協和発酵キリン株式会社 に関する公開一覧

協和発酵キリン株式会社」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「協和発酵キリン株式会社」の詳細情報や、「協和発酵キリン株式会社」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「協和発酵キリン株式会社」の法人詳細ページはこちら

  1. 【課題】本発明は、エボカルセトの生体内での持続的な放出を可能とするエボカルセト誘導体を提供することを課題とする。【解決手段】式1:【化1】[式中、 Zは、カルボキシル基若しくはその塩を有する多糖類の残基、又はカルボキシル基若しくはその塩を有するポリアミノ酸の残基であり、 Lは、リンカーであり、 Dは、エボカルセトの残基であり、 nは、正の整数である]で表される...

  2. 【課題】物理的な衝撃に耐えうる十分な錠剤硬度を有し、かつ口腔内で速やかに崩壊する口腔内崩壊錠を提供すること。【解決手段】有効量の薬効成分と凍結乾燥したδ型D−マンニトールを、空隙率を制御して圧縮成形することにより、十分な錠剤硬度を有し、かつ口腔内で速やかに崩壊する口腔内崩壊錠を提供する。薬効成分、凍結乾燥したδ型D−マンニトールおよび滑沢剤を含む混合物を圧縮成形する工...

    口腔内崩壊錠

  3. 【課題】ピロリジン化合物又はその塩の工業的な大量合成を志向した効率的な製造方法等を提供すること。【解決手段】式(II)で表される化合物又はその塩を、塩基の存在下、式(III)で表される化合物と反応させることを特徴とする、式(I):(式中、R1はC1-6 アルキルを表し、R2はC12-24アルキル又はC12-24アルケニルを表し、Xはヒドロキシ又は塩素原子を表す)で表さ...

  4. 【課題】脂肪族3級アミン化合物又はその塩の工業的な大量合成を志向した効率的な製造方法等を提供すること。例えばWO2013/089151等に記載されている方法では、段階的な反応工程であり、マイクロウェーブ反応装置を要する等の制約もあるため、工業的な大量合成を志向した製造方法には不向きであり、その改善が求められる。【解決手段】式(II)で表される化合物又はその塩を、式(I...