学校法人東洋大学 に関する公開一覧

学校法人東洋大学」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「学校法人東洋大学」の詳細情報や、「学校法人東洋大学」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「学校法人東洋大学」の法人詳細ページはこちら

  1. 技術 冷凍装置

    【課題】品質の低下なく短時間で冷凍対象品を冷凍させる。【解決手段】冷凍対象品を配置可能な冷凍室10と、冷凍室10内を冷却する冷却装置11と、冷凍室10内の冷凍対象品が配置される空間に電界を発生させる電極12と、電極12に冷凍対象品の過冷却を抑制する所定の強さの電界を発生させる電圧を印加する電源装置13とを備える。

    冷凍装置

  2. 【課題】歩行訓練者にとって訓練をし易い歩行訓練装置を提供することを課題とする。【解決手段】歩行訓練装置10は、垂直な軸回りに回動自在で、歩行訓練者が装着したハーネスと該ハーネスに接続されたロープとを介して歩行訓練者を吊下げる吊下げ部と、歩行訓練者が及ぼす移動力によって水平で互いに向きが異なるX方向およびY方向に同時に移動可能なように、吊下げ部を保持する吊下げ部保持機構...

    歩行訓練装置

  3. 【課題】所与の有機組成物を含有する有機混合液の微生物毒性(Blog P)を制御する方法を提供する。【解決手段】第1の有機組成物のBlog P値よりも高く、かつ標的Blog P値よりも高いBlog P値を有する第2の有機組成物を、有機混合液に含有させて、有機混合液のBlog Pを標的Blog P値に上方調節する。あるいは、第1の有機組成物のBlog P値よりも低く、かつ...

    有機混合液の微生物毒性を制御する方法

  4. 技術 解凍装置

    【課題】冷凍された解凍対象物を品質維持するとともに短時間で解凍する。【解決手段】解凍室3、放電電極5、接地電極7、電源装置15、暖熱供給装置9、第1温度センサS1、統合制御装置19を備え、解凍処理の開始時から第1温度センサの計測値が第1所定値となるまでの期間は、放電電極又は接地電極のいずれか一方が解凍対象物と接し、他方が解凍対象物との間に空間を設けて配置され、初期制御...

    解凍装置

  5. 【課題】非活動的な生活や寝たきりの状態などの不動化による骨量減少を抑制できる電気刺激装置を提供する。【解決手段】人体の処置対象の骨100の互いに離間した位置にそれぞれ接触する第1の針11及び第2の針12を皮膚上に固定し、第1の針11及び第2の針12の間に電気信号を印加し、第1の針11及び第2の針12を介して骨100に数ヘルツ乃至数十ヘルツの交流波である低周波の電気的刺...

    電気刺激装置

  6. 【課題】省エネルギーや発電量の増加、トルクや出力脈動の低減、振動や騒音の低減が図れる回転電機システムを実現する。【解決手段】複数のコイル各々に流れる電流の大きさと位相とを変化させることができる電力変換回路30a〜30i、複数のコイル各々で成る巻線を有する固定子10、及び、コイルまたは永久磁石または磁気的突極鉄心を有する回転子20から構成される回転電機システムにおいて、...

    回転電機システム

  7. 【課題】コストの増大を抑制しつつ、コンタクトレンズの付着物質をより簡便に測定することが可能な測定用器具及び測定方法を提供する。【解決手段】コンタクトレンズ100に付着した付着物質を表面増強ラマン分光法により測定する際に用いられる測定用器具1であって、コンタクトレンズ100を保持した状態でコンタクトレンズ100に接触する接触面に、表面増強ラマン分光測定用金属ナノ粒子Mが...

    測定用器具及び測定方法

  8. 【課題】コストを抑制した微細流路デバイス及び測定方法を提供する。【解決手段】 流体を流す微細流路を備え、流体に含まれる物質を表面増強ラマン分光法により測定する際に用いられる微細流路デバイス100であって、所定方向に沿って延びる中空部111が形成される管部材110と、中空部111に嵌合される嵌合部材120と、を備え、嵌合部材120の外周部120aには、管部材110の内...

    微細流路デバイス及び測定方法

  9. 【課題】携帯機器に搭載した場合でも長時間発光でき、大きな発光面積でも発光できる有機EL装置。【解決手段】有機EL装置1は、入射された光により発電して発電電力を出力する発電機能と発電電力により発光する発光機能とを有する発電発光部1Aを備える。有機EL装置1は、発電発光部1Aと、二次電池22、DC−DCコンバータ25、発電時には発電発光部の発電電力をスイッチ21を介して二...

    有機EL装置

  10. 【課題】生体音測定システムにおいて、生体音の測定データの校正方法を提供する。【解決手段】センサユニット10を被検者2の外耳道2aに装着した状態で、その圧力センサ14によって外耳道2aの内圧変化を検出することにより、被検者の脈拍音を生体音として測定する。その際、センサユニットとして、外耳道に音響信号を出力可能なスピーカ20を備えた構成とした上で、その圧力センサによって外...

    生体音測定システムにおける測定データの校正方法

  11. 【課題】固定子巻線と回転子巻線との間に起こる電磁気的共振を利用して回転子に回転力を誘起させ又は回転子の回転により固定子に電力を発生させる新規な電磁共振回転電機を提供する。【解決手段】複数のコイル11U,11V,11Wを接続した固定子巻線11とキャパシタ13とを有する固定子10と、複数のコイル21U,21V,21Wを接続した回転子巻線21とキャパシタ23とを有する回転子...

    電磁共振回転電機及び複合型回転電機

  12. 【課題】直流電圧変換器の電圧変換比を広範囲に制御できる直流電圧変換器。【解決手段】直流電源Vinの一端に一端が接続された一次巻線L1と一次巻線に直列接続され且つ電磁結合された二次巻線L2とを有し、一次巻線と二次巻線とが和動接続されたトランスT1と、一次巻線の他端と二次巻線の一端とにドレインが接続されソースが直流電源の他端に接続されたスイッチ素子Q1と、二次巻線の他端に...

    直流電圧変換器