株式会社アドヴィックス に関する公開一覧

株式会社アドヴィックス」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「株式会社アドヴィックス」の詳細情報や、「株式会社アドヴィックス」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「株式会社アドヴィックス」の法人詳細ページはこちら

  1. 【課題】 制動中の車両旋回時において適正な車両旋回挙動が得られるように制動力配分制御を実施する。【解決手段】 ブレーキECUは、フロント外輪以外の3車輪の目標スリップ度合を、フロント外輪のスリップ度合いに設定して、3車輪の実スリップ度合いが目標スリップ度合いに近づくように3輪の制動力をフィードバック制御する。ブレーキECUは、アンダーステア抑制条件が成立した場合(...

    車両用制動制御装置

  2. 【課題】例えば、直動部材の押圧に伴うブリッジ、ピストン、および押圧部のU字構造の開きが抑制されるような、改善された新規な構成の車両用ブレーキを得る。【解決手段】本開示の車両用ブレーキは、例えば、シリンダ内の液圧によって移動するピストンと、シリンダが設けられ、シリンダと固定され回転中心回りに回転するブレーキディスクの径方向外側を軸方向に跨ぐブリッジと、当該ブリッジと固定...

    車両用ブレーキ

  3. 【課題】組み付け容易な構造を有して内部における作動液の流れを改善することができるマスタシリンダを提供すること。【解決手段】マスタピストンは、先端部材223,233を有している。先端部材223,233は、マスタピストンの被嵌合部に対して嵌合される嵌合部223a,233aと、環状部223b,233bと、を有し、環状部223b,233bに、周方向に沿って設けられた複数の連通...

    マスタシリンダ

  4. 【課題】内部における作動液の流れを改善することができるマスタシリンダを提供すること。【解決手段】マスタシリンダ2は、第一マスタピストン22及び第二マスタピストン23の先端部分に、第一マスタピストン22及び第二マスタピストン23がシリンダ本体21に対して第一位置にある場合にポート21a,21cと第一液圧室A及び第二液圧室Bとを連通し、シリンダ本体21に対して第一位置より...

    マスタシリンダ

  5. 【課題】小型化が可能であり、内部における作動液の流れを改善することができるマスタシリンダを提供すること。【解決手段】マスタシリンダ2は、第一マスタピストン22及び第二マスタピストン23の先端部分に、第一位置にある場合にポート21a,21cと第一液圧室A及び第二液圧室Bとを連通し、第二位置にある場合に前方側シール部材213によりポート21a,21cと第一液圧室A及び第二...

    マスタシリンダ

  6. 技術 放熱構造

    【課題】一例として、コストを低減可能な放熱構造を得る。【解決手段】放熱構造は、一例として、基板を収容し、前記基板に実装された電子デバイスの発熱によって内部で対流が生じるケースと、前記ケースの近傍を経由して前記電子デバイスへ向かう対流を発生させる区画部と、を備える。

    放熱構造

  7. 【課題】降坂路において路面状況に応じたアンチスキッド制御を実行でき、車速の保持精度を向上させることができる制動制御装置を提供する。【解決手段】本発明は、降坂路を走行している際に、車両の車速が目標車速を超えないように車輪41〜44に制動力を付与する降坂路制御を実行中に、車輪関連値の変化に応じてアンチスキッド制御を実行する制動制御装置であって、降坂路制御実行中、路面状況に...

    制動制御装置

  8. 【課題】例えば、より簡素な構成によってハウジングに外力が作用した場合にハウジングに生じる局所的な応力をより小さくすることができるような、より不都合の少ない新規な構成の電動アクチュエータおよび電動ブレーキ装置を得る。【解決手段】電動アクチュエータおよび電動ブレーキ装置は、例えば、第一周壁と、当該第一周壁の端部であってモータおよび運動変換機構の並び方向に広がる開口端を形成...

    電動アクチュエータおよび電動ブレーキ装置

  9. 【課題】例えば、複数の回転軸をより精度良く配置することができるようなより不都合の少ない新規な構成の電動アクチュエータおよび電動ブレーキ装置を得る。【解決手段】電動アクチュエータおよび電動ブレーキ装置は、例えば、ハウジングの一部である第一ハウジングと、ハウジングの一部である第二ハウジングと、ハウジングに収容され、ロータを有したモータと、第一ハウジングにモータを固定するブ...

    電動アクチュエータおよび電動ブレーキ装置

  10. 【課題】例えば、作動部材の摩耗が生じ難いなど、より不都合の少ない新規な構成を有したブレーキ装置を得る。【解決手段】ブレーキ装置は、例えば、モータのロータと連動して回転し作動部材が通る貫通穴が設けられた回転部材と、当該回転部材の回転に応じて直動し作動部材を制動位置と非制動位置との間で動かし作動部材とは別体である直動部材と、を有した運動変換機構と、直動部材の直動方向におけ...

