株式会社クボタ に関する公開一覧

株式会社クボタ」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「株式会社クボタ」の詳細情報や、「株式会社クボタ」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「株式会社クボタ」の法人詳細ページはこちら

  1. 技術 作業機

    【課題】事前の耕耘が十分になされていない圃場であっても、畝立て器による畝の成形時において、畝立て器の取り付け部分に過剰な負荷が加わることを防止することができる作業機を提供すること。【解決手段】作業機は、走行体と、前記走行体の後部に装着されたロータリ耕耘機と、前記ロータリ耕耘機に取り付けられる取付部を有する畝立て器と、を備え、前記取付部は、前記畝立て器の前部に設けられた...

    作業機

  2. 【課題】隣り合う2つの畝の畝間を狭くしてマルチフィルムを敷設することができるマルチフィルム敷設装置を提供すること。【解決手段】マルチフィルム敷設装置は、走行体の後方に装着され、且つ圃場に成形された畝にマルチフィルムを敷設するマルチフィルム敷設装置であって、第1の畝に敷設されるマルチフィルムが巻回された第1フィルムロールを支持する第1ロール支持軸と、前記第1の畝と隣り合...

    マルチフィルム敷設装置及び作業機

  3. 技術 作業機

    【課題】走行体に装着される第1対地作業機と、第2対地作業機に昇降可能に装着された第2対地作業機を備えた作業機において、作業者が座る椅子の高さと第2対地作業機の高さとの関係を一定とすることができる作業機を提供すること。【解決手段】作業機は、走行体の後部に装着される第1対地作業機と、前記第1対地作業機の後部に昇降可能に装着され且つ圃場に苗を植え付ける第2対地作業機と、前記...

    作業機

  4. 技術 作業機

    【課題】無端状の索体の弛みを防いで供給カップの移送を円滑に行うことができる作業機を提供すること。【解決手段】作業機は、走行体と、前記走行体の後方に装着された対地作業機であって、苗を収容する多数の供給カップをループ状の移送経路に沿って移送する移送機構を含む苗供給装置と、前記苗供給装置から供給された苗を圃場に植え付ける植付具とを有する対地作業機と、を備え、前記移送機構は、...

    作業機

  5. 技術 作業機

    【課題】簡易な構成で正確に苗の植付深さを調整することができる作業機を提供すること。【解決手段】作業機は、走行体と、前記走行体の後方に装着された機枠と、前記機枠に支持され且つ圃場に苗を植え付ける植付装置と、を有する移植機と、前記走行体に対して前記機枠を昇降させる昇降駆動装置と、圃場の凹凸に追従して上下動する検出部材と、前記検出部材の上下動に伴って移動するワイヤと、前記ワ...

    作業機

  6. 技術 作業機

    【課題】植え付けられる苗の条間や畝の高さの変更等に対応して椅子の位置を調整することができる作業機を提供すること。【解決手段】作業機は、走行体の後部に装着される第1対地作業機と、前記第1対地作業機の後部に装着され且つ圃場に苗を植え付ける第2対地作業機と、前記第1対地作業機の上方に配置され且つ前記第2対地作業機に対して作業をする作業者が座る椅子と、前記第2対地作業機に対す...

    作業機

  7. 【課題】エンジンを小型化することができる電子燃料噴射式ディーゼルエンジンを提供する。【解決手段】シリンダ1内の燃焼室2と、シリンダヘッド3内の燃料噴射室4と、燃料噴射室4に液体燃料5を噴射する燃料インジェクタ6と、燃料インジェクタ6から噴射する液体燃料5を蓄圧する燃料蓄圧装置7と、液体燃料5の噴射の時期と量を制御する電子制御装置8を備えている。燃料インジェクタ6の燃料...

    電子燃料噴射式ディーゼルエンジン

  8. 技術 収穫機

    【課題】穀粒排出装置が作動するとともに、穀粒の収穫に関する作業を行う作業装置が作動する収穫機の提供。【解決手段】第一クラッチと第二クラッチとの夫々と各別に連係され、回動動作によって第一クラッチ及び第二クラッチを各別に伝達状態と非伝達状態とに切換操作するクラッチ操作ユニット70が備えられ、クラッチ操作ユニット70は、第一クラッチと第二クラッチとの両方を非伝達状態にする中...

    収穫機

  9. 技術 収穫機

    【課題】簡素な構成でクラッチ操作ユニットの支持が可能な収穫機を提供する。【解決手段】収穫物を脱穀処理する脱穀装置と、脱穀処理によって得られた穀粒を貯留する穀粒タンクと、脱穀装置の下部から立ち上がり、穀粒を揚送して穀粒タンクへ搬送する搬送装置24と、脱穀装置を含む作業装置に動力を伝達する伝達状態と、作業装置に動力を伝達しない非伝達状態と、に切換可能なクラッチと、クラッチ...

    収穫機

  10. 技術 収穫機

    【課題】機体の重心バランスが安定的に確保された収穫機を提供する。【解決手段】機体の左右中央箇所に設けられ、収穫物を脱穀処理する脱穀装置4と、脱穀装置4の上方に脱穀装置4と上下並びの状態で設けられ、脱穀処理によって得られた穀粒を貯留する穀粒タンク5と、穀粒タンク5の下部に接続され、かつ、機体内側に収納される収納状態と機体外側に張り出して穀粒タンク5から穀粒を排出可能な使...

