャリブレート方法及びシステム

  8. 【課題】通信デバイスのマッチングネットワーク及びアンテナによって生じた位相オフセットを補償する方法及びシステムを提供する。【解決手段】位相オフセットを特徴パラメータに関係付けるマッピングを生成するステップと、通信デバイスの特徴パラメータを測定するステップと、測定した特徴パラメータ及びマッピングを用いて、通信デバイスの位相オフセットを決定するステップと、決定した位相オフ...

    NFCシステムにおいて周波数応答に基づき位相オフセットを測定する方法及びシステム

  9. 【課題】減衰器位相補償方法及びシステムを提供する。【解決手段】減衰器位相補償システム100は、減衰器102と、位相補償モジュール104(位相補償決定ユニット106と位相補償ユニット108で構成)を有している。位相補償決定ユニット106は減衰器102に対する位相補償値を前記減衰器102の減衰形態に基づいて決定するように構成する。位相補償ユニット108は、前記位相補償値に...

    減衰器位相補償方法及びシステム

  10. 【課題】近距離通信(NFC)システムにおいて、アクティブ型負荷変調(ALM)の位相を高分解能でチューニングさせる方法を提供する。【解決手段】方法は、少なくとも1つのシステム又は環境パラメータに応じて、通信デバイスの位相構成を調整するステップと、アクティブ型負荷変調(ALM)を用い、調整された位相構成で、キャリア信号を変調するステップと、誘導結合のために、通信デバイスか...

    NFCシステムにおけるアクティブ型負荷変調の位相を高分解能チューニングする方法及びシステム

  11. 【課題】誘導結合を介して通信する通信デバイスを動作させる方法及びシステムを提供する。【解決手段】一実施形態において、誘導結合を介して通信する通信デバイスを動作させる方法は、少なくとも1つのシステム又は環境パラメータに応じて通信デバイスの位相設定を調整するステップと、能動負荷変調(ALM)を用いて、調整された位相設定でキャリア信号を変調するステップと、誘導結合用の通信デ...

    誘導結合を介して通信する通信デバイスを動作させる方法及びシステム