株式会社無有 に関する公開一覧

株式会社無有」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「株式会社無有」の詳細情報や、「株式会社無有」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「株式会社無有」の法人詳細ページはこちら

検索結果:1~5件を表示(5件中) 1/1ページ目

  1. 技術 マスク

    【課題】本体部の両側端と顔との間に隙間が生じにくいマスクを提供する。【解決手段】マスク1は、本体部10、一対の耳紐20、及び支持部32を備えている。本体部10は、装着者の口を覆う。本体部10は、各耳紐20の上端部20aが固定された部位である上端固定点12、及び各耳紐20の下端部20bが固定された部位である下端固定点14を有している。一対の耳紐20は、本体部10の左右両...

    マスク

  2. 【課題】マスク本体内の空間に有害粒子を侵入しにくくするマスク用アタッチメント、及びそれを備えたマスクを提供する。【解決手段】マスク用アタッチメント20は、装着者の口を覆うマスク本体10の両側端に沿って取り付けられる一対のマスク用アタッチメントである。マスク本体10の左右両側には、装着者の耳に掛けられる一対の耳紐12が設けられている。各マスク用アタッチメント20は、切込...

    マスク用アタッチメント及びそれを備えたマスク

  3. 【課題】マスク本体内の空間に有害粒子を侵入しにくくするマスク用アタッチメント、及びそれを備えたマスクを提供する。【解決手段】マスク用アタッチメント20は、装着者の口を覆うマスク本体10に取り付けられるシート状のマスク用アタッチメントである。マスク用アタッチメント20は、マスク本体10に取り付けられた状態で、マスク本体10から食み出すように構成されている。

    マスク用アタッチメント及びそれを備えたマスク

  4. 技術 マスク

    【課題】本体部の両側端と顔との間に隙間が生じにくいマスクを提供する。【解決手段】マスク1は、本体部10、及び一対の耳紐20を備えている。本体部10は、装着者の口を覆う。一対の耳紐20は、本体部10の左右両側に設けられており、装着者の耳に掛けられる。本体部10は、上端固定点12、下端固定点14、及び中間固定点16を有している。上端固定点12は、各耳紐20の上端部20aが...

    マスク

  5. 【課題】マスク本体に貼着してもその通気性を妨げにくい鼻用保湿材、及びそれを備えたマスクを提供する。【解決手段】鼻用保湿材1は、装着者の鼻及び口を覆うマスク本体の内面に貼着される。鼻用保湿材1は、保水層10、及び粘着層20を備えている。保水層10は、シート状をしており、水分を保持する。粘着層20は、保水層10の裏面に設けられており、マスク本体の内面に対して粘着力を有する...

    鼻用保湿材及びそれを備えたマスク