    ブレーキ装置

  11. 【課題】例えば、直動部材の戻りにピストンが追従しやすいなど、改善された新規な構成の車両用ブレーキを得る。【解決手段】本開示の車両用ブレーキは、例えば、ピストンに設けられ直動部材の正転を制限する正転制限部と、ピストンに設けられ直動部材の逆転を制限する逆転制限部と、を有した回転直動変換機構と、ピストンに設けられた第一係合部と、直動部材に設けられた第二係合部と、を有し、逆転...

    車両用ブレーキ

  12. 【課題】例えば、ブラダがコアから外れるのを抑制できる液圧ダンパを得る。【解決手段】実施形態の液圧ダンパは、例えば、ベースと、当該ベースから第1方向に突出し側部から先端にかけて滑らかな第1外周面と、を有したコアと、弾性部材によって構成され、第1外周面との間に気体を封入した状態で第1外周面を覆う内周面と、液圧が作用する第2外周面と、第1方向の第1端部と、を有したブラダと、...

    液圧ダンパ

  13. 【課題】例えば、仮にコアからブラダが外れた場合にも、液圧室内における液体の流れを確保しやすい液圧ダンパを得る。【解決手段】液圧ダンパは、例えば、ベースと、第1外周面と、を有したコアと、弾性部材によって構成され、第1外周面との間に気体を封入した状態で第1外周面を覆う内周面と、液圧が作用する第2外周面と、当該第2外周面の一部であって第1方向の端部である第1端部と、を有した...

    液圧ダンパ

  14. 技術 制御装置

    【課題】ダイオード数の増加を抑制でき、且つダイオードの異常を精度良く検知することができる制御装置を提供する。【解決手段】本発明は、被給電部2に第1電源ライン71を介して接続される第1電源31と、被給電部2に第2電源ライン72を介して接続される第2電源32と、第1電源ライン71に設けられた第1ダイオード41と、第2電源ライン72に設けられた第2ダイオード42と、第1電源...

    制御装置

  15. 【課題】微細な摩耗粉の大気中への飛散を抑制することができるブレーキディスクを提供すること。【解決手段】ブレーキディスク10は、鋳造工程を含む複数の工程を経て円盤状に製造される。ブレーキディスク10は、ブレーキパッド21と接触する第一摺動面11o及び第二摺動面11iに、鋳造工程にて形成された鋳肌面を有し、且つ、径方向に延設された溝部13が形成される。又、ブレーキディスク...

    ブレーキディスク及びブレーキディスクの製造方法

  16. 【課題】簡単な構造により製造コストの増大を抑制して摩耗粉の大気中への飛散を抑制可能なブレーキパッドを提供すること。【解決手段】ブレーキパッド21を構成するライニング212は、重力作用方向にて上側となる上壁213aと摩擦面とが形成する上側角度が、重力作用方向にて下側となる底壁213bと摩擦面とが形成する下側角度よりも大きい凹部213を有する。又、ブレーキパッド21は、凹...

    ブレーキパッド及びブレーキパッドの製造方法

  17. 【課題】発熱を抑制しつつ作動状態の安定性を向上させることができる制動制御装置を提供する。【解決手段】本発明は、液圧供給源13、57により液圧供給路Aを介してホイールシリンダ541〜544に液圧を供給し、液圧供給路Aに設けられた電磁弁52、53によりホイールシリンダ541〜544内の液圧である制動液圧を調整する制動制御装置であって、電磁弁52、53を作動状態で保持するに...

    制動制御装置

  18. 【課題】停車からの発進時における車両の挙動のより細かなコントロールを実現する。【解決手段】本開示の一例としてのブレーキ制御装置は、車輪に液圧作動機構による液圧制動力を発生させる液圧ブレーキを制御する液圧ブレーキ制御部と、車輪に電動作動機構による電動制動力を発生させる電動ブレーキを制御する電動ブレーキ制御部と、を備え、電動制動力が発生している状態から当該電動制動力を自動...

    ブレーキ制御装置

  19. 【課題】演算負荷の増大を抑制することができる車輪回転検出装置を提供する。【解決手段】本発明は、車両の車輪Wに接続される電動モータ9のロータ91の電動モータ9のステータ92に対する回転角度位置に基づいて、車輪Wの回転に関する車輪回転情報を検出する車輪回転検出装置において、回転角度位置を示す実角度位置を逐次取得する取得部10と、取得部10により取得された実角度位置と当該回...

    車輪回転検出装置

  20. 【課題】 路面段差の有無を判定する装置において、その判定精度が向上され得るものを提供する。【解決手段】 段差判定装置は、制動操作部材の操作量を検出する操作量センサと、車輪速度及び操作量に基づいて段差を判定するコントローラと、を備える。段差判定装置では、コントローラは、車輪速度に基づいて変動実際量を演算し、操作量に基づいて変動実際量に対応した変動推定量を演算し、変動...

    車両の路面段差判定装置

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4