アシスターンス・ピュブリク−オピト・ドゥ・パリ に関する公開一覧

アシスターンス・ピュブリク−オピト・ドゥ・パリ」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「アシスターンス・ピュブリク−オピト・ドゥ・パリ」の詳細情報や、「アシスターンス・ピュブリク−オピト・ドゥ・パリ」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「アシスターンス・ピュブリク−オピト・ドゥ・パリ」の法人詳細ページはこちら

検索結果:1~4件を表示(4件中) 1/1ページ目

  1. 【課題】アンチセンスオリゴヌクレオチド介在性エクソンスキッピングを、それを必要とする対象の網膜において行うための方法の提供。【解決手段】アンチセンスオリゴヌクレオチド介在性エクソンスキッピングを、それを必要とする対象の網膜細胞において行うための方法であって、対象の硝子体内に、ある量のアンチセンスオリゴヌクレオチドを注射する段階を含む方法。

    アンチセンスオリゴヌクレオチド介在性エクソンスキッピングを、それを必要とする対象の網膜において行うための方法

  2. 【課題】固形癌を患う患者の生存期間の予後判定のためのインビトロ方法を提供する。【解決手段】固形癌を患う患者の生存期間の予後判定のためのインビトロ方法であって、患者からの腫瘍組織試料中に存在するCD8+細胞及びDC−LAMP+樹状細胞の細胞密度を定量し、その結果として、高密度のCD8+細胞及びDC−LAMP+樹状細胞は、患者が予後良好であることを示し、高密度のCD8+細...

    固形癌を患う患者の生存期間の予後判定のための方法

  3. 【課題】膵臓癌を処置するための方法及び医薬組成物の提供。【解決手段】OX1R(オレキシンの7回膜貫通レセプター)アゴニストを投与することを含む、膵臓癌の処置のための方法。大半の膵臓腺癌においてOX1Rの発現が示され、このことは膵臓腺癌におけるOX1Rの異所性発現を示唆する。AsPC−1細胞を異種移植したヌードマウスへのオレキシン−A注射は、腫瘍の進行を減少させた。

    膵臓癌を処置するための方法及び医薬組成物

  4. 【課題】ヒト対象における炎症を含む、自己免疫疾患、免疫関連性疾患または炎症性疾患の低用量でのIL−2療法の提供。【解決手段】ヒト対象において望ましくない免疫応答を軽減または予防する方法であって、制御性Tリンパ球(Treg)を刺激するのに効果的で、実質的にエフェクターTリンパ球(Teff)を誘発しない量のインターロイキン−2(IL−2)を該対象に投与することを特徴とする方法。

    自己免疫関連障害または炎症性障害の治療のための低用量IL−2の使用