守谷鋼機株式会社 に関する公開一覧

守谷鋼機株式会社」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「守谷鋼機株式会社」の詳細情報や、「守谷鋼機株式会社」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「守谷鋼機株式会社」の法人詳細ページはこちら

  1. 【目的】袋体の内圧が大きくなっても袋体端部からのグラウト材の漏出を防止する。【構成】本発明に係る袋体固定具6を構成する狭着部材11及び狭着部材12には芯材挿通孔27,20をそれぞれ形成してあり、狭着部材11にはボルト14が挿通されるボルト挿通孔26を形成してあるとともに、狭着部材12にはボルト14の先端がねじ込まれる雌ネジ孔21を形成してある。ボルト14は、狭着部材1...

    袋体固定具及びそれを用いた地山補強材

  2. 【目的】袋体の内圧が大きくなっても袋体端部からのグラウト材の漏出を防止する。【構成】本発明に係る袋体固定具6を構成する狭着部材11及び狭着部材12は、筒状壁15,18及びそれらの一端の内側に設けられた底部16,19からなるとともに、該各底部に芯材挿通孔17,20をそれぞれ形成してあり、筒状壁15の壁断面には、該各筒状壁の材軸に沿ってボルト14が挿通されるボルト挿通孔2...

    袋体固定具及びそれを用いた地山補強材

  3. 【目的】袋体の内圧が大きくなっても袋体端部からのグラウト材の漏出を防止する。【構成】本発明に係る地山補強用袋体41は、芯材2が挿通配置される袋本体3と該袋本体の各端に取り付けられた固定部材6a,6dとを備え、固定部材6aは、袋本体3の一端周縁13aが外周面に当接される袋側スリーブ14a及び該一端周縁が袋側スリーブ14aとの間に狭着されるかしめ部材15aからなり、袋側ス...

    地山補強用袋体

  4. 【課題】袋体の内圧が大きくなっても袋体端部からのグラウト材の漏出を防止する。【解決手段】本発明に係る袋体固定具1は、芯材4が挿通され該芯材に固着される内スリーブ6と該内スリーブと同軸に配置され該内スリーブとの間に袋体2の端部周縁7が挿通される外スリーブ8とを備え、内スリーブ6は、芯材4に固着される内スリーブ本体9と、袋体2が配置された側にて内スリーブ本体9から径方向外...

    袋体固定具

  5. 【課題】全長が長い場合であっても経済性を損なわずかつ作業性も維持する。【解決手段】本発明に係る地山補強用グラウトパイプ1は、5本のパイプ本体2a〜2eとそれらを列状に相互接続する4つのジョイント部材4とを備える。ジョイント部材4は概ねスリーブ状をなし、一端に筒状凹部5を、他端に筒状凹部6を形成してあるとともに、該各筒状凹部の内面に雌ネジを切ってあり、パイプ本体2aの端...

    地山補強用グラウトパイプ及びその設計方法

  6. 【課題】グラウト材の注入圧が大きい場合等、端部に作用する力が大きい場合でも袋体端部からのグラウト材の漏出を防止する。【解決手段】本発明に係る地山補強材1は、芯材2と、該芯材が挿通された状態で両端が芯材2に固定される袋体3と、袋体3の端部周縁近傍11が芯材2とともに挿通されるスリーブ12と、該スリーブと対向するように袋体3の外側位置にて芯材2に固着される外側押さえナット...

    地山補強材