東陶ユプロ株式会社 に関する公開一覧

東陶ユプロ株式会社」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「東陶ユプロ株式会社」の詳細情報や、「東陶ユプロ株式会社」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「東陶ユプロ株式会社」の法人詳細ページはこちら

検索結果:1~11件を表示(11件中) 1/1ページ目

  1. 【課題】設置後の貯湯タンクを満水にする作業を、コストをかけずに簡単に実施できる貯湯式温水器を提供する。【解決手段】まず、予め設定されている物体検出信号が受信されたかどうかを確認する(ステップS1)。受信されている場合は電動止水弁7を開弁し、貯湯タンク2内の温水が自動水栓10から吐水される(ステップS3)。次にその状態が5分経過したかどうかを確認し(ステップS4)、5分...

    貯湯式温水器

  2. 【課題】出湯される高温水を長期間安全に飲用することのできる飲用電気温水器を提供する。【解決手段】貯湯タンク1に接続された給水管10や出湯管3は、青銅、黄銅等の銅合金を鋳造又は鍛造し、切削加工、研磨加工等で形状を整えて製造される。これらは、製造過程中での切削加工の際に銅合金の切削性を向上させるために、銅合金中に鉛が添加されているが、これらの接水面に鉛成分の除去処理を施し...

    飲用電気温水器

  3. 【課題】浴槽が空の時に高温さし湯が行われても危険な状態を回避することができる高温さし湯機能付き貯湯式温水器を提供する。【解決手段】高温さし湯スイッチ83がオン操作されると(ステップS1)、温水電磁弁22が開弁され貯湯タンク32内の高温水が浴槽201へ供給される(ステップS2)。高温さし湯運転が開始されると湯はり流量センサー45により検出される湯はり流量が2.5L/mi...

    高温さし湯機能付き貯湯式温水器

  4. 【課題】環境光度検出専用のセンサを設けずに、液晶表示器への照射光量を、変化する環境光度に適合したものに自動調整することにより、液晶表示器の視認性の向上を図る。【解決手段】赤外LED101がオフのときの、各PD103からの出力を外来光入射量として読込み(S111)、読込んだ出力信号中の多数が外来光入射量の増加を示しているか否かをチェックする(ステップS112)。出力信号...

    タッチパネル

  5. 技術 給湯装置

    【課題】貯湯槽の外部に設けた電気ヒーターユニットと貯湯槽の接触を確保し、放熱ロスを抑制することのできる給湯装置を提供する【解決手段】給湯装置1の貯湯槽4の下部の電気ヒーターユニット13は、固定ナット14のリブ15により断熱材17を介することなく貯湯槽4へ直接押し付けられて固定されるため、貯湯槽4の膨張・収縮に伴なう断熱材17の変形に影響されることなく電気ヒーターユニッ...

    給湯装置

  6. 【課題】複数の電気温水器に対する同一のタイマー設定を、効率よく行なうことができる電気温水器システムを提供する。【解決手段】タイムテーブル入力手段40で入力したタイムテーブルのデータを、データ出力端子13から通信線12を介して複数の電気温水器30、30、…のデータ入力端子11に送信するようにしたので、複数の電気温水器30、30、…のタイマー設定を一度に行なうことができる...

    電気温水器システム

  7. 【課題】浴槽内の残水を迅速に検知することができ、また、安全に配慮しつつ浴槽への効果的な高温差し湯を行なうことのできる給湯システムを提供する。【解決手段】高温差し湯運転の開始直後は差し湯量を少なくしておき(ステップS2)、風呂温度センサ9の検出温度の変化率が小さく(ステップS3)浴槽7内に残水が有ると判断された場合は、差し湯量を増やす(ステップS6)ようにしたので、浴槽...

    給湯システム

  8. 【課題】洗面化粧台等のキャビネット内に設置された電気温水器内で漏水が生じた場合、その漏水を早期に発見して被害の拡大を防止することができ、しかもそのために大幅なコストアップをすることもない電気温水器を提供する。【解決手段】電気温水器20内で漏水が生じた場合、漏水は、ケース下1の底板5の下り勾配に沿って前面の開口部6から流出するため、漏水は人目につきやすくなる。このように...

    電気温水器および電気温水器用防水パン

  9. 【課題】1台の小型電気温水器で、複数の給湯栓のいずれにも温水を速やかに供給できる小型電気温水器を提供する。【解決手段】循環ポンプ8を運転することにより、貯湯タンク4→給湯管3→給湯循環往き管9→給湯循環戻り管10→給水管2→貯湯タンク4を結ぶ循環流路内を、加熱ヒーター5により温められた温水が循環するようにしたので、給湯栓13、14、15の何れを開けても速やかに温水を吐...

    電気温水器

  10. 【課題】既設のキャビネットの底板の補強を容易に行なうことができ、しかもキャビネットの内部の見映えを悪化させることのないキャビネットの底板の補強器具を提供する。【解決手段】補強器具1は、上部のフランジ部4が皿ネジ11により底板14に固定されるとともに、底板14に開けた孔8を通して下方に延出して下端が床面9に接しているので、重量物10の荷重は補強器具1を介して床面9に伝わ...

    キャビネットの底板の補強器具

  11. 【課題】車いすを使用している方の邪魔になることがなく、また、見映えを悪化させることのない電気温水器の設置方法を提供する。【解決手段】電気温水器1は、その天面が洗面カウンター2の裏面に止着されて設置されるとともに、電気温水器1から延出する膨張水排水管9は、洗面ボウル3のオーバーフロー経路12に接続される。これにより、洗面カウンター2の下部に十分なスペースを確保することが...

    電気温水器の設置方法