アイシン精機株式会社 に関する公開一覧

アイシン精機株式会社」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「アイシン精機株式会社」の詳細情報や、「アイシン精機株式会社」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「アイシン精機株式会社」の法人詳細ページはこちら

  1. 【課題】仕切り部と吸気流制御弁との間に大きな隙間が形成されるのを抑制することによって、タンブルが減少するのを抑制することが可能な内燃機関の吸気装置を提供する。【解決手段】このインテークマニホールド6は、エンジン本体10の燃焼室5に吸気を供給する吸気通路7と、吸気通路7内に設けられ、吸気通路7を分割する仕切り部64と、回動軸81を含み、仕切り部64の上流側の端部64aよ...

    内燃機関の吸気装置および気流制御装置

  2. 【課題】圧入バリの発生による性能の低下を抑制する電動オイルポンプを提供すること。【解決手段】一方向に回転する円筒状のマグネット31と、マグネット31一体回転可能に保持する円筒状のヨーク32と、ヨーク32の内周に一体回転可能に保持されるシャフト3と、シャフト3につながり、ポンプ駆動を行うポンプ部4と、マグネット31の回転方向とは逆方向にねじ山が形成された第1ねじ部41と...

    電動オイルポンプ

  3. 技術 移動体

    【課題】転倒可能性を高精度に予測できる移動体を提供する。【解決手段】実施形態に係る移動体は、例えば、移動体であって、前記移動体が走行する空間の3次元情報を検知する第1の検知部と、前記移動体の状態を検知する第2の検知部と、前記検知された3次元情報に対応した仮想空間における仮想路面の形状と前記検知された移動体の状態とに基づいて、前記移動体に対応した仮想移動体を前記移動体の...

    移動体

  4. 【課題】太陽電池特性及び耐久性をより向上する。【解決手段】この電解質は、光吸収層を有する光電極と、光電極に向かい合うように配置された対極とを備えた太陽電池の光電極と対極との間に介在して用いられるものである。この電解質は、有機配位子を有し銅が複数の価数を有する銅錯体と、窒素を1以上含み2環以上を有する複素環式化合物及び窒素を2以上有する単環の複素環式化合物のうち1以上の...

    電解質、太陽電池及び太陽電池モジュール

  5. 【課題】太陽電池特性及び耐久性をより向上する。【解決手段】この電解質は、光吸収層を有する光電極と、光電極に向かい合うように配置された対極とを備えた太陽電池の光電極と対極との間に介在して用いられるものである。この電解質は、有機配位子を有し銅が複数の価数を有する銅錯体において銅全体に対する2価の銅のモル比率Xが0≦X<0.2の範囲内にある銅錯体と、窒素を1以上含み2環以上...

    電解質、太陽電池及び太陽電池モジュール

  6. 【課題】ドア反力が大きくなることによるハンドルを操作する際に必要な操作力の増加を抑制して、安定してドアを開くことができるようにする。【解決手段】ポールレバー130は、フルラッチ位置にあるラッチと係合してラッチのストライカとの係合を解除する方向への回動を規制している状態と、ラッチと係合していない状態とに回動可能に設けられている。ポールレバー130は、オープンリンク150...

    車両用ドアロック装置

  7. 【課題】車輪側から加えられる駆動反力の変動または振動を低減するダンパ機構を、車両用動力伝達装置全体を大型化することなく車両用動力伝達装置に設けることができる車両用動力伝達装置の提供を目的とする。【解決手段】動力源11の駆動力を出力する動力源出力軸12と、中間軸13と、左右の駆動車輪14a、14bを駆動する車輪駆動軸16a、16bと、動力源出力軸12に設けられた小径側の...

    車両用動力伝達装置

  8. 【課題】コイルばねがコイルばねの径方向に変位するのを規制でき、所望のばね定数を得ることができる車両用ダンパ機構の提供を目的とする。【解決手段】第一回転部材24と、回転軸線の一方側で第一回転部材24と対向した第二回転部材27と、第一回転部材24と第二回転部材27との相対回転により圧縮可能な複数のコイルばね28と、コイルばね28の端部28cにそれぞれ設けられ、相対回転によ...

    車両用ダンパ機構

  9. 【課題】追従位置の設定を簡易に行うことが可能な情報処理装置およびプログラムを提供する。【解決手段】本発明の情報処理装置は、対象物に追従して自律走行可能な移動体と通信する情報処理装置であって、表示制御部と、設定部と、を備える。表示制御部は、対象物に対する移動体の追従位置を設定するための設定画面を表示部に表示する。設定部は、設定画面で受け付けた操作に応じて、追従位置を設定する。

    情報処理装置およびプログラム

  10. 【課題】ヘッドレストをシートバックに対して回動させる際にシートバック及びヘッドレストが接触することを抑制できる車両用ヘッドレスト制御装置を提供する。【解決手段】制御装置は、ヘッドレストをシートバックに対して傾くように回動させる回動動作を行う状況において、ヘッドレストが許容範囲に位置する場合には回動動作を行う(S12:YES,S13)。一方、制御装置は、ヘッドレストが許...

