昭和飛行機工業株式会社 に関する公開一覧

昭和飛行機工業株式会社」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「昭和飛行機工業株式会社」の詳細情報や、「昭和飛行機工業株式会社」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「昭和飛行機工業株式会社」の法人詳細ページはこちら

  1. 【課題】 第1に、コールドスタートおよび受電相手の初期認証ができると共に、第2に、これらがコスト面や信頼性等にも優れて実現される、非接触給電装置の通信装置を提案する。【解決手段】非接触給電装置2は、給電ステージAにおいて、電磁誘導の相互誘導作用に基づき、送電側の送電コイルL1から受電側の受電コイルL2に、エアギャップGを存し近接対峙位置して電力を供給する。通信装置1...

    非接触給電装置の通信装置

  2. 【課題】 第1に、充電電力の増減変更制御が可能であると共に、第2に、電磁放射ノイズの発生が防止され、第3に、これらが誘電体に水等を採用した大容量バリコンにより実現される、非接触給電装置を提案することを目的とする。【解決手段】非接触給電装置6は、送電側の共振回路4の送電コイル11から、受電側の共振回路7の受電コイルL2に、電力を供給する。受電側の共振回路7は、直列コン...

    非接触給電装置

  3. 【課題】第1に、荷重伝播が分散,軽減され、第2に、もって保護対象の破損,損傷等が防止される、ハニカムパネルを提案する。【解決手段】このハニカムパネル8は、ハニカムコア5の開口端面に、アッパスキン材6とロワスキン材7が接合されている。ハニカムコア5は、高強度ハニカム9と、座屈Gにより荷重Aを分散可能な低強度ハニカム10とが、多段に積層されている。そして負荷荷重Aは、衝撃...

    ハニカムパネル

  4. 【課題】ハニカムコアの製造が、現地使用場所等で可能となり、もって輸送性やハンドリング性等の供給性が向上し、簡単,容易,迅速に防壁を形成可能となる、ハニカムコアの製造方法を提案する。【解決手段】この製造方法では、母材シートを重積すると共に半ピッチずつずれた位置関係で条線接合し、もって得られたブロック体6を展張することにより、ハニカムコア1を製造する。そして、このような展...

    ハニカムコアの製造方法

  5. 【課題】第1に、荷重伝播が分散,軽減され、第2に、もって保護対象の破損,損傷等が防止される、ハニカムパネルを提案する。【解決手段】このハニカムパネル8は、ハニカムコア5の開口端面に、アッパスキン材6とロワスキン材7が接合されている。ハニカムコア5中に、ミッドスキン材9が介装されており、ミッドスキン材9は、撓みにより荷重を分散可能である。そして負荷荷重Aは、衝撃荷重,集...

    ハニカムパネル

  6. 【課題】第1に、製造工程が簡単容易であり簡略化され、第2に、所定の寸法や形状への加工が容易であり、加工性にも優れ、第3に、均一な温度分布が迅速に得られる、ハニカムヒーターを提案する。【解決手段】このハニカムヒーター6のハニカムコア7は、セル壁8の導電材9が、非導電材10中に間隔を置いて介装されると共に、発熱塗料11が、セル壁8の導電材9および非導電材10に塗布されてお...

    ハニカムヒーター