エスエス製薬株式会社 に関する公開一覧

エスエス製薬株式会社」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「エスエス製薬株式会社」の詳細情報や、「エスエス製薬株式会社」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「エスエス製薬株式会社」の法人詳細ページはこちら

  1. 【課題】ロキソプロフェンとメトカルバモールを有しながら、悪臭等の問題のない医薬組成物を提供すること。【解決手段】ロキソプロフェン又はその薬学的に許容される塩と、メトカルバモールとを組み合わせ配合する組成物において、これら両配合成分を、それぞれを別々に顆粒化し、次いで、これを組成物内部での相互作用を防ぐように製剤化したことを特徴とする医薬組成物。

  2. 技術 内服液

    【課題】不快な味や臭いを呈する成分の不快な味および臭いを低減し、経口的に服用しやすい内服液の提供。【解決手段】ヒアルロン酸、コラーゲン、システインペプチド及びビタミンB6を含有する内服液。

  3. 技術 医薬製剤

    【課題】ロキソプロフェンとメトカルバモールを有しながら、悪臭や、膨れ・割れ等の問題のない医薬製剤を提供すること。【解決手段】ロキソプロフェン若しくはその薬学的に許容される塩及びメトカルバモールを含有する医薬組成物を、ケイ酸塩若しくはアルミノケイ酸塩またはこれらと活性炭の混合物から選ばれる吸着剤とともに医薬容器中に含んでなる医薬製剤。

  4. 【課題】ブチルスコポラミン臭化物の苦味を低減させながら、柔軟性の優れた経口用シート状製剤を提供すること。【解決手段】セルロース系高分子を基材として含有し、以下の成分(A)〜(C): (A)ブチルスコポラミン臭化物 (B)スクラロース及び/又はサッカリンナトリウム (C)メントールを含有することを特徴とする経口用シート状製剤。

  5. 【課題】イブプロフェン、アリルイソプロピルアセチル尿素及びカフェインを含有する解熱鎮痛製剤において、ウイスカーの発生やそれに伴う不快な臭いの発生を抑制することのできる技術を提供すること。【解決手段】イブプロフェン、アリルイソプロピルアセチル尿素及びカフェインをそれぞれ質量比で10:3:4の割合で含有する解熱鎮痛製剤を密封包装してなる解熱鎮痛医薬品。