いすゞ自動車株式会社 に関する公開一覧

いすゞ自動車株式会社」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「いすゞ自動車株式会社」の詳細情報や、「いすゞ自動車株式会社」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「いすゞ自動車株式会社」の法人詳細ページはこちら

  1. 技術 制御装置

    【課題】車両のエンジン始動時の安全性を向上させる。【解決手段】車両に搭載される制御装置1において、エンジン始動部10は、第1駆動電圧を超える電力の供給を条件として車両のエンジン2を始動する。エンジン制御部11は、エンジン始動部10の動作を制御する。変速機制御部12は、第1駆動電圧よりも高い電圧である第2駆動電圧を超える電力の供給を条件として車両の変速機3を駆動する。こ...

    制御装置

  2. 【課題】斜板ポンプ・モータとそれにつながる蓄圧装置とを備え、蓄圧装置に回収した油圧エネルギ(作動油の圧力)を減圧してその斜板ポンプ・モータの斜板の角度の制御に用いるように構成された油圧システムにおいて、回収した油圧エネルギが十分にない場合でも、斜板ポンプ・モータを作動可能にする。【解決手段】本開示の技術の一実施形態に係る油圧システム10は、斜板ポンプ・モータ12と蓄圧...

    油圧システム及びハイブリッド車両

  3. 【課題】運転状態に関する誤判定に基づく警報の通知を抑制する。【解決手段】撮像部2は車両の運転者を撮像する。座標検出部51は、車両の位置を示す位置情報及び進行方向を検出する。適否判定部50は、撮像部2が撮像した映像を解析して運転者による車両の運転状態の適否を判定する。日照方向取得部52は、日時、位置情報、及び日照方向を対応付けて格納する日照データベースを参照して、日照方...

    車両用警報装置

  4. 【課題】警告による煩わしさを感じさせずに、運転者の安全運転に対する意識が低下したときに確実に警告して安全運転を促進させることができる安全運転促進装置及び安全運転促進方法を提供する。【解決手段】安全運転促進装置20は、撮像装置21、警告装置22、及び制御装置23を備えて、画像Dnから現在のパラメータ(Fn、Pn、θn、En)を抽出不可能な場合は、過去のパラメータ(F(n...

    安全運転促進装置及び安全運転促進方法

  5. 【課題】噴射された尿素水と排気ガスの混合部を有利に保温する。【解決手段】内燃機関の排気浄化装置は、還元剤を噴射する噴射弁と、噴射弁の下流側に設けられた選択還元型NOx触媒23と、噴射弁の下流側かつNOx触媒の上流側に設けられ、還元剤と排気ガスを混合させるための混合通路管10Pと、NOx触媒の下流側に設けられ、混合通路管を覆う下流側通路管13Pとを備える。

    内燃機関の排気浄化装置

  6. 【課題】熱制御装置において、トランスミッションを冷却する冷却性能を向上させる。【解決手段】熱制御装置1は、車両のエンジン11を冷却する冷却水を冷却するラジエータ12と、エンジン11で生じる動力を伝達するトランスミッション13と、トランスミッション13を冷却するトランスミッションオイルを車両の外側の空気と熱交換することで冷却する空冷式オイルクーラ14と、トランスミッショ...

    熱制御装置

  7. 【課題】車載部品の保持力の強化と取付作業性の向上とを両立させることが可能な車載部品の取付構造の提供。【解決手段】ブラケット4は、1対の支持面23と回転規制係合部18とを有し、車体側に固定される。車載部品6は、1対の軸状の突出部40と回転規制係止部41とを有し、ブラケットに保持される。1対の支持面23には、1対の突出部40を保持可能に凹む1対の凹部24が設けられる。ブラ...

    車載部品の取付構造

  8. 【課題】車両が予測した予測経路を逸脱した場合に生じる制御性能の悪化を回避することができる走行制御システム及び走行制御方法を提供する。【解決手段】走行制御システム10は、現在位置取得装置11、走行操作検知装置12、及び制御装置13を備えて、制御装置13が予測部16、制御部17、及び判定部18を有して、制御部17が予測部16で予測された予測経路Lmから算出した予測制御目標...

    走行制御システム及び走行制御方法

  9. 【課題】車両が目的地に向って走行する際の進行方向を高精度に推定して、路面勾配を高精度に予測する路面勾配予測システム及び路面勾配予測方法を提供する。【解決手段】路面勾配予測システム10は、現在位置取得装置11及び制御装置12を備えて、制御装置12が数値地図13、走行方向算出部15、進行方向算出部16、及び予測部17を有して、走行方向算出部15が現時点の車両の走行方向An...

    路面勾配予測システム及び路面勾配予測方法

  10. 【課題】タンクをブラケットに安定的に保持する。【解決手段】車体側から延びると共に、少なくともその一部を筒状胴部51の下方に位置させたブラケット11F,11Rと、筒状胴部51の下方に位置するブラケット11F,11Rの所定部位に設けられると共に、筒状胴部51の筒軸心Xを中心にV字状に傾斜する一対の平面部を含み、該一対の平面部で筒状胴部51の2カ所を下方から支持する支持部材...

