東京電力株式会社 に関する公開一覧

東京電力株式会社」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「東京電力株式会社」の詳細情報や、「東京電力株式会社」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「東京電力株式会社」の法人詳細ページはこちら

  1. 【課題】ボイラの気水分離器及びそれよりも火炉側を化学洗浄する場合の工期を従来よりも短縮することができるボイラの化学洗浄方法を提供する。【解決手段】給水管1によって給水が導入される節炭器2と、該節炭器2からの水が導入される壁管を有する火炉9と、該壁管が連なる気水分離器20と、気水分離器20からの蒸気を過熱する過熱器40,50,60と、気水分離器20からの水を受け入れるド...

    ボイラの化学洗浄方法

  2. 【課題】ガス絶縁機器の絶縁物における部分放電で発生するUHF帯よりも低い周波数の電磁波を検出可能な部分放電検出用アンテナを得ること。【解決手段】二つのアンテナ電極7と、アンテナ電極7に一端側の芯線6aが接続された一対の信号引出ケーブル6と、一対の信号引出ケーブル6の他端側の芯線の一方が内部導体に接続され、一対の信号引出ケーブル6の他端側の芯線の他方が外部導体に接続され...

    部分放電検出用アンテナ

  3. 【課題】配電設備の異常を適切に検出することができる異常検出方法等を提供する。【解決手段】異常検出方法は、道路沿いに設置された配電設備を撮像した撮像画像を取得し、前記撮像画像を入力した場合に前記配電設備の異常の有無を示す情報を出力するよう学習済みの学習済みモデルを用いて、取得した前記撮像画像から前記配電設備の異常を検出し、検出結果を出力する処理をコンピュータに実行させる...

    異常検出方法、プログラム、学習済みモデルの生成方法及び学習済みモデル

  4. 【課題】長期信頼性に優れた構造物点検システムを提供すること。【解決手段】第1のシート基材上に、第1の導電性配線と、当該第1の導電性配線を保護する第1の保護層とを有する第1の配線シートと、第2の導電性配線と、前記第2の導電性配線と接続するセンサユニットと、を備え、前記第1の導電性配線と、前記第2の導電性配線とは、金属またはカーボンを含有する導電性接着剤を含む結線部により...

    構造物点検システム

  5. 【課題】長期的なモニタリングが可能な塩化物イオンセンサ、及び塩化物イオン濃度計測方法を提供すること。【解決手段】コンクリート構造物中の塩化物イオン濃度を計測するセンサであって、前記コンクリート構造物の表面に相互に間隔を隔てて配置される少なくとも一対の電極と、前記少なくとも一対の電極の間に交流電流を流した状態におけるインピーダンスを測定する測定部とを備え、前記少なくとも...

    塩化物イオンセンサ、及び塩化物イオン濃度計測方法

  6. 【課題】コンクリート構造物中の鋼材の腐食状態を短時間で測定できると共に、長期的に監視可能な腐食センサを提供すること。【解決手段】コンクリート構造物1中の鋼材の腐食状態を検出する腐食センサ10であって、前記鋼材に電気的に接続される電線3aと、前記コンクリート構造物の表面に配置される電極30と、前記電極と前記電線との間の電圧を検出する電圧検出部60とを備え、前記電極が、導...

    腐食センサ、及び、腐食検出方法

  7. 【課題】放射性金属廃棄物の減容化を図ると共に、歩留まりのよいクリアランス金属の製造方法を提供する。【解決手段】本発明に係るクリアランス金属の製造方法は、放射性金属廃棄物からクリアランス金属を製造する方法であって、放射性金属廃棄物投入工程と、スラグ原料投入工程と、放射性物質移行工程と、ダスト処理工程と、移し替え工程と、静置分離工程と、クリアランス金属生成工程と、生成金属...

    クリアランス金属の製造方法

  8. 【課題】放射性金属廃棄物の減容化を図ると共に、放射性物質が分離除去され、さらには放射線測定、保管さらには再溶融が容易なクリアランス金属を製造するクリアランス金属の製造方法を提供する。【解決手段】本発明に係るクリアランス金属の製造方法は、放射性金属廃棄物からクリアランス金属を製造する方法であって、溶融時にスラグやダストに移行しやすい放射性核種が主成分の放射性物質で汚染さ...

    クリアランス金属の製造方法

  9. 技術 探査方法

    【課題】地中線路における複数の絶縁低下点を効率よく発見できるようにする。【解決手段】本発明の代表的な実施の形態に係る探査方法は、地中線路(200)の同一相における絶縁性能が最も低い分岐部(J1〜Jn)を検出する第1ステップ(S2)と、第1ステップにおいて検出した分岐部に所定の抵抗値を有する基準抵抗(Rf)を接続する第2ステップ(S3)と、基準抵抗が接続されていない分岐...

    探査方法

  10. 【課題】漏油した油の種類如何を問わず漏油箇所を包囲した被覆粘着剤中に漏油を効率よく吸収し、しかも漏油箇所を包囲してそれ以上の漏油を阻止し、さらに強い粘着効果を長期間にわたり維持できるようにした。【解決手段】油分吸着性の被覆粘着剤として、組成の異なる2種のブロックポリマーを混ぜあわせ、これを石油系炭化水素の混合溶剤により混錬してゲル化させることによりゴム粘土状の油分吸着...

