いすゞ自動車株式会社 に関する公開一覧

いすゞ自動車株式会社」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「いすゞ自動車株式会社」の詳細情報や、「いすゞ自動車株式会社」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「いすゞ自動車株式会社」の法人詳細ページはこちら

  1. 技術 固定構造

    【課題】管とコネクタとの固定部分における弛み等の発生を抑制できる固定構造を提供する。【解決手段】管10の端部10aにコネクタ20を固定する固定構造100であって、管10の端部10aの外周部に設けられた管側係合部11と、コネクタ20の外周部に設けられたコネクタ側係合部21と、管10及びコネクタ20の外周側から管側係合部11とコネクタ側係合部21とに係合し、これら係合部1...

    固定構造

  2. 【課題】軸方向の長さを抑えて、2種類の液体を好適に分離することができるオイルシール構造を提供する。【解決手段】相対回転する第1部材1および第2部材2の間を密封するためのオイルシール構造10であって、第1部材1に固定されている第1環状体11と、第2部材2に固定され、第1環状体11と対向する第2環状体12と、第1部材1と第2環状体2との間に配置されている第1オイルシール1...

    オイルシール構造

  3. 【課題】所定の期間内に車両の部品が故障する蓋然性を予測する精度を向上させる。【解決手段】モデル作成装置11は、交換された車両の部品を特定するための交換部品情報と、部品が交換された日を示す交換日情報と、車両を特定するための車両特定情報と、を取得する交換情報取得部111と、車両の状態を測定して得られた複数の測定データを含む測定データセットを、車両特定情報に関連付けて複数の...

    モデル作成装置、モデル作成方法及びプログラム

  4. 【課題】排気を浄化する触媒を昇温させつつ、エンジンの燃焼を安定化させる。【解決手段】圧縮空気をエンジン4へ供給する過給機2と、過給機2のタービンより上流に一端が接続された循環路であって、エンジン4から排出された排気をエンジン4に循環させる循環路と、タービンより上流に配置され、排気を昇温させるためのヒータ5と、を備える。ヒータ5は、循環路の一端とエンジン4のエキゾースト...

    内燃機関の排出装置及び排気制御方法

  5. 【課題】選択還元型触媒の触媒が還元剤固形物に削り落とされることを抑制し、ひいては排気ガスの浄化効率が低下することを抑制することが可能な排気浄化装置および車両を提供する。【解決手段】排気浄化装置は、内燃機関で発生した排気ガスが流れる排気管と、排気管に設けられ、排気ガス中の窒素酸化物の還元を促進する選択還元型触媒と、排気管における選択還元型触媒の前段に設けられ、排気ガス中...

    排気浄化装置および車両

  6. 【課題】還元剤と排気ガスとの混合効率を向上させ、ひいては排気ガスの浄化効率を向上させることが可能な混合部材、排気浄化装置および車両を提供する。【解決手段】混合部材は、排気管内で、排気ガスが流れる排気方向に対して傾斜する供給方向に供給される還元剤と、排気ガスとを混合する混合部材であって、ガス流入口と、ガス流出口と、ガス流入口およびガス流出口を連通し、内部で排気ガスおよび...

    混合部材、排気浄化装置および車両

  7. 【課題】開弁時に発生する開放音の大きさを低減することができるバタフライバルブを提供すること。【解決手段】回転軸と、回転軸の軸線回りに回転することで通路を開閉する弁体と、を備え、弁体は、閉弁時に通路の軸線に対して傾斜した状態で通路の上流側を向く第一の面と、第一の面から所定方向に向かって延在する第二の面と、を有し、第二の面は、閉弁時に通路の内壁との間に下流側に向かって徐々...

    バタフライバルブ

  8. 【課題】外観上の見栄えを低下させることなく、歩行者の脚部を保護する。【解決手段】バンパ11は、エネルギー吸収部材6の前方で前後方向と交叉するバンパ前板部11aと、バンパ前板部11aの下端から後方へ延びるバンパ下板部11bとを有する。エアバッグ22は、通常時には収縮した状態でバンパ下板部11bよりも上方、且つアンダーカバー12の突出部17よりも前方に収納される。エアバッ...

    車両の歩行者保護装置

  9. 【課題】簡素な構成で運転者の居眠りを効果的に防止する。【解決手段】内燃機関10の回転動力がクラッチ21,22を介して自動変速機30に伝達される動力伝達装置を搭載した車両1の制御装置であって、車両10の運転者の居眠り運転状態を検知する居眠り運転検知部95〜98,130と、居眠り運転状態が検知されると、クラッチ21,22を架け替えるクラッチ架け替え制御を実行すると共に、ク...

    車両の制御装置及び、制御方法

  10. 【課題】簡素な構成で運転者の居眠りを効果的に防止する。【解決手段】駆動力源10の回転動力がクラッチ21,22を介して自動変速機30に伝達される動力伝達装置を搭載した車両1の制御装置であって、車両10の運転者の居眠り運転状態を検知する居眠り運転検知部95〜98,130と、居眠り運転状態が検知されると、クラッチ21,22を作動させると共に、クラッチ21,22が解放状態から...