    タンクの支持構造

  11. 【課題】ドライバーが異常状態に陥って車両を緊急停止させる際、車両が緊急停止することを前もって同乗者に確実に認識させること。【解決手段】ブレーキ装置1が、信号用流体の圧力を第1の圧力Pr1に減圧する第1の減圧弁21Aと、信号用流体の流路を閉状態から開状態に切り替える第1の流路切替弁23Aと、を備える第1の流体圧供給系統Aと、信号用流体の圧力を第1の圧力Pr1よりも高い第...

    車両用ブレーキ装置

  12. 【課題】変速機構等の装置において、シフトフォークの基部が鉛直方向下方に位置し、略半円形二股状の本体部の開部分が鉛直方向上方に斜め下方から開くような姿勢でシフトフォークがスリーブの外周部に係合しているとき、それらの摺動部に、より効果的に潤滑油を取り込み可能にする。【解決手段】本発明の一実施形態に係るシフトフォーク10は、基部12と、略半円形二股状に形成されてシフトスリー...

    シフトフォーク

  13. 【課題】クラッチ断時にロックアップクラッチを効果的に締結させる。【解決手段】動力源2の回転動力がロックアップクラッチ25を含む流体継手10からクラッチ装置70を介して変速機80に伝達される車両1の制御装置100であって、ロックアップ出力回転数がロックアップ入力回転数よりも高く、且つ、ロックアップクラッチ25が断の状態で、変速制御を実施する場合に、動力源2からロックアッ...

    車両の制御装置及び、制御方法

  14. 【課題】車両全長の増大を抑制しつつ、歩行者と衝突した際に歩行者が受ける衝撃を低減することが可能なミラーベースカバー構造の提供。【解決手段】ミラーベース部20は、キャブフロントカバーパネル9の車幅方向外端上部よりも後方且つ車幅方向外側であって、ドア11の外側面の前端よりも前方且つ車幅方向内側に配置されて車体側に固定され、ミラーステー4の上下方向に延びる基軸5を支持する。...

    車両のミラーベースカバー構造

  15. 【課題】運転者の意図に沿ったタイミングで変速を行うことができる変速制御装置を提供すること。【解決手段】変速許可操作部からの許可信号の入力を受け付ける入力部と、車両の運転状態に基づいて変速機における変速比を決定する変速比決定部と、前記変速許可操作部からの許可信号が入力された場合に、前記変速比決定部において決定された変速比を実現するように前記変速機を制御する制御部と、を備...

    変速制御装置

  16. 【課題】ピストン内を流れるオイルの流量を増加させること。【解決手段】噴射されたオイルを一端から導入する導入流路21と、導入流路21の他端と連通し、導入流路21から流入したオイルが流れる冷却空洞22と、一端が冷却空洞22と連通し、冷却空洞22から流入したオイルを他端から排出する排出流路23とが内部に設けられた内燃機関のピストン9であって、冷却空洞22の第1面F1および第...

    内燃機関のピストン

  17. 【課題】ピストンからオイルへの伝熱量を増加させること。【解決手段】噴射されたオイルを一端から導入する導入流路21と、導入流路21の他端と連通し、導入流路21から流入したオイルが流れる冷却空洞22と、一端が冷却空洞22と連通し、冷却空洞22から流入したオイルを他端から排出する排出流路23とが内部に設けられた内燃機関のピストン9であって、冷却空洞22は、冷却空洞22におけ...

    内燃機関のピストン

  18. 【課題】ピストン内を流れる冷却用のオイルの流量を増加させること。【解決手段】噴射されたオイルを一端から導入する導入流路21と、導入流路21の他端と連通し、導入流路21から流入したオイルが流れる冷却空洞22と、一端が冷却空洞22と連通し、冷却空洞22から流入したオイルを他端から排出する排出流路23とが内部に設けられた内燃機関のピストン9であって、上流側排出流路23aと下...

    内燃機関のピストン

  19. 【課題】エンジンの回転数に依存せずに、ラジエータの冷却性能を適切に発揮させることができるラジエータファンを提供する。【解決手段】ラジエータを冷却するラジエータファンであって、ラジエータを冷却するラジエータファンであって、エンジンの回転によって回転する回転部材と、空気を受ける面の角度が変更されるように回転部材の周面に設けられる羽根部材と、回転部材内に設けられ、回転部材の...

    ラジエータファン

  20. 【課題】後処理部による再生処理の際に発生した熱を有効に活用する。【解決手段】排気システム1は、エンジン10の排気ガスが流れる排気通路20と、排気通路20に設けられ、排気ガスを浄化するために再生処理を行う後処理部30と、後処理部30に設けられ、再生処理を促進するために後処理部30を加熱するヒータ32と、排気通路20において後処理部30よりも下流側に設けられ、排気ガスの熱...

    排気システム

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 17