日本コークス工業株式会社 に関する公開一覧

日本コークス工業株式会社」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「日本コークス工業株式会社」の詳細情報や、「日本コークス工業株式会社」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「日本コークス工業株式会社」の法人詳細ページはこちら

  1. 技術 粉砕機

    【課題】処理物の温度上昇を抑制するための効率の高い冷却性能が発揮でき、かつ冷却媒体が漏洩することのない構造を備える粉砕機を提供する。【解決手段】回転刃50と固定刃60との刃面間において処理物を粉砕する粉砕機10である。そして、円筒状の容器20と、容器20の一端壁21を挿通して設けられる回転軸30と、回転軸30に取り付けられる回転刃50と、容器20の他端壁22に設けられ...

    粉砕機

  2. 技術 粉砕機

    【課題】回転刃と固定刃とを備え、より細かい微粉砕が可能であり、より優れた冷却性能を備える粉砕機を提供する。【解決手段】容器20内で向かい合う回転刃30と固定刃50とを備え、刃面間40で処理物を乾式粉砕する粉砕機10である。そして、固定刃50の中央部を経由する処理物の供給路60と、刃面間40の周囲に向かって開口する排出路70とを備え、排出路70は、回転刃30の軸心を含む...

    粉砕機

  3. 【課題】乾式でバッチ処理を行う粉砕処理において、ガスシールされる回転軸のために設けられたガス排出口における付着防止が可能なメディア撹拌型粉砕機を提供する。【解決手段】バッチ処理を行う乾式のメディア撹拌型粉砕機10である。そして、円筒状をなす粉砕容器20と、その粉砕容器の一端壁21から挿通されて撹拌部材51を有する回転軸50と、ガスシールされる回転軸のために粉砕容器に設...

    メディア撹拌型粉砕機

  4. 技術 粉砕機

    【課題】より細かい微粉砕が可能な乾式の粉砕機を提供する。【解決手段】容器12内で向かい合う回転刃13と固定刃15とを備え、刃面間40で処理物を乾式粉砕する粉砕機10であって、回転刃13(固定刃15)は、回転側保持部材31(固定側保持部材51)と、回転側刃部材32(固定側刃部材52)とで構成され、回転側刃部材32(固定側刃部材52)は、半径方向外側に位置する回転側外刃3...

    粉砕機

  5. 【課題】コーヒー豆等の油分が多い食品粒状物を、内周面に付着させることなく大量に粉砕処理する食品粒状物の粉砕機10及び粉砕装置を提供する。【解決手段】食品粒状物の粉砕機10は、円筒状の容器20と、容器20の一端壁を挿通して設けられる回転軸35と、回転軸35に取り付けられる回転刃30と、容器20の他端壁に設けられる固定刃40とを備え、固定刃40の中央部を経由して設けられる...

    食品粒状物の粉砕機及び粉砕装置

  6. 【課題】容器からのマイクロ波漏えいを抑制することが可能な、マイクロ波照射手段及び撹拌手段を備える加熱混合機を提供する。【解決手段】撹拌手段30は、前記容器の底面26を挿通して設けられる回転軸31と、回転軸31に取り付けられる羽根部材(下部羽根部材32、上部羽根部材33)を備え、底面26の下方に設けられた軸封箱50において、回転軸31の一部がマイクロ波吸収部材75で覆わ...

    加熱混合機

  7. 【課題】粉砕処理後における粒度分布の変動が少なく、常にシャープな曲線とすることが可能な、バッチ処理を行う乾式粉砕システム10を提供する。【解決手段】粉砕容器21の内部で回転軸22とともに回転する撹拌部材23を備えるメディア撹拌型粉砕機20と、回転軸22を駆動する駆動部60と、駆動部60の回転を制御する制御部50とを備え、制御部50が、少なくとも交代時間を入力可能な設定...

    乾式粉砕システム