    収穫機

  11. 技術 作業機

    【課題】放出されたエンジンからの排気が、作業機における各種装置等に触れにくい作業機を提供する。【解決手段】エンジンEと、エンジンEの側方に配置されたラジエータ53と、エンジンEの上部に隣接する状態で配置されると共に、エンジンEから排出される排気に含まれる粒子状物質を低減する排気処理装置3と、排気処理装置3に接続すると共に、排気処理装置3から排出される排気が流れる下流側...

    作業機

  12. 技術 作業車

    【課題】製造コストの増大を抑制しやすい作業車を提供する。【解決手段】油圧回路20を有する静油圧式無段変速機2と、オイルタンク7から油圧回路20へ供給されるオイルが流れる第1油路21と、油圧回路20からオイルタンク7へ戻るオイルが流れる第2油路22と、オイルタンク7から油圧アクチュエータMへ供給されるオイルが流れる第3油路23と、油圧アクチュエータMからオイルタンク7へ...

    作業車

  13. 【課題】生産性のさらなる向上、及び材料選択の自由度の向上により、管の表面に効率的に皮膜を形成する。【解決手段】皮膜形成装置(1)は、管(T1)を回転させる回転ローラ(10a・10b)と、皮膜を形成するための溶射材料を貯留する貯留槽(30)から吐出された溶射材料を、回転ローラ(10a・10b)により回転されている管(T1)に対して、管(T1)の断面に係る円の接線(L1)...

    皮膜形成装置及び皮膜形成方法

  14. 【課題】車体前端側の持ち上げが可能なジャッキ装置が備えられた乗用型草刈機において、ジャッキ本体が車体側部分によって接地反力に抗してしっかり支持される状態でジャッキアップできながら安価に得ることでき、かつ、ジャッキアップ作業を迅速にできるようにする。【解決手段】車体の前部にバランスウエイト取付部14が設けられている。ジャッキ装置19は、ジャッキ本体19Aと、ジャッキ本体...

    乗用型草刈機

  15. 【課題】管理運転を容易に行うことができるポンプゲートの管理運転方法を提供する。【解決手段】ポンプ7を備えた扉体2がガイド部材3に案内されて昇降するポンプゲートの管理運転方法であって、扉体2を流水路101内の液面38上に上昇させた開状態で、ポンプ7を起動させ、所定の管理項目について測定を行うポンプ測定工程を有する。

    ポンプゲートの管理運転方法およびポンプゲート

  16. 【課題】脱穀装置のメンテナンスを容易に行わせ、扱胴の前部での刈取穀稈の巻き込みを解消できるコンバインを構成する。【解決手段】脱穀装置が、扱胴軸11aと一体回転する扱胴11と、扱胴11の下側の外周に沿うように湾曲形状となる受網27とを備えている。扱胴11を構成する胴体の前面部に、扱胴11の回転軸芯Y1を中心とする円形に窪む保持用凹部11Fgが形成され、扱室25のうち胴体...

    コンバイン

  17. 【課題】脱穀装置を駆動するベルト式の伝動機構に圃場の穀稈等が接触するのを効果的に抑制するコンバインを構成する。【解決手段】フィードチェーン9で挟持搬送される刈取穀稈を脱穀処理する脱穀装置10を備えているコンバインであって、脱穀装置10の横外側部に設けられ、エンジンの駆動力を一番物回収部および二番物回収部に伝達するベルト式の伝動機構が備えられ、伝動機構を下方から覆う伝動...

    コンバイン

  18. 【課題】フィードチェーンの後端から送り出される切れワラ等を円滑に排出し、滞留を抑制し得るコンバインを構成する。【解決手段】フィードチェーン9からの排ワラを、受け取って搬送する後方に搬送する排ワラ搬送装置12と、排ワラを切断処理する排ワラ細断装置13と、フィードチェーン9の搬送終端部および排ワラ細断装置13を横外方から覆うサイドカバー18とを備えている。サイドカバー18...

    コンバイン

  19. 【課題】アクチュエータの駆動力でクラッチ機構を伝動状態から伝動を断つ作動を確実に行わせるコンバインを構成する。【解決手段】刈取穀稈を脱穀装置に供給するフィードチェーン15と、フィードチェーン15に伝えられる駆動力を入切するフィードチェーンクラッチ35と、脱穀装置の横側板6Aに備えられ、遮断用モータ51の駆動力により、フィードチェーンクラッチ35を伝動状態から伝動を断つ...

    コンバイン

  20. 技術 草刈機

    【課題】簡素な構成で自動走行モードにおける車速の制御が可能であって、咄嗟の判断で自動走行モードを解除可能な草刈機の提供。【解決手段】駆動輪ユニットと、機体の車速を調整可能な車速操作具15と、車速操作具15の操作位置を検出可能な操作検出部74a,74bと、操作位置に基づいて走行モータ21,22の回転速度を制御する走行制御部63と、駆動輪ユニット2に対する制動作用が可能な...

    草刈機

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 17