株式会社カネカ に関する公開一覧

株式会社カネカ」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「株式会社カネカ」の詳細情報や、「株式会社カネカ」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「株式会社カネカ」の法人詳細ページはこちら

  1. 【課題・解決手段】本開示は、複数のトリオキソトリアンギュレン(TOT)骨格を、π共役系を共有するようにダイマー状、トリマー状、オリゴマー状またはポリマー状に連結したTOT化合物の重合体を提供する。連結したTOT化合物の構造は、TOT骨格どうしが互いに直接結合した構造であっても、TOT骨格どうしが、π共役連結基Xを介して互いに連結した構造であってもよい。TOT骨格どうし...

    TOT化合物およびそれを利用した非水電解液二次電池

  2. 【課題・解決手段】吸引カテーテル1は、近位側から遠位側に延びる吸引ルーメン10と、吸引ルーメンにおける遠位側に形成された吸引口11と、を有する第二チューブ41、を備える。吸引口は、第一ルーメンが延びる第一方向に直交する面に対して傾いた状態に形成された部分を有している。吸引口における遠位端11aを鉛直方向上側、吸引口における近位端11bを鉛直方向下側となるように第二チュ...

    吸引カテーテル及び吸引カテーテルの製造方法

  3. 【課題・解決手段】吸引カテーテル1は、近位側から遠位側に延びる吸引ルーメン10と、吸引ルーメンにおける遠位側に形成された吸引口11と、を有する第二チューブ41、を備える。吸引口は、第一ルーメンの第一方向に直交する面に対して傾いた状態に形成された部分を有している。吸引口における遠位端11aを鉛直方向上側、吸引口における近位端11bを鉛直方向下側となるように第二チューブが...

    吸引カテーテル及び吸引カテーテルの製造方法

  4. 【課題・解決手段】吸引カテーテル1は、近位側から遠位側に延びる吸引ルーメン10と、吸引ルーメンにおける遠位側に形成された吸引口11と、を有する第二チューブ41、を備える。吸引口は、一方端が遠位側に、他方端が近位側に配置されている。吸引口における遠位端11aを鉛直方向上側、吸引口における近位端11bを鉛直方向下側となる第二チューブの配置において、吸引口の近位端における鉛...

    吸引カテーテル及び吸引カテーテルの製造方法

  5. 【課題】ハイブリダイゼーション法の特異性の高さを活用し、かつ、PCR産物の検出工程に要する時間と工程を減らし、特殊な装置を必要とすることなく、簡便かつ高精度に、目視にて検出する核酸検出方法、および核酸検出デバイスまたはキットを提供することを課題とする。【解決手段】試料中の標的核酸を検出する方法において、標的核酸配列を増幅する際に、その両末端に一本鎖領域を付加した部分的...

    増幅核酸検出方法及び検出デバイス

  6. 【課題・解決手段】耐熱性が高く、毒性がなく、放射化の心配がないとともに、膜厚が薄くてもイオンビームを多価化でき、かつ高エネルギーのビーム照射にも長期間耐えうるイオンビーム荷電変換装置の荷電変換膜を提供することを目的とする。イオンビームの荷電を変換する装置に用いられる荷電変換膜であって、25℃における膜面方向の熱伝導度が20W/mK以上である炭素膜からなり、該炭素膜の膜...

    イオンビーム荷電変換装置の回転式荷電変換膜及びイオンビーム荷電変換方法

  7. 【課題・解決手段】本発明の目的は、カルシプロテインパーティクルを吸着することにある。本発明に係るカルシプロテインパーティクルの吸着材は、水不溶性担体の表面に、炭化水素基を介してアミノ基、カルボキシル基、リン酸基、ホスフォノ基、ホスフィノ基、チオール基から選択される少なくとも1種が共有結合していることを特徴とする。

    カルシプロテインパーティクルの吸着材、および吸着除去システムとその利用方法

  8. 【課題】 太陽電池モジュールにおける光電変換の変換性能と紫外線耐久性とを同時に担保したバックコンタクト型太陽電池の太陽電池モジュールを提供する。【解決手段】 太陽電池モジュール20では、半導体基板11の受光面11SU側に、水素化非晶質シリコン系薄膜層で形成される真性半導体層12U、絶縁層である低反射層16、および、受光側封止材21Uが重ねて配置される。そして、受光...

    バックコンタクト型太陽電池モジュール

  9. 【課題・解決手段】本発明のポリイミド樹脂は、下記一般式(1)で表される繰り返し単位を含む。X1は少なくとも1つの環構造を有する4価の有機基であり、X1に結合する4つのカルボニル基のうちの2つずつは対をなしてX1および窒素原子とともに五員環を形成している。R2は、水素、炭素数1〜9のアルキル基、または炭素数1〜10のアルコキシ基である。Yはフェノール性水酸基を有する2価...

    ポリイミド樹脂、および樹脂組成物

  10. 【課題】防汚性が良好な硬化性樹脂組成物を提供することを目的とする。【解決手段】ポリオキシエチレン鎖を含有する(メタ)アクリル酸エステル単位と加水分解性シリル基を含有する(メタ)アクリル酸エステル単位と(メタ)アクリル酸アルキルエステル単位を含有する加水分解性シリル基含有(メタ)アクリル酸エステル系重合体(A)と、分子鎖末端に加水分解性シリル基を有する有機重合体(B)と...

