学校法人千葉工業大学 に関する公開一覧

学校法人千葉工業大学」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「学校法人千葉工業大学」の詳細情報や、「学校法人千葉工業大学」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「学校法人千葉工業大学」の法人詳細ページはこちら

  1. 【課題】ばら積みされた対象物から一個体を検出する手法に関して汎用性を向上させることを目的とする。【解決手段】画像処理装置は、ばら積みされた複数の対象物までの距離に基づいて生成される点を複数含む点群データを出力する距離画像生成装置から点群データを取得する点群情報取得部と、点群データをモデル化して生成されるノード群に対してクラスタリングを行い、1つの対象物が存在する領域を...

    画像処理装置、ビンピッキングシステム、画像処理方法、画像処理プログラム

  2. 【課題】会議中に参加者から自由なタイミングで提供される情報を効果的に共有することのできる電子会議システムを提供する。【解決手段】表示入力装置と、情報処理装置とを有する電子会議システムにおいて、前記表示入力装置は、端末装置から送信される複数種類の付箋情報をストックし表示する第1表示エリアと、前記第1表示エリアにストックされた前記付箋情報の少なくとも一部を用いたセッション...

    電子会議システム、情報処理装置、及びプログラム

  3. 【課題】効率的にレンズアレイ製造用金型を作製する。【解決手段】球体からなる球体放電電極と、球体放電電極の少なくとも一部が被加工物側に露出するように球体放電電極をばねにより押圧して固定する固定部と、からなる放電加工用電極と、該放電加工用電極を用いたレンズアレイ製造用金型の放電加工方法であって、レンズアレイ製造用金型の材料に放電加工を施すことによりレンズアレイ製造用金型の...

    放電加工用電極及び該電極を用いた放電加工方法

  4. 【課題】鉄筋工事に使用できる作業用ロボットを開発すること。【解決手段】鉄筋コンクリート製構造物製造用に仕組まれた組鉄筋上を走行する自走型鉄筋作業用ロボットであって、縦方向移動手段、横方向移動手段と、周囲障害物検知センサー、機体前側鉄筋検知センサーと、作業機取り付け手段とを備えており、縦方向移動手段は、平行する鉄筋を走行レールとして走行する「V」字型テーパ付きの駆動車輪...

    自走型鉄筋作業用ロボット、自走型鉄筋結束ロボット

  5. 【課題】被測定物の分光情報を高感度で測定することができる分光素子、測定方法、及び測定装置を提供する。【解決手段】分光素子20は、プリズム22と、石英板24と、シリコンウェハ26と、を備え、プリズム22に入射したテラヘルツ波が、プリズム22と石英板24との界面30で全反射するように、プリズム22の屈折率が石英板24の屈折率よりも大きく、石英板24に生じたエバネッセント波...

    分光素子、測定方法、及び測定装置