    油分吸着性粘着被覆補修材およびその製造方法

  11. 【課題】再生可能エネルギーの発電電力により効率良く水素を製造及び供給できる水素供給システム及び水素供給方法を提供すること。【解決手段】水素供給システム1は、再生可能エネルギーによる発電により発電電力を発生する太陽光発電装置12−1〜12−nと、太陽光発電装置12−1〜12−nから供給された発電電力及び太陽光発電装置12−1〜12−nから配電線11に送電された発電電力の...

    水素供給システム及び水素供給方法

  12. 【課題】精度よく波の水位を予測することができる。【解決手段】入力部10は、各観測地点での波の視線方向の流速の入力を受け付ける。予測部32は、予測対象地点での波の水位を含む状態を予測する。推定部34は、各観測地点での波の視線方向の流速の入力を受け付けた場合に、入力された各観測地点での波の視線方向の流速と、観測地点について予測された予測対象地点での水位を含む波の状態を、予...

    津波予測装置、方法、及びプログラム

  13. 【課題】生体の検出処理の負荷を軽減しつつ、生体を容易に判別することが可能な生体検出方法を提供することを目的とする。【解決手段】本発明にかかる生体検出方法の構成は、動画像に映っている生体を検出する生体検出方法であって、赤外線カメラ210を搭載した飛行体200によって動画像を撮影し、動画像から静止画像のフレームを元画像として取り出し、元画像をフーリエ変換することにより空間...

    生体検出方法

  14. 【課題】中性子線の存在を容易且つより正確に把握することが可能な中性子検出方法および中性子検出装置を提供する。【解決手段】本発明にかかる中性子検出方法の構成は、中性子シンチレータおよび光検出器を用いて中性子線を検出する中性子検出方法であって、光検出器において検出された光の各々の波高値である検出波高値について、該検出波高値が閾値を超える光の検出頻度を取得する検出頻度取得処...

    中性子検出方法および中性子検出装置

  15. 【課題】開閉器内の浸水の状態を容易に取得できるボルト、浸水検出システム、および浸水検出方法を提供こと。【解決手段】ボルトは、外部から開閉器内の検出対象空間に貫通しているねじ穴にはまり込み、検出対象空間の浸水の状態を検出するセンサーを備え、ボルトは、センサーを、ボルトのねじ先部分に有する。

    ボルト、浸水検出システム、および浸水検出方法

  16. 【課題】立坑内に人が入ることなく、立坑内の横壁面に横穴を穿孔することが可能な立坑壁面穿孔装置及び立坑壁面穿孔方法を提供すること。【解決手段】立坑壁面穿孔装置100であって、軸線周りに回転されるホールソー50が配置された穿孔ユニット40と、ドレンポンドW内の横壁面の穿孔予定位置と対応する高さ方向位置、前記穿孔予定位置と対応する水平方向位置に前記穿孔ユニット40を配置する...

    立坑壁面穿孔装置及び立坑壁面穿孔方法

  17. 【課題】監視制御システムの更新を効率よく行う。【解決手段】電力供給のための機器(80_1〜80_n)を制御するテレコントロール装置(40_1〜40_n)と、第1ネットワーク(30)を介して前記テレコントロール装置と接続された第1監視制御装置(10)とを有する監視制御システム(100)の更新方法は、第2監視制御装置(20)を第2ネットワーク(50)に接続するステップ(S...

    監視制御システムの更新方法

  18. 【課題】電源停止が発生する場合の影響範囲の算出の手間を低減する。【解決手段】電源停止影響範囲提示装置は、電源の名称を示す電源名称情報と、負荷の名称を示す負荷名称情報と、電源と負荷とが接続される接続位置を示す番地情報とが互いに対応付けられた電源リストを取得する電源リスト取得部と、電源リストに含まれる電源のうち、電力の供給が停止される停止電源を示す停止電源情報を取得する停...

    電源停止影響範囲提示装置及びプログラム

  19. 【課題】鉄塔などを構成する径の大きい筒状の柱部材を適切に把持して切断する機能を持った柱部材切断装置を提供する。【解決手段】第1丸鋸710−1の第1回転軸731−1を旋回中心線RLに対して平行に保ちつつ、第1回転軸731−1と旋回中心線RLとの距離を変化させることか可能であり、また、第2丸鋸710−2の第2回転軸731−2を旋回中心線RLに対して平行に保ちつつ、第2回転...

    柱部材切断装置

  20. 【課題】作業者を配置せずに筒身を上部から解体し、解体物を地面へ吊り降ろすことができる筒状構造物解体装置を提供する。【解決手段】筒身10の内面を押圧することにより筒身10に固定される固定部3と、筒身10の周方向の異なる位置で筒身10の内面を切断する複数の丸鋸41と、複数の丸鋸41を支持する複数の丸鋸支持機構42と、複数の丸鋸支持機構42が設置され、固定部3に対して旋回可...

    筒状構造物解体装置及び筒状構造物解体方法

  1. 1
  2. 2
  3. 3