  11. 【課題】長時間又は繰り返し使用した場合においても優れたクッション性を維持することができ、更に座り心地や感触が良好なビーズクッション材用ポリスチレン系発泡粒子及び発泡性ポリスチレン系樹脂粒子の提供。【解決手段】発泡倍率が20〜50倍で、平均粒子径±10%の変動幅に入る割合が80%以上であり、かつZ平均分子量が50万以上、好ましくは50万〜95万未満であるポリスチレン系発...

  12. 【課題】低トランス脂肪酸量であるにも関わらず、良好な口溶けと耐熱保型性を有し、さらにクリーミング性及びスプレッド性が良好であるフィリングを作製するために用いる油中水型油脂組成物を提供すること。【解決手段】油脂組成物全体中に油脂を60〜90重量%含み、水分を10〜40重量%含むフィリング用油中水型油脂組成物であって、前記油脂の構成脂肪酸全体中、トランス脂肪酸含量が5重量...

  13. 【課題・解決手段】本発明の1以上の実施形態は、液体をクロマトグラフィー担体に接触させる際の汚染の可能性が低減された検査用デバイスを提供する。検査用デバイス1は、内部空間11を内包し、液体Lを収容した容器40を支持する孔12が形成され、且つ、穿孔切開部13を備える筐体10と、筐体10の筐体孔形成部14を覆う蓋体20とを備え、筐体10及び/又は蓋体20は、蓋体20が、筐体...

    検査用デバイス

  14. 【課題】防眩性有し、且つ、高い防汚性を発揮することが可能な太陽電池モジュールを提供することである。【解決手段】太陽電池モジュールにおけるガラス製の板体の表面を凹凸状にし、さらに反射防止膜を積層させる。そして、板体の厚さ方向に切断した断面に、表面の輪郭線の勾配が急変する部分を変化点を存在させる。また、変化点を境界として一方側の0.7マイクロメートル間に存在する輪郭線を疑...

    太陽電池モジュール及び太陽電池モジュールの製造方法

  15. 【課題】 生地作製時の作業性が良好で、冷凍物流中や冷凍保管中における温度変化を経た後に加熱調理しても、ボリュームの低下や表面の荒れ(火ぶくれ、焼き色ムラ)が発生することなく、且つソフトでゴム感が少なく歯切れの良い食感のパンが得られるホイロ後冷凍パン生地を提供すること。【解決手段】 最終発酵した後に冷凍されたホイロ後冷凍パン生地であって、冷凍パン生地に含まれる穀粉1...

  16. 【課題・解決手段】3HH単位をより高い組成比率で含有する共重合PHAを生産する形質転換体、及び、当該形質転換体を用いた共重合PHAの製造方法を提供する。3HH単位を含有する共重合PHAを合成可能なPHA合成酵素遺伝子を有する原核微生物に対し、トランス−2−エノイル−CoAヒドラターゼ活性と(R)−3−ヒドロキシアシル−CoAデヒドロゲナーゼ活性を有する酵素をコードする...

  17. 【課題・解決手段】本発明は、目的とする抗体断片と物性が類似した、分離が困難な不純物を分離することができ、目的抗体断片を効率的かつ高純度で製造することができる方法を提供することを目的とする。本発明に係る抗体断片の製造方法は、上記抗体断片がCH1領域を含み且つFc領域を含まないものであり、上記抗体断片を含み且つFc断片を含まない液体試料を作製する工程、上記液体試料を、プロ...

    抗体断片の製造方法

  18. 【課題・解決手段】本発明の目的は、複雑な製造プロセスを経ずとも連続気泡率が低く型内成形における成形性に優れるポリプロピレン系樹脂予備発泡粒子を提供することにある。式(1)を満たすポリプロピレン系樹脂からなることを特徴とする、ポリプロピレン系樹脂予備発泡粒子により達成できる。式(1) tanδ≦0.32×V+0.1 (tanδは、200℃での動的粘弾性測定における角...

  19. 【課題・解決手段】クロロフォーメート化合物を、安全且つ高収率で大量生産する方法を提供する。クロロフォーメート化合物は、トリホスゲンの溶液、アミン、アルコール化合物を、フロー式リアクター中で混合し、反応させることで製造される。或いはトリホスゲンの溶液と、アミン及びアルコール化合物の溶液を、フロー式リアクター中で混合し、反応させることで製造される。前記アミンがトリブチルア...

  20. 【課題・解決手段】本開示では、使用溶媒の制限を受けにくいフロー式リアクターを用いた塩素含有化合物の反応を提供する。本開示では、水酸基、チオール基、アミノ基、カルボキシル基、及びチオカルボキシル基、酸アミド基からなる群より選ばれる、塩素と反応し得る官能基を少なくとも1つ有する反応基質と塩素含有化合物とを、炭素数9〜40のトリアルキルアミンと有機溶媒と共にフロー式リアクタ...

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8