    車両の制御装置及び、制御方法

  11. 【課題】クラッチ摩擦係数を推定する。【解決手段】入力回数センサ90と、出力回転数センサ93,94と、変速進行過程で生じるトルクフェーズからイナーシャフェーズに亘って、クラッチ21,22を所定の供給油圧で作動させて解放状態から係合状態に切り替えるクラッチ架け替え制御を実行するクラッチ制御部112と、イナーシャフェーズにおいて、クラッチ入力回転数をクラッチ出力回転数に一致...

    推定装置及び、推定方法

  12. 【課題】クラッチ摩擦係数を適宜に補正する。【解決手段】変速進行過程で生じるトルクフェーズからイナーシャフェーズに亘って、クラッチ21,22から自動変速機30に伝達されるクラッチ伝達トルクを、少なくともクラッチ21,22の推定摩擦係数に基づいて制御するクラッチ制御部112と、イナーシャフェーズにおいて、クラッチ入力回転速度をクラッチ出力回転速度に一致させる目標差回転速度...

    制御装置及び、制御方法

  13. 【課題】オートチューニングによるゲイン調整の最適化を図る。【解決手段】クラッチ21,22の入力回転速度を取得するセンサ90と、クラッチ21,22の出力回転速度を取得するセンサ93,94と、イナーシャフェーズにおいて、入力回転速度を出力回転速度に一致させる目標差回転速度を設定する目標差回転速度設定部130と、イナーシャフェーズ中に、目標差回転速度と実差回転速度との偏差に...

    制御装置及び、制御方法

  14. 【課題】車両重量の推定精度を効果的に向上する。【解決手段】車両10の状態量を示すパラメータを取得するパラメータ取得部23〜27と、取得されるパラメータに基づいて、車両10の重量値を所定周期ごとに演算する第1演算部32と、所定周期ごとに演算された複数の重量値に対して、パラメータとしての車両10の駆動トルクが大きい状態で演算された重量値の比重を、駆動トルクが小さい状態で演...

    車両重量推定装置及び、車両重量推定方法

  15. 【課題】ベアリング保持部の剛性を効果的に向上する。【解決手段】互いに平行に延びる少なくとも一対のシャフト20,21,22を有する動力伝達装置10のケース構造40であって、シャフト20,21,22を収容する筒状のメインケース41の開口を閉塞するサイドケース50,60を備え、サイドケース50,60は、貫通穴51A,62を有する環状のケース本体部51,61及び、貫通穴51A...

    動力伝達装置のケース構造

  16. 【課題】シンクロナイザリングの摩擦面に潤滑油を効果的に供給する。【解決手段】シンクロナイザハブ41と、ドグギヤ23,33と、摩擦面54,55,61が形成されたシンクロナイザリング50,60と、スリーブ45とを備える同期装置40の潤滑構造70,80であって、シンクロナイザリング52又はドグギヤ35を径方向に貫通すると共に、ベアリングB1,B2側から吐出される潤滑油を摩擦...

    同期装置の潤滑構造

  17. 【課題】車両の下方への歩行者の下脚部の潜り込みを防止する。【解決手段】バンパービーム11は、車体フレーム3の前方に配置されて車幅方向に延び、車体フレーム3に対して固定される。バンパ13は、車両1の前端下部で車幅方向に延びる。傾動部材14は、バンパービーム11の前下端縁部15の高さ位置よりも上方の上部領域14aと、バンパービーム11の前下端縁部15の高さ位置よりも下方の...

    車両の歩行者保護装置

  18. 技術 診断装置

    【課題】タンク内への異種液体の混入を早期に検出する。【解決手段】還元触媒41に供給される液体還元剤又は液体還元剤の前駆体を貯留するタンク31を備える排気浄化システム40の診断装置であって、タンク31内の液体に浮かぶフロート部材53と、フロート部材53に設けられて、液体還元剤又は前駆体とは異なる異種液体を検知可能な液体検知センサ60と、液体検知センサ60により異種液体が...

    診断装置

  19. 【課題】テールパイプの開口から排気管内に水等の流体が浸入することを効果的に防止する。【解決手段】内燃機関10から排出される排気ガスを大気に放出するテールパイプ60であって、排気ガスを流通させる筒状のパイプ本体部62と、パイプ本体部62の下流端に設けられて排気ガスを排出する排出口部63とを備え、排出口部63の下側開口縁63Aを上側開口縁63Bよりも筒軸方向に突出させた。

    テールパイプ

  20. 技術 連結具

    【課題】互いの相対移動を許容した状態で二つの管部材を連結する。【解決手段】第1管部材11と第2管部材12を互いに近接した状態で連結する連結具1が提供される。連結具は、第1管部材が固定される第1固定部材21と、第2管部材が固定される第2固定部材22と、第1固定部材および第2固定部材を連結するボールジョイント30とを備える。

    連結具

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 18