株式会社小松製作所 に関する公開一覧

株式会社小松製作所」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「株式会社小松製作所」の詳細情報や、「株式会社小松製作所」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「株式会社小松製作所」の法人詳細ページはこちら

  1. 【課題・解決手段】作業機械の管理システムは、作業場を走行する作業機械の位置を検出する位置検出装置と、作業場にある物体を非接触で検出する非接触センサと、位置検出装置の検出データ及び非接触センサの検出データに基づいて、作業場にある物体の有無及び位置情報を蓄積するマップデータと、作業機械が走行する走行経路を生成する走行経路生成部と、マップデータの完成度を特定する特定部と、を...

    作業機械の管理システム、及び作業機械

  2. 【課題・解決手段】操作装置(60)は、基端(65)と先端(64)とを有する把持部(62)と、把持部(62)の先端に取り付けられた操作部(63)とを備えている。操作部(63)は、基端(65)から先端(64)へ向かって把持部(62)が延びる方向に略沿って延びる指置き部(66)と、指置き部(66)を間に挟んで配置された第1〜第3の操作スイッチ(71〜73)と、を有している。

    作業車両の操作装置

  3. 【課題・解決手段】車体の後方の視認性を向上できるブルドーザを提供する。ブルドーザは、運転員が搭乗するキャブ(9)と、キャブ(9)の後方に配置された燃料タンク(26)と、運転員の足場となる作業台(30)とを備えている。作業台(30)の前縁部に、切欠き部(33)が形成されている。

    ブルドーザ

  4. 【課題・解決手段】キャブは、運転席の前方に配置されたダッシュパネル(46)と、ダッシュパネル(46)の上方に配置されたモニタ装置(70)とを備えている。モニタ装置(70)を前後方向に見て、モニタ装置(70)の左右方向の全部が第1前窓(W1)と重畳している。モニタ装置(70)は、前後方向に見てモニタ装置(70)の全部が第1前窓(W1)と重畳する位置に、配置されている。

    キャブおよび作業車両

  5. 技術 作業車両

    【課題・解決手段】作業車両は、車体に支持される前輪と、車体に支持される後輪と、車体に支持される液体タンクと、前輪の周囲の一部に配置される前輪フェンダと、後輪の周囲の一部に配置される後輪フェンダと、前輪フェンダの下端部と後輪フェンダの下端部との間に設けられる床部と、床部の上面に設けられ、床部との間で電装品が収容される電装品室と、を備える。車体の車幅方向において、電装品室...

    作業車両

  6. 技術 作業車両

    【課題・解決手段】作業車両は、車両本体と、車両本体に設けられた第1収容室と、車両本体において第1収容室の後方に設けられ、仕切部材を介して第1収容室と隣接する第2収容室と、第1収容室に設けられ、グリースガンの本体部を保持する第1保持部材と、第2収容室に設けられ、前記グリースガンの注入ノズルの少なくとも先端部を保持する第2保持部材と、を備える。第2保持部材は、開口部と、開...

    作業車両

  7. 【課題・解決手段】フロントフェンダは、少なくとも一部がホイールローダの前タイヤの上方に配置される第1部材と、第1部材の下面と対向する上面を有する上板、及び上板の後端部と接続され前タイヤの後方に配置される後板を含む第2部材と、上板の下面と後板の前面とに接続される傾斜板と、上板と第1部材とを連結する連結部材と、を備える。傾斜板は、連結部材の直下に設けられ連結部材が通過可能...

    フロントフェンダ及びホイールローダ

  8. 【課題】積込対象への積込動作を精度よく検出可能な作業機械を提供する。【解決手段】作業機械は、ブーム110と、ブーム110の先端に取り付けられたアームと、アームの先端に取り付けられたバケット130と、バケット130が基準高さHsを通過したことを条件に、作業機械の動作が積込対象に対する掘削物の積込動作であると判定する積込判定部とを備える。

    作業機械および作業機械の制御方法

  9. 【課題・解決手段】作業車両は、アームシリンダに供給される作動油の圧力を検出する。作業車両は、アームに対する操作内容を判定する。作業車両は、油圧回路における作動油のリリーフ圧を、第1の設定圧および第1の設定圧よりも高い第2の設定圧のいずれかに設定可能なリリーフ弁を備える。作業車両は、検出された圧力が予め定められた値以上であり、かつ操作内容が掘削操作であると判定されたこと...

    作業車両および動作制御方法

  10. 【課題・解決手段】作業車両は、供給される作動油によって、作業車両の操向輪を動作させるステアリングシリンダと、操向輪を動作させるための入力を受け付ける操舵部材と、操舵部材と連結されており、ステアリングシリンダに作動油を供給するステアリングバルブユニットと、操舵部材の操作量を検出する第1の検出器と、操向輪の操舵角度を検出する第2の検出器と、作業車両の速度を検出する第3の検...