    車両用ヘッドレスト制御装置

  11. 【課題】フロントシート及びリアシートの過度な接近を抑制できる車両用シート制御装置を提供する。【解決手段】フロントECU15fは、フロントオート動作開始条件の成立によりフロントシート1fを設定フロントシート位置まで自動で動作させるフロントオート動作と、フロントマニュアルスイッチ23fに対する操作が行われている間だけフロントシート1fを動作させるフロントマニュアル動作と、...

    車両用シート制御装置

  12. 【課題】フロントシートの動作時にリアシートの着座者に不快感を与えることを抑制できる車両用シート制御装置を提供する。【解決手段】フロントECUは、フロントオート動作開始条件の成立した場合(S25:YES)、アクチュエータを駆動し、フロントシートを予め設定された設定フロントシート位置まで自動で動作させる(S24)。さらに、フロントECUは、オットマンが退避位置に位置する場...

    車両用シート制御装置

  13. 【課題】慣性センサの保持位置を特定すること。【解決手段】実施形態にかかる情報処理装置は、慣性情報を検出する慣性センサと、それぞれが複数の位置のいずれかに対応付けられた複数の参照情報と慣性センサによって検出された第1の慣性情報とを比較することによって複数の位置のうちの1つを選択し、選択された位置を利用者による保持位置として特定する位置特定部と、を備える。

    情報処理装置

  14. 【課題】スポイラに過負荷が作用することを安定して抑制する。【解決手段】アクチュエータ120は、回転軸121を有し、回転軸121が正転および逆転可能に設けられている。リンク機構130は、アクチュエータ120の回転軸121に連結されている。スポイラ110は、リンク機構130に連結されている。スポイラ110は、展開位置と格納位置とに回動可能に設けられている。スプリング140...

    可動式フロントスポイラ装置

  15. 【課題】起動直後などの電動機の駆動回転数が比較的低回転数において、誘起電圧に重畳する高周波ノイズに起因する可動子の位置推定精度の低下を抑制することが可能な電動機制御装置を提供する。【解決手段】制御装置60は、第一推定位置算出部71を備える。第一推定位置算出部71は、第一正極側スイッチング素子が開状態に制御されるとき、および、第一負極側スイッチング素子が閉状態に制御され...

    電動機制御装置

  16. 【課題】音叉状端子と板状端子とを適正な姿勢で嵌め合わせることが可能な電気接続構造を得る。【解決手段】端部にスリット状空間37Sが形成された音叉状端子37と、音叉状端子37を支持する第1支持体と、端部に導通領域38Sが形成された板状端子38と、板状端子38を支持する第2支持体とを有し、第1支持体と第2支持体とが互いに連結することにより音叉状端子37のスリット状空間37S...

    電気接続構造

  17. 【課題】より意匠性に優れたグリルシャッタ装置を提供すること。【解決手段】グリルシャッタ装置は、支軸12回りに回動する複数の可動フィン3を備える。また、各可動フィン3は、当該各可動フィン3が全閉状態に対応する第1の回動位置にある場合に車両の前方側に臨むシャッタ意匠面40を備える。そして、これらの各可動フィン3が全開状態に対応する第2の回動位置P2にある場合に車両の前方側...

    グリルシャッタ装置

  18. 【課題】(電動ポンプを駆動する)モータの状態を正確に判別可能にすることが可能な電動ポンプを提供する。【解決手段】この電動ポンプ100は、ポンプ2を駆動するモータ1と、ECU10からモータ1を駆動するための入力信号が入力され、上記入力信号に基づいて駆動部2に駆動信号を出力するとともに、ECU10にモータ1の回転状態を示すパルス信号Pを出力する制御部4と、を備える。そして...

    電動ポンプ

  19. 【課題】便座用の加熱装置および便座装置において、材料の歩留まりの向上と低コスト化との両立を図ること。【解決手段】便座用の加熱装置1は、使用者に使用される場合に使用者が着座する着座面Scを外表面に有し、中空に形成された便座2に適用され、便座2の内側面のうち着座面Scに対して裏側の裏側面Suに配置され、着座面Scを加熱する。便座用の加熱装置1は、通電されることにより発熱す...

    便座用の加熱装置および便座装置

  20. 【課題】局部洗浄装置のノズル装置において、構造の簡素化を図ること。【解決手段】局部洗浄装置2のノズル装置1は、第一位置P1と第二位置P2との間を移動可能に設けられ、洗浄水を噴出するノズル60と、円柱状に形成され、軸線30aの周りに第一回転方向W1および第一回転方向W1と反対方向の第二回転方向W2に回転可能に設けられたドラム30と、第一端側がノズル60に接続され、かつ、...

    局部洗浄装置のノズル装置

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 18