武田薬品工業株式会社 に関する公開一覧

武田薬品工業株式会社」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「武田薬品工業株式会社」の詳細情報や、「武田薬品工業株式会社」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「武田薬品工業株式会社」の法人詳細ページはこちら

  1. 【課題・解決手段】本発明は、細胞における高い遺伝子改変効率の実現が可能な遺伝子改変ツールを送達するためのデリバリー手法を提供する。本発明に係る組成物は、1)式(I)で表される化合物又はその塩、2)構造脂質、ならびに3)ガイドRNAもしくはこれをコードする配列を含むDNA、及び/又はRNA誘導型ヌクレアーゼもしくはこれをコードする配列を含む核酸を含む、細胞中の標的遺伝子...

    標的遺伝子改変用組成物

  2. 【課題】優れたJAK阻害作用を有し得、自己免疫疾患(関節リウマチ、乾癬、炎症性腸疾患、シェーグレン症候群、ベーチェット病、多発性硬化症、全身性エリテマトーデス等)、癌(白血病、子宮平滑筋肉腫、前立腺癌、多発性骨髄腫、悪液質、骨髄線維症等)等の予防または治療剤として有用であり得る化合物またはその塩を提供する。【解決手段】本発明は、式(I)[式中、各記号は本明細書中で定義...

  3. 【課題・解決手段】本開示は、STING調節剤/アゴニスト、ならびに合成方法及びがん及び他のSTING関連疾患の予防または治療に使用するための方法を提供する。本開示は、式(I)によって表される化合物:(式中、各記号は、本明細書で定義されるとおりである)、またはその薬学的に許容可能な塩に関する。

    STING調節剤化合物、ならびに製造及び使用する方法

  4. 【課題・解決手段】本発明は、活性成分、特に核酸を、優れた効率で細胞に導入することを可能にする技術およびこれに用いられるカチオン性脂質等を提供する。本発明に係る化合物又はその塩は、下記式(I)で表される化合物又はその塩であり、式中、nは、2〜5の整数を、Rは、直鎖状C1−5アルキル基、直鎖状C7−11アルケニル基又は直鎖状C11アルカジエニル基を、波線は、それぞれ独立し...

    カチオン性脂質

  5. 【課題・解決手段】グルコシルセラミドの低下作用(例、グルコシルセラミド代謝促進作用、グルコシルセラミド合成阻害作用、グルコシルセラミド異化促進作用等)を有し、ライソゾーム病(例、ゴーシェ病)、神経変性疾患(例、パーキンソン病、レビー小体型認知症、多系統萎縮症)等の予防または治療剤として有用であると期待される化合物を提供する。本発明は、式(I):[式中の各記号は明細書に...

    複素環化合物

  6. 【課題・解決手段】本発明は、平均径が200nm以下であるナノバブルを含むナノバブル水もしくはナノバブル水溶液と、超音波発生装置とを組み合わせてなる、より安全かつ汎用性の高い新規な血液脳関門(BBB)の開放システム:該ナノバブル水もしくはナノバブル水溶液と、超音波とを用いて、BBBを開放させる方法:該ナノバブル水もしくはナノバブル水溶液と、超音波とを用いて、薬物のBBB...