    作業車両及び作業車両の制御方法

  11. 【課題・解決手段】作業機械の管理システムは、走行経路を走行する作業機械の位置を検出する位置検出装置と、走行経路の傍らの物体を非接触で検出する非接触センサと、位置検出装置の検出データ及び非接触センサの検出データに基づいて、走行経路の傍らの物体の有無及び位置情報を蓄積するマップデータと、作業機械が走行する走行経路を生成する走行経路生成部と、マップデータの完成度を特定する特...

    作業機械の管理システム及び作業機械

  12. 【課題】作業機の作業範囲より遠い点についてより精度よく距離を計算できるように撮像装置を校正する。【解決手段】撮像装置の校正装置は、作業機を備える作業機械に設けられた少なくとも1つの撮像装置によって撮像された、前記作業機の作業範囲外における既知の位置に設置される既知外部ターゲットの撮像データを取得する撮像データ取得部と、前記既知外部ターゲットの位置を取得する外部ターゲッ...

    撮像装置の校正装置、作業機械および校正方法

  13. 【課題・解決手段】油圧シリンダのシリンダロッドの伸長方向動作と短縮方向動作との相互切替時のデッドバンドの調整が可能な油圧シリンダ用スプール弁装置を提供することを目的とする。このため、第1のデッドバンドDB10を有し、第1のスプールの移動に伴ってシリンダロッドを伸長させる方向に供給する作動油の開口面積を大きくする第1の開口特性である伸長開口特性10Dを有した第1のスプー...

    油圧シリンダ用スプール弁装置

  14. 【課題・解決手段】作業機械の管理システムは、走行経路を走行する作業機械の位置を検出する位置検出装置と、走行経路の傍らの物体を非接触で検出する非接触センサと、位置検出装置の検出データと非接触センサの検出データとに基づいて、走行経路の傍らの物体の有無及び位置情報を蓄積するマップデータと、作業機械が走行する走行経路を生成する走行経路生成部と、作業機械が走行する走行経路のマッ...

    作業機械の管理システム、作業機械、作業機械の管理方法

  15. 【課題】検出装置を有する作業機械と検出装置を有さない作業機械とが混在する施工現場の施工状況を管理すること。【解決手段】施工管理システムは、作業機械に取り付けられ、対象を検出して、前記対象の情報を出力する対象検出部と、前記対象検出部によって検出された前記対象の情報を用いて、前記対象の三次元形状を表す形状情報を出力する形状検出部と、前記形状情報及び前記形状情報から得られた...

    施工現場の形状情報の生成方法及び作業機械の制御システム

  16. 技術 作業車両

    【課題・解決手段】作業車両は、運転席を有する車両本体と、車両本体よりも前方に配置されるバケットを有し、車両本体に支持される作業機と、運転席よりも上方に配置され、天窓を支持する屋根部材と、少なくとも一部が天窓の前端部から後方の屋根部材の下面に配置され、天窓に対する光の入射を遮る遮光面を有する庇部材と、を備える。

    作業車両

  17. 【課題・解決手段】作業車両のエンジン出力制御部は、エンジン出力トルクカーブ(La)を用いてエンジンの目標回転数を設定し、エンジンの出力を制御する。エンジン出力制御部は、エンジン出力トルクカーブ(La)を用いて得られる実回転数におけるトルクよりも高いトルクとなるようにエンジンの出力を制御する。典型的には、エンジン出力制御部は、エンジンの実回転数が目標回転数よりも低くなっ...

    作業車両およびエンジン出力制御方法

  18. 技術 作業機械

    【課題・解決手段】作業機械は、油圧ポンプ及び油圧モータを油圧管路によって閉回路に構成し、油圧管路に配設され、油圧管路のリリーフ圧力を設定するリリーフ弁と、油圧モータに取り付けられた走行装置を制動する制動装置と、制動装置を操作する操作機構とを備える。作業機械の走行装置が走行するときの速度が所定の閾値以上である場合、リリーフ圧力は、操作機構による制動操作がされる前の第1圧...

    作業機械

  19. 【課題・解決手段】作業車両の動作を制御するメインコントローラ(52)は、判別部(522)と、異状判定部(523)とを含んでいる。判別部(522)は、アタッチメントに関する情報に基づいて、アタッチメントがセンサ(73A,73B)を有するか否かを判別する。異状判定部(523)は、アタッチメントがセンサ(73A,73B)を有すると判別部(522)が判別した場合において、セン...

    作業車両および作業車両の制御方法

  20. 【課題】電動機の性能の向上を図ることができるロータを提供する。【解決手段】軸線O方向に貫通する複数の磁石埋込孔53が周方向に間隔をあけて複数形成されたロータコア50と、各磁石埋込孔53に設けられるとともに、該磁石埋込孔53内の空間を内側空間61と該内側空間61よりも径方向外側で軸線O方向に延びる外側空間62とに区画する複数の永久磁石80と、外部から供給される冷却媒体を...

    ロータ、電動機及び油圧ショベル

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10